血と骨 コレクターズ・エディション [DVD] がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,280
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 5,280
通常配送無料 詳細
発売元: ブックオアシス高木堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

血と骨 コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 5,285 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 979 (16%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 4,245より 中古品の出品:8¥ 1,545より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 血と骨 コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • TAKESHIS' [DVD]
総額: ¥8,589
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 鈴木京香, 新井浩文, 田畑智子, オダギリジョー
  • 監督: 崔洋一
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/04/06
  • 時間: 144 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002U8NPW
  • EAN: 4988013880801
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,686位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   1923年、祖国・朝鮮の斉州島を離れて日本の大阪に渡ってきた金俊平(ビートたけし)。金と色の欲に満ち、己の肉体のみを信じ、常識や道徳のかけらもないこの男は、戦前戦後と家族や町の中で君臨し続けていく…。
   梁石日の自伝的大河小説を原作に鬼才・崔洋一監督が描く、暴力とエロティシズムに満ちた究極のドラマ。妻子や親戚、愛人までも踏み台にしつつ、ひたすら欲望に忠実に生き抜く主人公をビートたけしがこの上ないほどの凄みと存在感で演じきっており、また彼をめぐる女たち(鈴木京香、田畑智子、中村優子、濱田マリなど)の壮絶な人生描写も圧巻。時に目をそむけたくなるほどの凄惨さにもかかわらず、圧倒的な映像の力によって否応なく画面を直視してしまう。もはや生理的な好き嫌いを優に超越し、映画ならではの真の迫力で観る者すべてに民族と血族の意識を呼び起こさせる演出の力には、ただただひれふすのみだ。これは優れたホームドラマであり、民族の凱歌であり、私的昭和史であり、そして崔洋一監督だからこそなしえた人間ドラマの大傑作である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

第11回山本周五郎賞を受賞した、梁石日の最高傑作である同名小説を映画化した「血と骨」をパッケージ化。1920年代、大阪の朝鮮人集落を舞台に“怪物”と呼ばれた男の、鮮烈にして壮絶な生き様を描いた作品。ビートたけし、鈴木京香ほか出演。R-15作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
(ネタバレに注意してお読み下さい)
 優れた芸術作品や思想がしばしばそうであるように、この映画は、見る人すべてに何らかの強い衝撃を与え、かつそれぞれの個人史や環境の違いによって様々な解釈を許す作品です。あなたが在日コリアンであるか否か(そして本籍はどこか)、あなたは大阪に住んでいるか否か、あなたは女性であるか男性であるか、あなたの年齢はどれほどか、あなたは政治や歴史に関心があるか・・等々。
 たとえば、ある一定の年齢以上の、大阪に在住する在日コリアン(特に本籍地が済州道である人)にとっては、この映画は(一部の誇張部分を除いて)ごく日常的であったような出来事が次々と描写される作品でしょう。
 しかし一方で、この映画に描かれている出来事の背景についてまったく無知な人がいきなりこれを見ると、「暴力シーン」と「セックスシーン」が続出するだけの「訳のわからない」映画と写るかもしれません。そういう人でさえ、これを一種の「身体論」の映画と見ることも可能かもしれませんが、もうそれだけで、それ以上の「解釈」をあきらめてしまう人もいるでしょう。
 ともあれ、この映画の背景をもう少し掘り下げて「鑑賞」したい人には『映画「血と骨」の世界』(新幹社)を同時に読んでおくことを強く推奨します。amazonnでも購入できます。
 以下、何人かの評者が表明している、
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mah 投稿日 2006/4/5
この映画の主人公がフィクションではなく、実在した人物であるということに驚かされる。

そしてこの怪物的な主人公を圧倒的な存在感で演じきったビートたけしの役者魂にも

驚いた。

陰鬱で凄惨な物語は見ていてひたすら「嫌な気持ち」にしかならないが、

そんな救いのない物語の登場人物になりきって演じていた俳優たちはとても輝いていた

と思う。

出演している人たちはすべてが"本物の役者"であり、バイト感覚で芸能界に棲息して

いるような"素人"はひとりも出演していない。覚悟を決めた役者たちの本気の演技が、

見ていてとても眩しかった。

役者が役者としての力を存分に発揮できる「映画」が少なくなってしまった現在、

このような役者の力で魅せる映画がもっと増えてくれることを願わずにはいられない。

映画とは、ストーリーや映像の面白さで魅せる媒体ではなく、人間のリアルな息づかいを

観客に感じさせるメディアであるべきだと、この映画を見て改めて思った。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 映画化不可能と思われるほど壮絶な人生を送った男と、その強烈な引力に引き込まれざるを得ない家族。ただ「衝撃作」と言ってしまうのは余りに軽々しく感じてしまうほどの映画だ。見終わった後、思わず自分に何かを問いかけ、考えてしまわずにはいられない。その何かは朦朧としていて見えにくいのだけれど・・・。
 観ている時も衝撃だけど、観た後のほうがジワジワとボディーブローのように効いてくる。その時間の、何とも言いようのない、でも決して不快ではない思考の波間に身を預けてほしい!
 ショッキングな展開の中にも、思わず笑ってしまったり、微笑ましく感じるシーンもあるのでご安心を(?)
 北野武の凄まじさはもちろん、田畑智子、オダギリジョーなどの若手の演技も素晴らしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
金俊平は、モンスターでした。
殴る蹴る。自分の思い通りにならないやつには、
徹底的に痛めつける。
まさに欲の塊。
思ったより、鈴木京香のインパクトは薄かったです。
演技が下手とか存在感がないとかではなく、
(もちろん、上手い)ビートたけしの演じる、
金俊平があまりにも強烈過ぎるからです。
しかも、おやじっぽいんですが、鈴木京香は、脱がない…。
あそこで、脱がないほうが微妙に違和感が残るのですが…。
その点、2番目の女になる、中村優子さんは、汚れ役を体当たりの演技。
3番目の女の濱田マリさんも、いい味だしてます。
この3人の女で、ようやく金俊平の強烈さとつりあう感じ。
オダギリジョーはあまり好きな顔ではなかったのですが、
図々しい息子の役をやっても、全身から放つ佇まいが美しい。意外といいかも。
ただ、仕方がないのかもしれませんが、
なぜ、京香を気に入ったのかとか、
なぜ、そこまで、強烈に生きなければならなかったのか?とか、
物語の発端がいまいち不明確。
だって、最初、大阪に行くまでの俊平は、希望に満ちた目をしているように思えたし、
脚が動かなくなったとき、妻に「いっぺん死ねば?」と言われ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック