¥2,117
ポイント: 21pt  (1%)  詳細はこちら
通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
蠱毒 MEATBALL MACHINE [Blu-... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥2,670
+ ¥350 配送料
発売元: バンダレコードweb店
カートに入れる
¥2,670
+ ¥350 配送料
発売元: Felista玉光堂
カートに入れる
¥2,750
+ ¥580 配送料
発売元: ECJOY!ブックス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

蠱毒 MEATBALL MACHINE [Blu-ray]


仕様
価格
新品 中古品
Blu-ray 通常版
¥2,117
¥2,117
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで¥4000OFF。 2 件
  • まとめ買いで¥4000OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • まとめ買いで¥2500OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


キャンペーンおよび追加情報

  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


よく一緒に購入されている商品

  • 蠱毒 MEATBALL MACHINE [Blu-ray]
  • +
  • 血を吸う粘土 [Blu-ray]
  • +
  • 霊的ボリシェヴィキ [Blu-ray]
総額: ¥6,351
ポイントの合計: 63pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

商品の説明

内容紹介


世界的クリエイティブの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017正式出品作品
世界25ヶ所を超える映画祭で上映!世界各国を震撼させる、バイオレンス・スプラッター・ムービーが日本を炎上させる!?

2017年/日本

収録時間:本編約100分+特典映像
仕様:カラー 1080p Hi-Def(ビスタサイズ)
音声:
①日本語(ドルビーTrueHD 5.1ch)
②日本語副音声(ドルビーTrueHD ステレオ)

映像特典:
メイキング
アクションシーン
海外映画祭
映倫版エンドロール
劇場予告編
西村喜廣、田中要次、百合沙によるオーディオコメンタリー

【INTRODUCTION】
SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017正式出品作品
正式招待映画祭:ブリュッセル・ファンタスティック映画祭(ベルギー)、ナイト・ビジョン映画祭(フィンランド)、オーバールック映画祭(北米)、シアトル国際映画祭(北米)、ハンブルグ日本映画祭(ドイツ)、ヌーシャテル国際映画祭(スイス)、ファーイースト映画祭(イタリア)、カルロヴィヴァリー国際映画祭(チェコ)、ファンタジア映画祭(カナダ)、プチョン・ファンタスティック映画祭(韓国)、マカブロ映画祭(メキシコ)、フライトフェスト(イギリス)、モーテルX(ポルトガル)、エトランジェ映画祭(フランス)、シドニー・アンダーグラウンド映画祭(オーストラリア)、スターバーグ・ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭(フランス)、カメラ・ジャパン(オランダ)、スラッシュ映画祭(オーストリア)、シッチェス・ファンタスティック映画祭(スペイン)、Absurde Seance Nantes国際映画祭(フランス)、ファンシネ・ファンタスティック映画祭(スペイン)、モリンズ・デ・レイ・ホラー映画祭(スペイン)、サンセバスチャン・ホラー映画祭(スペイン)、アフターダーク映画祭(インド)、アバトアール・ホラー映画祭(イギリス)、ブエノスアイレスRojo Sangre(アルゼンチン)、ブラック・ムービー映画祭(スイス)
迫力まみれの真骨頂!!パワフルな西村映画の集大成を見た気がする!-園子温(映画監督)
TOKYO IS ON FIRE.
2005年公開後、国内外で高い評価を獲得した映画『MEATBALL MACHINEミートボールマシン』(山本淳一監督、山口雄大監督)。謎の生物に操られたヒトとマシンの複合体ネクロボーグが死闘を演じる世界観を受け継ぎながら、より過激に生まれ変わったバイオレンス・スプラッタームービーが『蠱毒 ミートボールマシン』だ。監督は、オリジナル版で特撮・造型を手がけた西村喜廣。『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』などで幅広く活躍している特殊メイク、造型クリエーターであると同時に、監督としても『東京残酷警察』や『虎影』など異色エンタメ作を次々に発表。各国のファンタ系映画祭を通じ、ワールドワイドに高い人気と知名度を誇る異才である。新たな設定のもとネクロボーグが死闘を繰り広げる今作は、アクション、特撮、もちろん流血の量も前作を大きく凌駕。全編にわたり激しいバトルが展開する、ハイテンションな作品に仕上がった。ワールドプレミア上映となったサウス・バイ・サウスウエスト2017を皮切りに、多くの国際映画祭での上映が決定している。主人公を演じるのは、個性派俳優として映画、ドラマ、CMなど幅広く活躍する田中要次。映画初主演となる本作では、激しいアクションをほぼスタントなしで熱演した。可憐なヒロインには、グラビアアイドルの百合沙。映画初出演とは思えないナチュラルな演技だけではなく、映像では初脱ぎとなる、みごとな脱ぎっぷりにも注目したい。その他、しいなえいひ、鳥居みゆき、川瀬陽太、村杉蝉之介、三元雅芸ほか個性派メンバーが集結。斎藤工が謎の宇宙人を演じている。

【STORY】
取り立て屋の野田勇次(田中要次)は、優しい性格が災いし社長から役立たずの烙印を押された中年男。彼の唯一の楽しみは、落語のテープを聴くことと、行きつけの古本屋に勤める三田カヲル(百合沙)に会うことだった。そんなある日、勇次らの街はとつぜん巨大なフラスコに包まれて外の世界と遮断されてしまう。そしてフラスコの中の人々は、謎の寄生生物に操られた戦闘マシン・ネクロボーグになり町中で死闘を繰り広げていった。ネクロボーグにされながらも自らの意志を保った勇次は、行方不明のカヲルを探し街中を駆け抜ける。果たして勇次はカヲルを救うことができるのか?そしてフラスコは誰が何の目的で作ったのか?やがて驚愕の真実が明らかになってゆく――。

【STAFF】
監督・脚本・編集・キャラクターデザイン:西村喜廣
(『東京残酷警察』『虎影』)
脚本:佐藤佐吉(『殺し屋-1-』)
撮影:鈴木啓造 
照明:太田博

【CAST】
田中要次
百合沙
鳥居みゆき 村杉蝉之介 三元雅芸
しいなえいひ 斎藤工

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『MEATBALL MACHINE~』の続編。中年男・野田の楽しみは落語と古本屋の三田カヲルに会うこと。ある日突然、街が巨大なフラスコに包まれてしまう。主演は田中要次。“キングレコード 邦画廉価シリーズ”。

続きを見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません