中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蠱惑の脅迫者 (ラヴァーズ文庫GREED 2) 文庫 – 2008/4/25

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「お前に潜入捜査を命じる」警視庁捜査一課に所属する雨宮塔也は、初任務となる捜査を命じられた。潜入するのは「アポロクラブ」。その会員制の高級クラブに、ある政治家秘書の死が関係しているらしい。身分を偽った塔也は、オーナーの東郷に勧められるまま、媚薬入りのシャンパンを飲み干してしまった。「刑事だろうと関係ない。ここの男娼になれ」と、体を火照らす塔也に東郷は言い放った。何故刑事だとバレたのか。それに東郷の冷たい目に浮かぶ憎しみは?塔也は売春組織・アポロクラブに囚われて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

本庄/咲貴
2月18日生まれ。福岡県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 213ページ
  • 出版社: 竹書房 (2008/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812434335
  • ISBN-13: 978-4812434338
  • 発売日: 2008/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 231,904位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この作家さんの作品は初めて読まさせていただいたのですが、普通に面白かったです。
難しく考える事なくスラスラと読めました。
ラヴァーズさんから出ていますので、内容もダークで濃いです。
エロもたっぷりな上にシーン毎のシチュエーションも異なるので、読者を飽きさせないと思います。
最初はもちろん嫌々抱かれていた主人公ですが、最後のHシーンは笑っちゃうくらいノリノリになります、、、
それも主人公が育った環境のせいでしょうか、、、(お兄ちゃんある意味魅力的ですよ〜)
それ故に、普通だったら絶対に好きにならない様な攻を好きになってしまったのかもしれません。

あらすじにある政治家秘書の死の真相についてですが、結構あっさりです。
イラストは綺麗でカッコイイです。表紙は見てて飽きません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック