通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蟹工船・党生活者 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蟹工船・党生活者 (新潮文庫) ペーパーバック – 1954/6/30

5つ星のうち 4.0 72件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
  • +
  • 破戒 (新潮文庫)
  • +
  • 蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)
総額: ¥1,631
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • ペーパーバック: 217ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1954/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101084017
  • ISBN-13: 978-4101084015
  • 発売日: 1954/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,045位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
主人公は特定の人物ではなく,蟹工船で働く「労働者たち」です。
あくまで集団が主人公なので,個々人の名前すらほとんど出てきません。
加えて,歯切れの良い勢いのある文章。
さすが,今でも出版され続けるだけのことはある文学作品です。

でも,テーマ的には,あまりにベタな共産主義プロパガンダ。
「アカ」っていいじゃないか!みたいなことがストレートに書かれています。
近時売れた理由は,「働けど働けど我が暮らし楽にならざり」的な状況が
今の私たちの生活とマッチしており,共感を呼んだからと思われます。
そこに着目して,この本の再注目を仕掛けた出版業界?は,賢いなと思いますが,
読んでみれば,まさかこの日本が今更共産主義に向かっていくとも思えないし,
時代が違うよなぁ,と感慨深くなって終わり,という感じでした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
文体の荒さが臨場感を盛り立てている。

「監督」に対して鬱積してくる怒り。いつ爆発するのか?読んでいるこちらも緊張してくる。

サボタージュ・ストライキを用い労働者の存在意義を伝えようとする労働者サイド。一方、後ろに付いている巨大な権力を用い、労働者をねじ伏せる監督。

どちらに軍配が上がるのか。本当の意味での勝利とは。

短い本ですのですぐに読み終わります。是非お読みください。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
プロレタリア文学、というとまず出てくる作品だがなんだか取っつきにくい

感じがしてやっと最近手にしたが、こんなに生き生きとした面白い作品とは

思わなかった。船内の生々しい描写にも驚くが最後まで読ませる力を

この作品は持っている。資本家の労働者からの搾取という問題は今でも

解決されてはいないが、この作品が70年以上も命脈を保ち続けている

のはそのテーマ性よりも人間が描ききられているからではないだろう

か。同時収録の「党生活者」で敷衍される組織の問題にしても、まず

そこには人間がいる、ということを我々にまざまざと思い起こさせてく

れる。蟹甲船はプロレタリア文学というよりもまず文学として成功している。

これは作者にとっては本意なのであろうか・・。
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
戦中拷問死した社会主義者の本という先入観がページを開くのをためらわせているのでしょうか。事実「蟹工船」は小説としておもしろい。戦後60年にわたり読者をひきつけてきた魅力がある。「」を使った口語体が多様されておりライブ感にあふれており、中盤から後半にかけての展開はスリリングで一気に読ませてくれる。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/7/12
形式: ペーパーバック
最近、蟹工船が若者の間で人気が高いということを聞いて再読いたしました。
果たして、以前読んだときに気がつかなかったのは、作品に込められた「希望」でした。
小林多喜二は非業の最期を遂げますが、穏やかで朗らかな人であったといいます。
彼は心底、社会の不条理に向き合い、そしてそれを克服してゆく理想を抱いた人であったのだと思いました。
蟹工船・党生活者の2編が読めますが、この作品を公表したならば自らの運命がどのように進んでいくか自ずとわかっていたはずだと思います。
小林多喜二は勇気をもって、世の中の人に希望を届けようとしたのでしょう。
それは死と引き換えであったのだと思いました。
時代は違って、銃を向けられるようなことはありませんが、過重労働の現場は今も多く残されていますし、国際競争の名の下に、労働現場が厳しさを増している状況を、蟹工船の人気が示しているのでしょう。
再び、小林多喜二の希望が必要な時代がやってきたということでしょうか。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2008/7/17
形式: ペーパーバック
小林多喜二、「蟹工船」とくれば、「プロレタリア文学」と言う冠が載せられてしまい、どうしても現代社会から隔たった文学と言う印象が強かったがために、何となく敬遠してきてしまいました。
最近になって、若い人にも受け入れられ、本屋の平積みにも多く陳列されるに及んで、何がそこまで若者を引きつけるのか知りたくて手にしました。

実際、作品を読んで見て先ず感じたことは、そこにある人間や生活の生々しさでした。
蟹工船の乗組員たちの、人間として扱って貰えないような環境での彼らの一挙手一投足が、目の当たりに見えてくるようです。

そこでの労働者たちの事業主との関係は、現代においても形こそ違え、本質的なところでは変わらないでしょう。
そこにあるのは、「夢」の無い生活であり、生きているだけの生活です。
現代に於いても、生きて行くのには困らないかも知れないが、「夢」のある生活は望めないのかも知れないと、思っている若者が多いのかも知れません。
「民営化」から始まった、格差の拡大、貧困問題は、そうした感情に拍車をかけているのかも知れません。

今、この本が評判を呼んでいることは、日本の将来に対する危機感の表れというように思えてなりません。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー