ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月13日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 12日の水曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
蟲の饗宴 僕はこうして虫屋になった がカートに入りました
+ ¥324 配送料
お届け日 (配送料: ¥324 ): 5月15日 - 17日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ●若干の使用感はありますが、 良好なコンディションです。軽微な書込み/傷み/焼け/シミ等はご容赦下さい。※付録/特典に関しては、確認を行っておりますが見落としがあることがございます。商品についてご不明な点は、ご注文の前にお問合せ頂ければ幸いです。※この商品は店舗併売しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

蟲の饗宴 僕はこうして虫屋になった (日本語) 単行本 – 2017/9/21

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/9/21
¥1,540
¥1,540 ¥143
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 蟲の饗宴 僕はこうして虫屋になった
  • +
  • 本と虫は家の邪魔 奥本大三郎対談集
  • +
  • 蝶の唆え: 現代のファーブルが語る自伝エッセイ
総額: ¥5,500
ポイントの合計: 55pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

幼少期から昆虫と文学に親しんできた“現代のファーブル”奥本大三郎による24の昆虫をめぐるエッセイ集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

奥本/大三郎
フランス文学者、作家。1944年啓蟄(3月6日)、大阪生まれ。東京大学仏文科卒業、同大学院修了。NPO日本アンリ・ファーブル会理事長、虫の詩人館(ファーブル昆虫館)館長。『虫の宇宙誌』(青土社)で読売文学賞、『楽しき熱帯』(集英社)でサントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 世界文化社 (2017/9/21)
  • 発売日 : 2017/9/21
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 128ページ
  • ISBN-10 : 4418172475
  • ISBN-13 : 978-4418172474
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト50レビュアー
2017年11月18日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告