¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蜜蜂と遠雷 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

蜜蜂と遠雷 単行本 – 2016/9/23

5つ星のうち 4.2 133件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,925 ¥ 1,602

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蜜蜂と遠雷
  • +
  • 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
  • +
  • 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

内容(「BOOK」データベースより)

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 507ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/9/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344030036
  • ISBN-13: 978-4344030039
  • 発売日: 2016/9/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.7 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 133件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 83位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
「月日は百代の過客にして行きかふ年も又旅人也」
 毎年、師走になると思い出す芭蕉の一文。
 2016年も残すところ後20日あまり。
 振り返ると、この一年ほど、本を読まなかった年はなかった気がする。
 私にとって、読書は、心の安定のバロメーターみたいなところがあって、ああ、今年はホント心身ともに余裕がなかったんだな…と反省。
 生涯で、私が紐解く本は、いったい後何冊なのか……。
 そして、その中で、心に残る本はあるのだろうか?
 2016年の終わり、この本に出合うことができて良かったと心から思い、感謝した作品です。
 久しぶりに一気読み。
  エントリー
  第一次予選
  第二次予選
  第三次予選
  本選
 章を追うごとに、文字を追うスピードが次第に速くなり、ページを捲る手がもどかしいほどでした。
 風間塵、栄伝亜夜、マサル・カルロス・レビィ・アナトール、高島明石。
 全く異なる個性、人生を歩んできた4人を中心に、芳ヶ江国際ピアノコンクールのコンペティションの模様が描かれている。
 冒頭、4人が同コンクールで弾いた曲名のリストが書かれている。
 クラシック音楽ファンとは到底言えない私でも、聴いたこと
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は、クラシック音楽が好きで、マニアというほどではないが、昔はよく聞いていた。失礼ながら、恩田陸という作家は、名前は
聞いたことがあるが、作品を読むのは本書が初めてだった。「直木賞をとったのか、どれどれ」というような軽い気持ちで読み始めた。
 約3週間、通勤の行き帰りに読んでいたのだが、日が経つにつれて、仕事の間も続きが気になり、毎朝の電車通勤で読むのが楽しかった。
 風間塵をはじめ、キャラクター造形が素晴らしく、それぞれの表情と仕草までが、目に浮かぶようで、長編だったが、終わるのが惜しい
と思えるほどだ。この作品は、ぜひ映画化してほしい。コンサートの緊張と歓喜を目で見たい。私はそう願っている。曲目のCDを集めようと
思っている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
厳しいのに、人を惹きつける魅力のあるピアノの世界 ひとつのコンテストで、出場者たちが、それぞれひたすら曲を弾き続け 天上の世界を繰り広げ、作曲家の描いた夢を蘇らせる。 音の表現がとにかく豊かで鮮やかで、出てくるピアニストたちも 魔法使いとしか言えないほど、才能に溢れていて、個性的で 音楽に愛されている。 才能や運命や努力についての美しい物語で、人間の挫折や再生や希望についても書かれていて、出てくる人たちがみんな良い人で、本当にピアノが好きで、読んでいると心が喜ぶ、素敵な文章が音符のように踊る本。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は劇薬だ。私は☆4の評価をつけたものの☆1の人たちの評価もよくわかる。カザマ・ジンではないがこの本のことを嫌悪し、憎悪し、拒絶するものもいるだろう。かくいう私も途中で何回も休憩をはさんだ。この本は一見ピアノを弾く、絶賛する、ピアノを弾く、絶賛するの繰り返し。つまらないと受け取る人がいるのも無理はない。また逆に私のようにこの本の得体のしれないエネルギーに中てられて何回も休憩をはさみつつも最後まで読まされた人も少なくないはずだ。昨今消費されるモノになりかけている本を解放できるかは私たち読者と作家にかかっているのだと言わんばかりの本だった。ただし私はこの作品が恩田陸の最高傑作とは思えない。やはり単調すぎるのは否めないなからだ。また審査結果にも納得はいっていない。1位の人間が作中でも絶賛されていたがいまいちそのカリスマ性がわからなかった。凄い凄いといわれるだけで2位3位と比べるとやはり魅力に欠けていたと思う。2位と1位の順位を入れ替えたほうが納得はいくのだが、みなさんはどう感じただろうか?まあ2位と3位の二人にとって順位というものは意味を成さないものだったとは思うのだが。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
星星峡、ポンツーン連載時から発売日が待ち遠しかった。私自身、音楽が大好きで趣味でピアノも弾くので、作者のコンクールの現状への取材の厚さ、音楽的知識、コンテスタント達が演奏するピアノ曲の選択、又、その曲の解説まで、すべてに堪能した。
実は、本屋大賞の「羊と鋼の森」も音楽小説で、そのタイトルに惹かれて読んでみたが、中身は読むに堪えないひどさだった。
恩田陸さんは紛れもない小説のプロである。
個人的には風間塵が好きだ。
どんな分野にも天才は突如出現する。天才の出現はそれまで見えなかった新たな世界を提示する。始め、人々は戸惑うが、確実に流れはそこから変わっていくのである。王道にいるものが天才とは限らないから面白い。
恩田陸さんには、今度は群像劇ではなく個人に絞った音楽小説を、いつか書いていただきたいものだ。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー