通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 中洲ネオン堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2010年20刷 ページ・カバー背やややけあります その他おおむね良好です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫) 文庫 – 1993/4/28

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,134
¥ 1,134 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫)
  • +
  • 室生犀星詩集 (新潮文庫 (む-2-6))
総額: ¥1,663
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ある時は“コケティッシュ”な女、ある時は赤い三年子の金魚。犀星の理想の“女ひと”の結晶・変幻自在の金魚と老作家の会話で構築する艶やかな超現実主義的小説「蜜のあわれ」。凄絶なガン闘病記「われはうたえどもやぶれかぶれ」、自己の終焉をみつめた遺作詩「老いたるえびのうた」等、犀星の多面的文学世界全てを溶融した鮮やかな達成。生涯最高の活動期ともいうべき晩年の名作5篇を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

ある時は“コケティッシュ”な女、ある時は赤い三年子の金魚。犀星の理想の“女のひと”の結晶・変幻自在の金魚と老作家の会話で構築する艶やかな超現実主義的小説「蜜のあわれ」。凄絶なガン闘病記「われはうたえどもやぶれかぶれ」、自己の終焉をみつめた遺作詩「老いたるえびのうた」等、犀星の多面的文学世界全てを溶融した鮮やかな達成。生涯最高の活動期ともいうべき晩年の名作5篇を収録。


登録情報

  • 文庫: 318ページ
  • 出版社: 講談社 (1993/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061962248
  • ISBN-13: 978-4061962248
  • 発売日: 1993/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,193位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
なんたる色っぽさ。終始エロティック。老年のおじさまと三歳の金魚の揺らめく不適切な関係が素敵です。
色恋沙汰ってのはこいうのじゃないと。この金魚になりたい。わがままをいって「おじさま」を困らせたり、「おじさま」の瞼の上に身体を横たえてその瞳を冷やしてあげたりしたいわぁ。などと思わせる。
そして終始漂う濃厚な死の影。死というものの暗さや強さがエロティックなものと強く結びつく。
きわめて日本的、文学的色恋。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
おじさまと金魚の決して甘くはない恋のお話だと私は思っているのですが、なにしろ金魚がもうかわいくってしょうがないです。「男はこうやって落とすのかー」と、勉強になるセリフ、仕草がもりだくさんです。まあ、なんせ見本は金魚ですからなんとも参考にできないものもありますが…。犀星の作品の中では本当に読みやすい作品だと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 柚香 投稿日 2008/3/25
形式: 文庫
『蜜のあわれ』は、全篇対話で書かれている、珍しい作品です。「おじさま」と「あたい」のやり取りが、とても色っぽい。(作者は、めだかや金魚を寵愛していたそうです)言葉遣いも美しく、洒落ていて、真似してみたくなりました。
【この本には、他にも収録されている作品があるのですが、『蜜のあわれ』しか読んでいません。なので、他作品についての感想は控えます。】
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
陶古の女人
蜜のあわれ
後記 炎の金魚
火の魚
われはうたえども やぶれかぶれ
老いたるえびのうた
  
の六篇に、久保忠夫による解説と、本多浩による作家案内と、室生朝子による著書目録を加えた作品集。
「後記 炎の金魚」は「蜜のあわれ」の後記であり、「老いたるえびのうた」は一頁の詩である。
 
 
 
内容的には「蜜のあわれ」が最も面白い。とある小説家と金魚の物語である。
この作品は終始登場人物の会話のみによって織り成されるのだが、
そのことが言葉によってしか表現できない世界を表現し得ている。映像化し得ない部分が多いのだ。
言葉という表現方法は往々にして他の表現方法の代用品に成り下がってしまうものだが、この作品では改めて言葉の可能性を意識させられた。

普通の小説には所謂「地の文」が必ずある。そして我々は「地の文」に嘘が含まれないことを暗黙の了解としている。
第三人称の文体で書かれる地の文は全て小説世界の真実であるし、第一人称で書かれるそれも語り手に事実誤認がない限り真実である。
だが会話体しか使えないとなると、どこにも真実が書かれることはない。この頼りなさと高い自由度が本当に新鮮で未経験の味わ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshi3 投稿日 2016/4/10
形式: 文庫 Amazonで購入
蜜のあわれ映画化に伴い購入。映画を見に行くか原作を読むか迷っていたのですが映画の予告での効果音がちょっとイメージとは違ったので原作にしました。金魚の赤子ちゃんは3歳で金魚としては高齢の17歳。イメージとしては琉金でしょうか。
多額のおこずかいをせがんだり、わがままを言ってみたり、おぢさまにいろいろ注文をつけるのですがおぢさま全然動じない。まさに大杉漣さんのイメージですね。
死を意識し、死に向かっている中で人生を艶やかにする余裕というかあがきというか…。
対話で書かれ地の文がないところも素敵です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 amazon 投稿日 2003/5/31
形式: 文庫
 病院の帰りに吉本隆明の「老いの流儀」を買ったら谷崎「瘋癲老人日記」川端「眠れる美女」とともに、「われはうたえどもやぶれかぶれ」が老いを描いた傑作と書いてあったので、手にとってみた。自分の身体の調子が悪いので、性を描いた他の二作は読めずに、、「われはうたえどもやぶれかぶれ」は読めた。病院のレントゲン室で待つ描写など誰でも病院に行った者なら身に覚えがあるだろう。ただ自己暴露的な傑作ではあるのだが、文章の訓練をしてこなかった私が崩壊する身体を背負って何か書くのは難しい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック