通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蜘蛛の見る夢 (ソーニャ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽い小キズがありますが、外観・中身ともに状態は概ね良好です。商品は清掃後、迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

蜘蛛の見る夢 (ソーニャ文庫) 文庫 – 2016/10/5

5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 90

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蜘蛛の見る夢 (ソーニャ文庫)
  • +
  • 永遠の蜜夜 (ソーニャ文庫)
  • +
  • 寡黙な騎士団長の淫靡な本能 (ティアラ文庫)
総額: ¥2,009
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

目覚めると見知らぬ洋館にいた尚子。
そこへ、女物の着物を着た美しい青年・皓紀が現れる。
彼は巨大企業の御曹司で、尚子の主人であるらしい。
さらに、尚子はバルコニーからの転落事故により、1年間昏睡状態だったのだという。
記憶と違う現実に混乱しつつも皓紀に仕える尚子。
彼の尋常でない仕打ちと館の異様な空気に、尚子の精神は蝕まれ搦め捕られてゆく。
彼の狂った愛に身体をも征服される日々の中、尚子はやがて1年前の真実を思い出し――。

内容(「BOOK」データベースより)

目覚めると見知らぬ洋館にいた尚子。そこへ、女物の着物を着た美しい青年・皓紀が現れる。彼は巨大企業の御曹司で、尚子の主人であるらしい。さらに、尚子はバルコニーからの転落事故により、1年間昏睡状態だったのだという。記憶と違う現実に混乱しつつも皓紀に仕える尚子。彼の尋常でない仕打ちと館の異様な空気に、尚子の精神は蝕まれ搦め捕られてゆく。彼の狂った愛に身体をも征服される日々の中、尚子はやがて1年前の真実を思い出し―。


登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2016/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781695868
  • ISBN-13: 978-4781695860
  • 発売日: 2016/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.7 x 10.7 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,122位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ザ・ソーニャ的な作品にやや苦手意識がありましたが、今回は この作品の内容の面白さに魅了されました!
記憶喪失のヒロインと古びた仄暗い洋館、魑魅魍魎さながらの登場人物たち。その異常な世界から目が離せず、どっぷり浸かった気分です。
謎が多いので、果たして張り巡らせた伏線を回収できるのか?と不安も覚えましたが、見事に回収しています!
後半は、怒涛の官能の嵐でしたが(笑)、異常な物語の雰囲気にぴったり合っているし、ヒーローのヒロインへの執愛が読み手に伝わる場面でもあり効果的でした。
ただ、もう少しだけその部分を減らして(笑)、あっさりとした説明部分を もっと掘り下げてくれても良かったかも?とも思いました。

とはいえ、この作品は 映像でドラマ化されれば面白いだろうな~!と思えるほど素晴らしい作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
あらすじを読んだ時、最初は単なる記憶喪失ものだと思ったのですが、いい意味で期待を裏切られました。
丸木文華さんは作品の合うか合わないかが振り幅が大きい作家さんですが、この作品は設定・世界観ともに
よく練られていて、題名の「蜘蛛の見る夢」も全部読み通すと納得です。

ヒロインは冒頭で夢を見ていて、突然夢から覚めて時が過ぎ去り、仕えていた主人と対面するのですが、
まったくその主人や自分にまつわる記憶がありません。
ミステリー風味で謎だらけの美しい主人のヒーローと、その周囲のゆがんだ人々、自分にまつわる記憶
と伏線だらけでストーリーは進んでいきます。

最初は主人の皓紀が傲慢で感情の起伏が乏しい単なる我儘坊ちゃんに思って苦手だったのですが、
皓紀はむしろゆがみまくった一族の中では純粋で一途という稀有な存在に感じてきました。

主人公の幼い頃の蝶のエピソードが良かったと思います。皓紀の女装の設定も自然な感じでした。
皓紀がゆがんだ血族の中でまっすぐにねじけずに生きられたのもヒロインの存在ゆえだと思います。
気持ちが通じた後の溺愛ぶりも丸木さんの筆の冴えを感じました。伏線の回収も見事だったと思います。

最後の結末は結局主と従が逆転し
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
丸木先生の素晴らしい文章力に引き込まれました。
ストーリーは洋館が舞台の和風ゴシックロマンスという感じでしょうか。妖しいお館、着物姿のヒーローや、狂った登場人物などが出てくるせいか、現代ものですが昭和的な雰囲気を感じました。

ミステリー・サスペンス系のストーリーもよく練られていて面白かったです。伏線もきちんと回収されています。

恋愛ものとしても申し分なく、満足でした。ヒーローは俺様な超絶ヤンデレで 、これぞソーニャヒーローという感じでした。
ソフトヤンデレではなく、狂愛系ヤンデレですね。
清々しい程のヤンデレなので萌えます。私的にはツボでした。

官能シーンも濃厚で満足です。

本編の後の短編やウェブの番外編はヒーロー視点で、オススメです。ヒーローの思考回路は凄いとしか言いようがありません。ヒロインに対する執着の深さがよく分かって良かったです。

Ciel先生のイラストは非常に綺麗で、話によく合っています。

ダークなソーニャや、ヤンデレ、ミステリー/サスペンスが好きな人にとてもお勧めです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
前作より断然良かったです。
官能シーンはこの手の本には珍しく後半からなのですが、前半それを抜きにしても読ませる力があります。ミステリーかなって感じ。
むしろ無理矢理そういうシーンを詰め込まれるより良かった。

てっきり表紙イラストから時代物かと思ったのですが現代物でした。作者の方もあとがきでおっしゃっていますがあんまり現代物っぽくないです。そしてヒーローが可愛い( ^ω^ )

歪んでいるのはヒーロー側かと思いきや、、、な後半の展開、一気読みしました。次も買います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
丸木さんはやっぱりソーニャのような歪んだ関係性を持つ官能小説系の話のが合うんじゃないでしょうか。
このレーベル以外で拝見した丸木さんの作品は私的には微妙なものが続いたので、皆さんのレビューが出てから買うことに決めました。
うん、おもしろかったです!何度も読み返したくなりますね。
最初は記憶喪失というか別人か?と思うような設定から入るので混乱するんですが、読み進めるにつれて解明されていくのでどんどん引き込まれます。
ちゃんと途中の伏線も回収されてるし、読み終わってみると冒頭の1人語りの意味も分かります。
さすが丸木さん!そしてCielさん!イラストもこの話ととてもよく合ってると思います。
ほの暗い執着愛がお好きな方にはぜひオススメな作品です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー