通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 カバーデザインが画像とは異なります。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫) 文庫 – 1968/11/19

5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 196
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 346
¥ 346 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)
  • +
  • 羅生門・鼻 (新潮文庫)
  • +
  • 河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)
総額: ¥1,178
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

地獄に落ちた男が、やっとのことでつかんだ一条の救いの糸。ところが自分だけが助かりたいというエゴイズムのために、またもや地獄に落ちる「蜘蛛の糸」。大金持ちになることに愛想がつき、平凡な人間として自然のなかで生きる幸福をみつけた「杜子春」。魔法使いが神の裁きを受ける神秘的な「アグニの神」。少年少女のために書かれた、健康で明るく、人間性豊かな作品集。

内容(「BOOK」データベースより)

芥川がいつも冷たい皮肉屋であったわけではない。むしろ本当に願ったものは、人間の本来持っているやさしさである。そのような芥川のやさしさが出ている作品を主とし、さらに空想的世界のひろがりを見せてくれる伝奇的な作品等をえらぶことにした。小学上級以上。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 128ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1968/11/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101025037
  • ISBN-13: 978-4101025032
  • 発売日: 1968/11/19
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,612位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 6138 投稿日 2017/6/12
形式: 文庫 Amazonで購入
地獄に落ちた男が、やっとのことでつかんだ一条の救いの糸。ところが自分だけが助かりたいというエゴイズムのために、またもや地獄に落ちる「蜘蛛の糸」。大金持ちになることに愛想がつき、平凡な人間として自然のなかで生きる幸福をみつけた「杜子春」。魔法使いが神の裁きを受ける神秘的な「アグニの神」。少年少女のために書かれた、健康で明るく、人間性豊かな作品集。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 triage 投稿日 2014/11/5
形式: 文庫 Amazonで購入
蜘蛛の糸、犬と笛、蜜柑、魔術、杜子春、アグニの神、トロッコ、仙人、猿蟹合戦、白。
注解を神田由美子、解説を三好行雄と吉田精一が書いている。年譜あり。
表題は有名な二作だが、それだけではないのに、他の八編に付いて記載がないのは不親切。
ほかを検索しなくてもよいように、アマゾンはもうちょっと考えてほしい。
本体324円と安く、薄くお買い得?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本の中では杜子春が一番好きです。子供のころお芝居で見たことがありますが、その時は大体の内容しかわかっていなかったように思います。物事の本質に気づかせてくれた仙人の優しさが心にしみます。こんな大人になりたいと思う。大人になって、いろいろなことを経験してからこのお話を読むと、エゴを捨てられない人の愚かさ、エゴを捨てて人を導くことの尊さがわかります。どれも綺麗なお話で、内容に隠されたメッセージが今は有難く感じます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書に含まれる十篇の内、外れなしでどの作品も非常に面白いです。
私はその中でも、「蜜柑」や「トロッコ」といった作品に見られる、懐かしさや情緒の豊かさに魅了されました。
子供が教養として読むのにも最適でしょうが、私のように大人になってから読むことでも、教えられることや想い出すことなどが一杯の、素晴らしい一冊です。
無駄な虚飾や余分な描写を配した文章も、非常に読み易くて美しいです。
そしてそれ故に、このような殊玉の短編作品群が芥川は編めたのでしょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2007/7/8
形式: 文庫
 この本を見ていると 芥川は 童話を書くにおいても 達人であったことに改めて驚かさせた。芥川の才能の引き出しは 本当に色々とあった事に今 気がついているところだ。

 但し 芥川はどのような意図で これらの童話を書いたのかという点は考え直されても良いと思う。本当に 子供用に彼が書いたとは 俄かに思えないからだ。

 例えば「蜘蛛の糸」を考えたい。芥川がこれを書いた意図は 抹香臭いお説教ではないと思う。彼が 本当に魅入られたのは 天国と地獄の間に一本の糸が繋がれており その糸を一人の男が登っているという 一幅の風景であったような気がしてならない。
 芥川の絵の才能は 河童の屏風絵などでも知られているわけだが そんな画家としての視線が 天国からふわりと落ちていく蜘蛛の糸を凝視しているような気がしてならない。

 
 
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
芥川竜之介の児童物と言われる短篇を収めた作品集。誰でも一度は経験する孤独感を描いた「トロッコ」やエゴイズムを批判した「蜘蛛の糸」を始め、ちょっとおどろおどろしい作品まで、いろいろと詰まっています。
とかくどの作品を読んでもストーリーが面白い芥川竜之介ですが、この児童向け作品集も、読み始めると、途中では止められない作品ばかりが入っています。説教くさくなく「人」のさまざまな姿を切り取ってみせる芥川の文章は、日本語の美しさを堪能させてくれます。児童向けで、子供が読んでももちろん面白いのですが、大人になってから読むと、また違った印象を与えてくれるお話たちです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 想夫恋好 投稿日 2012/8/18
形式: 文庫
学校の授業等でかじり読んだ以外に、これまで芥川龍之介の作品をまともに手に取ったことがなかったのだが、こんなに良いものだとは思わなかった。中でも個人的には『蜜柑』『トロッコ』が良かった。

特に『蜜柑』は、これまで読んだことのある短編の中で最高だと思う程に良かった。粗い生の臭いに対する嫌悪感とそれをとりまく倦怠感が、質素な美に対して抱く心の温かみと安らぎに移行する様に鳥肌が立った。光の照らし方を変えた一瞬に現われるような人間の優しさの中に、常に美しく佇むものには見出せない美がある。モノトーンの中に蜜柑だけがほんのり温かい色を放つような画を連想させるタイトルも良い。

『トロッコ』では、子供だけが感じる言いも言い表せぬ恐怖と安堵がすごく良く描かれている。読みながら、自分自身が幼少期に抱いた感覚が、うまく表現できない感覚なのだが、蘇った。そして何より、良平が大人になってからふっと思い出す事があるという一節が良い。誰もが皆、忘れられない幼少期の思い出を持っている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー