通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蛇を踏む (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【綺麗なお品】中古品としては使用感が少なくきれいな状態です。本のカバーや中身には書き込みやラインはなく非常に良い商品状態です。※帯がない場合がございます。通常、ゆうメールで丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蛇を踏む (文春文庫) 文庫 – 1999/8/10

5つ星のうち 3.8 45件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 452
¥ 452 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蛇を踏む (文春文庫)
  • +
  • 神様 (中公文庫)
  • +
  • センセイの鞄 (文春文庫)
総額: ¥1,529
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第115回(平成8年度上半期) 芥川賞受賞

内容紹介

女は藪で蛇を踏んだ。蛇は女になり食事を作って待つ。母性の眠りに魅かれつつも抵抗する、女性の自立と孤独。芥川賞受賞作他二篇

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 183ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1999/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167631016
  • ISBN-13: 978-4167631017
  • 発売日: 1999/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 213,273位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
映画『センセイの鞄』を観た後で、原作者の小説を読んでみたく
なった。映画の原作は、映画で十分満足したので後回しにして、
芥川賞作品の表題作『蛇を踏む』を最初に選んだ。

作中に出て来る”教訓のない寓話” という作者の発した思いがけない
“言葉” に頷いてしまうと、この作品の目論見を何となく理解できる
ように思えた。

巻末の解説に「分類を気にしない」「”きり” の概念を崩壊させる」
挑戦的で実験的な作品であることが示されるが、、、
「その価値は?」と問うと、一回 ”きり” の本かもしれないと思う。
作風はカフカと似ているが、異常に対する主人公の距離感が違う。
こちらは、サナダ(ムシ)さんの独白にしろ第三者の”観察者” の目線
を強く感じるもの。
カフカを再読したくなる理由は、” 教訓のある寓話” としての価値を
感じるからだと思う。

インパクトは強いが、蛇は象徴ではないらしく、出発点から曖昧な
物語であり、最後まで「曖昧」のまま。読者は「置いてきぼり」。。
活字で読んでいながら、何となく雰囲気を感じるうちに、どうなるか
分からない状況で終わる。結局、読者は「宙ぶらりん」。。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Q777 投稿日 2015/7/29
形式: 文庫 Amazonで購入
蛇を通して主人公と他者との間にある「壁」が描かれているように思う。
自己をあまりに客観視できてしまうことの不幸というべきだろうか。
鳥瞰的な視点というものはある意味で「他人事」目線を生み出してしまい、
これは孤独感の一種といえるかもしれない。
客観的な視点を捨てて蛇となり自己陶酔できてしまう生き方の方が、
孤独からは遠ざかるのかもしれない。
とはゆえ、テーマの深刻さの割にはなぜか切実さは感じなかったのは不思議だ。
上手すぎるゆえだろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
芥川賞を受賞してるんだから、この作品のジャンルは純文学でよいのでしょう。

作者の内面世界を如実に現すわけだし、芸術作品とも言えるわけだから、簡単に理解できるものではないのかも知れない。

しかし、あまりに何を描こうとしているのかわからない場合にはどう評価したらよいのだろう。作品中ではもちろん人間を扱っているんだから、人間である読み手もそこから何か感じるところがなければ作品の価値はないのではないかと思うのだが…。

読みながら頭の中に疑問符ばかりになってしまい、解釈すらする気になれなかった。

作者自身が自分の作品を「うそばなし」と評しているのだし、このわからなさの中でぐるぐると遊べばいいのかもしれない。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2012/9/8
形式: 文庫
「自分の書く小説を、わたしはひそかに「うそばなし」と呼んでいます。・・・もしもこれを読んでくださるかたの中に、「うそ」の好きなかたがいらしたら、わたしの作った「うそ」の中でちょっと遊んでみてはくださいませんでしょうか。」

川上弘美さんのあとがきの一文にこうある。本書に収録されている『蛇を踏む』、『消える』、『惜夜記』の三作品は、川上弘美さんの「うそばなし」である。そもそも小説には多かれ少なかれ虚構が含まれているのだから、小説そのものが「うそばなし」のはずだ。川上弘美さんの「うそばなし」は、明らかにあり得ない話をして、しれっとしているようなタイプの「うそ」。最初から「うそ」だとわかる「うそばなし」になっている。

でも、川上弘美さんの「うそ」には不思議な魅力がある。だましてやろうの「うそ」でなくて、そういうことがあってもいいんじゃないかという「うそ」なのだ。どんなに「本当」っぽく書いていても「うそ」=虚構が透けて見えて違和感だけが残る小説はいくつもある。川上弘美さんの作品は、「うそ」を前提としているのだけれど、読んでいると「本当」に溶け込んできて境目が曖昧になってしまう。「本当」の中に「うそ」を持ち込んで、その「うそ」を「本当」の遊び場にしてしまうというテーマパーク的な感覚。川上弘美さん作品は初読ではあるのだが、これが私の第一印象だ。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー