通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2013/11/14

5つ星のうち 4.3 63件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 230
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 虹の岬の喫茶店 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 夏美のホタル (角川文庫)
総額: ¥1,391
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小さな岬の先端にある喫茶店。そこには美味しいコーヒーと、お客さんの人生に寄り添う音楽を選曲してくれるおばあさんがいた。彼女は一人で店を切り盛りしながら、時折海を眺め何かを待ち続けていた。その店に引き寄せられるように集まる、心に傷を抱えた人々――彼らの人生は、その店との出逢いで、変化し始める。疲れた心に寄り添う、癒し小説。

内容(「BOOK」データベースより)

小さな岬の先端にある喫茶店。そこでは美味しいコーヒーとともに、お客さんの人生に寄り添う音楽を選曲してくれる。その店に引き寄せられるように集まる、心に傷を抱えた人人―彼らの人生は、その店との出逢いと女主人の言葉で、大きく変化し始める。疲れた心にやさしさが染み入り、温かな感動で満たされる。癒しの傑作感涙小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 371ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/11/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344421078
  • ISBN-13: 978-4344421073
  • 発売日: 2013/11/14
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ある地域紙にあった著者・森沢明夫さんのインタビュー記事に目が止まり、この本を書くきっかけが掲載されていて何となく気になって購入しました。
森沢さんの本は初めて、というより全く他の作品を知らなかったために、あまり期待をしないまま読み始めました。
温かい。ストーリーがというだけではなく、文章そのものが温かい。
最近、気負いのない温かな文章というものに出会うことがなかった自分には、自然体で何を誇張することもない文章なのに心の中にスッと入り込んできてくれました。
人生にはいろんなことがあるけれど、もし疲れてしまったら、ぜひ読んでみてください。癒されました。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 明美 投稿日 2011/8/28
形式: 単行本
全6章からなる物語。どれも心温まるお話です。

この喫茶店は実在します。千葉県鋸南町、明鐘岬に佇む喫茶店『喫茶岬』。33年も、ここで喫茶店しています。
鋸山の湧き水で淹れるコーヒー、お手製スイーツ、窓の外の景色が絶品の喫茶店でした。

物語に登場する白い犬は3〜4年前に天国へ旅立ちました。

平成23年1月、このお店は、隣のカフェもろとも全焼。

マスターの玉木節子さんは、3月半ばから7月後半まで骨折で入院。
焼け跡には、野良生活を余儀なくされた、猫3匹が暮らしていました。

この素敵な『喫茶岬』再建中です。オープンは平成23年10月頃の予定です。

千葉県、JR内房線、浜金谷駅から徒歩20分。車は(高速は館山自動車道、鋸南保田ICが最寄りです)国道127号線、明鐘トンネルを抜けてすぐ左。
鋸山(日本寺)そば、明鐘岬です。

物語は、喫茶岬を忠実に、文章で表現しています。
表紙の絵は、まさに火災前の喫茶岬そのものです。ホントにこんな感じで建ってました。木のテーブルと椅子もおんなじ。

新しい喫茶岬にも、新しい魔法がかけられ、新しい歴史が始まることでしょう。

喫茶岬の魔法にかかりたい方、是非お越し下さいませ☆
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、船橋の書店に平積みされていて、店員さんのチカラが入りまくったPOPが着けられていました。
思わず手に取って読み始めたら、引き込まれて即、購入でしたね・・・

一晩で一気に読み終わってカミさんに渡したら、カミさんも一気読みだったようです。

で、二人で実際に行ってみました。

店への入り口は、本当にわかりにくいんです。
トンネルの手前、フェンスの合間を見つけて、クルマを滑り込ませます。
そこから、岬の先に向かって未舗装の道を数十メートル走ると、
目の前が、ポッカリと開けます。

一面の海の向こうには、対岸の三浦半島が望めますし、目の前の海は東京湾のはずなんです。
だけど、なにかが違うんです。
独特のオーラと言うか、とっても和む、温かな雰囲気が流れている場所なのです。
これは、本を読んだからではなくて、不思議なんですが、実際に感じるんですよね・・・

今は、簡易な建物が建てられており、
中では、オーナーの女性の方が、懸命に作業をされておられました。
そして、まわりでは数匹のネコが、気持ちよさそうに日向ぼっこをしています。

10月の復活・再開を目指されているとのお話でし
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 goku トップ100レビュアー 投稿日 2015/7/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
虹の岬の喫茶店が実在するとか、映画化されましたとか、イロイロなニュースに後押しされるように、自然にクリックして、読みました。
実在する喫茶店、フィクションとしての6話、心温まる物語、この組み合わせがこの作品に、さらなる魅力を与えているように感じます。
言い方をかえると、そんな組み合わせが、読む人を、騙しているようにも感じました。
しかし、そんな作為的なところを考慮しても、読む人の心を温かくしていただけるお話は、十分以上に魅力的で、「あなたへ」ともども、森沢ワールド全開という感じです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ysnr 投稿日 2016/10/1
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近の自分の読書テーマは同年代の作家さん。更に森沢さんは地元船橋出身の作家さんであり、この岬の喫茶店のモデルになったカフェは実際に千葉県内にあるらしいというところに興味を持ち購入した。
6つのストーリーからなり、どれも読み終わるとほっこりとして嬉しくなる。文体も実に優しい。ただし最後の1つはほっこりだけではなく、ジワッと涙も出てくる。
美味しいコーヒーの出てくるストーリーだからと、用意周到にカフェで読了を迎えたのだが、ホロッとするには相応しくなかったかも。最後は思いっきり没入できるところで読むのがオススメ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー