虹の女神 Rainbow Song [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,637
通常配送無料 詳細
発売元: ロードラウンダー
カートに入れる
¥ 2,650
13pt
通常配送無料 詳細
発売元: e)monoShop
カートに入れる
¥ 2,650
通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

虹の女神 Rainbow Song [DVD]

5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,637 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Comingmart TOKYO 本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,413より 中古品の出品:8¥ 800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 虹の女神 Rainbow Song [DVD]
  • +
  • キラー・ヴァージンロード フルスロットル版 [DVD]
  • +
  • 亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 [DVD]
総額: ¥10,298
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 市原隼人, 上野樹里, 蒼井優, 佐々木蔵之介, 相田翔子
  • 監督: 熊澤尚人
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2009/01/28
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001MC02Q2
  • EAN: 4527427642942
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 86,144位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

プロデュースを岩井俊二、脚本を桜井亜美が手掛けた熊澤尚人監督による「虹の女神」をDVD化。市原隼人×上野樹里の豪華競演で贈る“男女の恋と友情”を描いた、虹のように儚い愛の物語。大学生の岸田智也は、佐藤あおいの友人をストーカーまがいの行動で追いまわしていた。智也に声をかけられたあおいは、2人の恋のキューピッドを引き受けるものの、結果は失敗。その後あおいの映画サークルに引き込まれた智也は…。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

上野樹里さん演ずる「あおい」に圧倒されました。
感情が波になって押し寄せてきたみたいです。衝撃でした。

失ってから分かるものがある。物語はとても悲しい話です。
蒼井優さんも素敵です。
この二人が姉妹を演じているのですが、やさしさと悲しさが伝わってきて泣きました。
泣いて驚いた映画です。

惹きこまれたのは、窓から外を見つめる「あおい」が物語を象徴する何とも言えない表情をしているところ。
鑑賞後に知ったのですが、上野樹里さんが撮影の合間に休んでいたところを撮影したそうです。
休みながら「あおい」になっていたのかもしれないとはある本に載っていた本人のお話。
そんな瞬間も逃さない監督のプロ根性感じました。

悲しいお話が大丈夫でしたら、心のリフレッシュに良い映画だと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Jasper VINE メンバー 投稿日 2009/3/1
恋愛映画としてはやや地味なストーリーですが、特に上野樹里、蒼井優の演技が素晴らしく、
心に深い余韻が残りました。
失ってから初めて分かる相手の存在の本当の大切さ、ラストの蒼井優の「ばかだなぁ」と
優しくつぶやく台詞が切ないです。
こんな風に忘れがたい後悔を重ねて、人はだんだん優しくなっていくのでしょう。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今更ながら樹里チャンファンということで虹の女神をレンタルで観ました。感想としてラストシーンでは泣けませんでした。それは沢山のレビューを読んでからというのと、あおいが最初のシーンで事故死してしまうのが解ってしまったこと。むしろ私は男性ですが智也があおいに冗談にしては洒落にならないあおいへのプロポーズのシーンであおいが泣きながら激怒して放った「人の人生無茶苦茶しにしやがって」という言葉で涙が出ました。たった一言で人は人生のどん底迄突き落とされる生き物です。極端な話、自殺してしまう人もいます。あの怒りを上手く演じた樹里チャンは凄いですね。市原隼人クンも上手かったです。ただ千鶴のシーンは多くの方がレビューされてるように必要ないように思われますがあのシーンがあって智也はあおいに電話したので必要といえば必要なのかもしれません。何故もっとヒットしなかったのだろうと思います。レンタルだけではもったいないので即DVDを注文。それと‘のだめ’にしても‘虹の女神’にしても演技上の樹里チャンですので、同時にao akuaも注文してしまいました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わさもん VINE メンバー 投稿日 2010/10/13
今もって、上野樹里さん出演の最高傑作はズバリこれに尽きると思います。
無論『のだめ』も良かったのですが、やはり深みのある「あおい」の演技。樹里さんの出演作で今のところこれに比肩するものはありません。折角、これだけの逸材なのだし、そろそろ、他に見応えのある立派な出演作がないかなあと期待しているのですが。
上野樹里さんの演ずる、ヒロインあおいがとにかく素晴らしいです。とくに『失恋』のチャプターで、智也と取材で言ったクイックデート・カフェからの帰り道、智也の鈍感なうえにも、これまた不器用で偽悪的で気まぐれ、且つ間の悪いプロポーズの言葉に激しく泣き出して感情を爆発させるシーンの悲しさ。それに続く会社の屋上でのシーンで、いよいよ日本を去ろうという決意を打ち明け、遠まわしな言葉でギリギリまで智也に迫りながらも、結局不発に終わるあおいの告白。互いに素直になれない不器用な二人の間に起こった、あまりにサマにならず、もどかしい、けれども限りなく切ない「失恋」に、一瞬溢れそうな涙を目線を逸らして押えるあおいの表情の迫真感。そのすべてに、幾度観ても引き込まれてしまいます。また、そんな「失恋」が、あおいと智也の、一生の別れとなってしまうわけですが、ほかのレビュアーの方も触れていらっしゃるとおり、あおいの妹かな役の蒼井優が、失って初めてあおいの自分への想いと、自分のあおいへの想いとを確かに
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
悲しいラブストーリーです。
でも、見た後に、大切な気持ちを残してくれる映画です。
悲しいラブストーリーに浸りたい時だけではなく、何か大事な気持ちを思い出したい時にもいい作品です。

異性で、いつも近くにいて、いつの間にか親しくなり過ぎて、きちんと思いやることができなくなり、
こじれて傷つけ合って、離れることになった二人。それが、永遠の別れになるとは知らずに。
想いが届いたのは、相手がいなくなった後でした。

彼らが世間にもまれて苦悩している姿に、とても共感を誘われました。
一生懸命に生きていた日々の中での悲しい別れ。妙なリアルさも感じましたね。

演出が控えめなので、地味な印象を受けます。もしかしたら退屈かも。
真剣に腰を据えて、この映画を観る気がないなら、あまりこの映画の良さを感じられないと思います。
その点はご注意ください。
だけど、この一見、この地味な演出も、このストーリーにはぴったり合っていると思いますので、それも考慮しての星5つです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック