¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
虹と修羅 (講談社文芸文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

虹と修羅 (講談社文芸文庫) 文庫 – 2013/5/11

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 虹と修羅 (講談社文芸文庫)
  • +
  • 朱を奪うもの (講談社文芸文庫)
  • +
  • 女坂 (新潮文庫)
総額: ¥3,553
ポイントの合計: 31pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

受賞歴

第5回(1969年) 谷崎潤一郎賞受賞 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

夫以外の男との関係を断ち切った後も新たな愛へと進んでいく主人公・滋子。
娘との隔絶に悩み、さらには自身の体が?

『朱を奪うもの』『傷ある翼』に続く三部作の最終章。谷崎賞受賞作。

※本書は、1997年9月新潮社刊『円地文子全集』第十二巻を底本としました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/5/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062901773
  • ISBN-13: 978-4062901772
  • 発売日: 2013/5/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 871,709位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
戦争は終わった。しかし滋子は子宮癌になり、手術を受ける。夫の間は疎隔したままで、娘の美子は歌舞伎の女優になりたいと言い、ヒステリックに母に迫る。滋子は小説家としての再生を目ざすが、なかなか文藝雑誌で原稿をとってもらえず、少女小説を書いてしのぐ。柿沼がヨーロッパから帰ってきて何くれと相談に乗るが、そのうち恋が再燃する。
 円地自身は、私小説とみられることを嫌ったが、これは変形自伝私小説の傑作である。谷崎賞受賞作だが、女の陰鬱で奔放でぶきみな生を描いた傑作である。
1965年3月から12月まで『文學界』に連載。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告