通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン) コミックス – 2015/10/16

5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
  • +
  • 虚構推理(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
  • +
  • 虚構推理(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『絶園のテンペスト』城平京 最新刊!! 怪異達の知恵の神になった少女と、怪異にさえ恐れられる男が、怪異に挑む[恋愛×伝奇×ミステリ]!!

“怪異”の知恵の神になった少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!? 2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は――!?

怪異になってしまった一人の少女と、怪異にさえ恐れられる一人の男が出会った時、生まれるものは――!? “推理”、“妖怪”、“都市伝説”、“恋”……予測不可能な物語が幕を開ける!!

著者について

片瀬 茶柴
【片瀬茶柴(かたせ・ちゃしば)】
本作にてデビュー。
城平 京
【城平京(しろだいら・きょう)】
第8回鮎川哲也賞最終候補作『名探偵に薔薇を』(創元推理文庫)にて、長編ミステリデビュー。
その後、漫画『スパイラル ~推理の絆~』(「月刊少年ガンガン」連載)の原作を手がけ、同作はアニメ化し、大ヒットシリーズとなる。その後、『ヴァンパイア十字界』の漫画原作を、次いで、『絶園のテンペスト』を連載。同作も、2012年にアニメ化された。また、2012年に発表した『虚構推理 鋼人七瀬』で、第12回本格ミステリ大賞を受賞。2015年8月より、『天賀井さんは案外ふつう』を「少年ガンガン」にて連載中。多くの読者から、新作を待ち望まれているミステリ作家。


登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063714918
  • ISBN-13: 978-4063714913
  • 発売日: 2015/10/16
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
絶園のテンペストが最高だったのでこちらも買いましたが見事にアタリでした。絵もキャラも素晴らしく魅力的にかかれていて今年読んだ漫画では一番の面白さです。Kindle派なのですが、出るのが遅くまちきれなくて2巻は本で買ってしまいました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この漫画のパッケージを見かけてすぐに
私の好きな絵師さんだと気づきました。

絵がしっかりしてるのはもちろん、
原作つきのためか話もテンポ良く進み
一気に読了してしまいました。

続きが気になって既巻はすべて読んでしまったので
これから原作を読もうと考えています。

話全体としてはミステリーとコメディ、
それからバトルを主体としたアクション要素が多いです。

メインの登場人物の数もそれほど多くはないですし、
キャラクターがはっきりしているので、普段ライトノベル等を読む方でも
楽しめると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
原作は未読。作画担当は本作がデビュー作となる片瀬茶柴先生。卓越した画力で楽しませてくれます。
内容はレビューのタイトルどうりです。1巻を読んだ限り題名に有る推理要素は薄いですね。ラブコメ+怪異バトルが少々といったところですか。
主人公は不思議系の女の子。強く賢く勇敢、押しが強くて毒舌な一面あり。お金持ちのお嬢様のようです。
「十七歳になりました。活きがいいです」
「私と結婚を前提に付き合いませんか」
「破瓜の痛みに比べればこれくらい」
など言動がエキセントリックで魅力的であります。
彼女の恋人で人魚の肉を食った不死身青年の方は微妙に影が薄いです。原作でも見立たないようですが2巻で活躍するかな。
それと不死身青年の元カノの婦人警官が登場。飄々としたヒロインと比べてこちらは女性の暗黒面と弱さを持った人物で、今カノVS元カノバトルが展開します。本編の怪異バトルより修羅場のほうが正直面白そう(笑)。

2話収録で本編は160ページ程度。原作者の後書きが2ページ、描きおろし漫画が6ページ。カバー下にイラストあり。
2015年10月現在WEBで第1話(80ページ!)が読めるので確認してから購入すれば外すことはないと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 GWWG 投稿日 2015/11/4
形式: コミック
きっかけは最近購入したき漫画に挟まっていた広告紙でした。

それを読んで久々にこれは面白そうだと思い、単行本の購入に踏み切りました。

原作は小説らしく、そこから漫画に立ち上げたみたいで、機会があったら小説の方も読んでみたいですね。

読み終わった後の感想は、中々面白く今後の話に期待しています。

ストーリーは妖怪や怪異などと戦うバトルもの?といったところです。
1巻はまだ序盤なのでバトルが少ないですが、2巻から大きく動く出すかもしれません。

キャラクターに関しては主人公とヒロイン(もしかしたらダブル主人公?)は二人ともいいキャラしており、
琴子ちゃんはどこかのいい所のお嬢さんらしく、でもお嬢様らしくないキャラで、性格は明るく、九郎くんに対して積極的すぎるところや少々腹黒いが逞しいところが多々あるなど個人的には珍しいタイプのヒロインに好感が持てます。

九郎くんに関しては、最初はただの容姿も性格も普通な主人公がお約束な事件に巻き込まれる系というウンザリな奴かと思いきや
実際はそんなことはなく、キッパリとした物言いや少々自暴自棄なところや変に達観していたりするが
体を張れるところがあるなど、意外と嫌いじゃないです。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
5巻まで読んだところでレビューを書かせていただきます。
この作品は虚構推理というタイトルで推理という言葉に惹かれて気になっている人もいるかと思います。ただ序盤は推理シーンがほとんど無いので1巻を読んだだけでは少し残念に思う方もいるかもしれません。しかし後半には推理シーンがかなりありますので心配しなくても良いです。

また妖怪は出てきますがストーリーにはあまり関係ありません。

主人公のキャラが個人的には好きで絵も良いです。内容は読み進めるほど面白いと思える作品だと思います。前半は少し退屈かもしれませんが後半はワクワクが止まりません。

間違いなくオススメできる作品だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー