Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 10 (2%)

Kindle 価格: ¥462

(税込)

獲得ポイント:
18ポイント (3%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[城平京, 片瀬茶柴]の虚構推理(5) (月刊少年マガジンコミックス)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


虚構推理(5) (月刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち4.2 37個の評価
虚構推理 (12冊) の5冊目

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥462
コミック (紙) ¥472 ¥6

販売: 株式会社 講談社
紙の本の長さ: 168ページ
【Kindleマンガ ストア】: 人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleマンガ ストア へ

このシリーズの次の5巻 シリーズの巻をすべて見る
紙の本の価格 : ¥2,450
Kindle 価格: ¥2,310
¥140の割引 (5%)
獲得ポイント: 45 pt (2%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

高評価のインディーズマンガ




商品の説明

内容紹介

寺田刑事の死により、急激に凶暴性を増していく鋼人七瀬。その存在を支持する流れにあまりにも傾きすぎていることに対し、琴子は、九郎の従姉・桜川六花の関与を確信する。嘘で真実を砕き、新たな真実へと変えるために琴子が組み上げた“四つの解決”は、六花が生み出した“虚構の怪物”を打ち破ることができるのか!? 鋼人七瀬との最終決戦が幕を上げる――!!

著者について

片瀬 茶柴
【片瀬茶柴(かたせ・ちゃしば)】
本作にてデビュー。

城平 京
【城平京(しろだいら・きょう)】
奈良県出身。代表作に漫画原作『絶園のテンペスト』『スパイラル~推理の絆~』、小説『虚構推理 鋼人七瀬』『名探偵に薔薇を』など。2016年に待望の最新作『雨の日も神様と相撲を』を発表。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 88386 KB
  • 推定ページ数: 171 ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/12/16)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MQSYTG3
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち4.2評価の数 37
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
評価の数 37
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2018年12月24日に日本でレビュー済み
形式: コミックAmazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年1月17日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月20日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月26日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
2017年1月14日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
2016年12月20日に日本でレビュー済み
形式: コミック
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月17日に日本でレビュー済み
形式: コミック
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年1月31日に日本でレビュー済み
形式: コミック
click to open popover