通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
虚ろな十字架 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ・ヤケ・折れ等がありますが、使用上の大きな支障はありません。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

虚ろな十字架 単行本(ソフトカバー) – 2014/5/23

5つ星のうち 3.7 79件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,619 ¥ 248

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 虚ろな十字架
  • +
  • ラプラスの魔女
  • +
  • 人魚の眠る家
総額: ¥5,162
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

娘を殺されたら、あなたは犯人に何を望みますか。

別れた妻が殺された。
もし、あのとき離婚していなければ、私はまた、遺族になるところだった──。
東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、予想もつかない展開。
私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

内容(「BOOK」データベースより)

別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 326ページ
  • 出版社: 光文社 (2014/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334929443
  • ISBN-13: 978-4334929442
  • 発売日: 2014/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,113位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 air2bee 投稿日 2015/5/18
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
死刑廃止や、それに準じる刑としての終身刑導入等、議論はされるけど法制化まではできない。それは、この本の様な事情(かなり特殊な事情)まで考えていくと、無意味、あるいは想定外となる事もあるだろう。それ位、「刑」の設定および、刑を執行する裁判所の判断は難しいと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
東野圭吾氏による作品。2014年5月発売。

本の表紙に樹海が描かれている。
読み始める前は何を意味しているのか
わからなかった。しかしそれが悲しみの象徴である事が
分かるとタイトルの虚ろな十字架という文字を重なり大変意味深い。

本作品の主人公中原道正もハードな設定だ。
設定だけならどの東野作品の中でもダントツかもしれない。
かつて娘を殺害され、後年妻も殺害されるとは・・・
離婚していたとかは関係ない。深く関わった人が死ぬ。
それは遺族になることに他ならない。

死刑についてだけ取り上げた訳ではなく懲役をただただ行うだけの現状をも
問い直していると思う。
この殺人犯は刑務所に◯◯年入れておけば真人間になれるなどと誰が断言できるだろう
また凶悪犯の再犯率の高さも指摘。
中原の妻小夜子が殺人を犯したものは全て死刑に!という考えになるのも頷ける。
ただ死刑にすれば解決という単純なものではないことも合わせて示している。
平井肇という弁護士のそれぞれの事件には、それぞれにふさわしい結末があるべきだ
という指摘も考えさせられる。

仁科史也医師がなぜ小児科医になったか、
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
一気に読みました!
点と点がつながる東野作品、流石です。

さて、私は未婚の子なしの女性ですが、
もしヒロインのように、中学時代にこのようなことになったとして、
一生こんなに苦しむようになるのかと不思議でした。
若い時に望まぬ妊娠をして、中絶している女性は、私のまわりにも結構います。
妊娠3か月で中絶だとOKで、出産してしまったら、アウト?
ヒロインはこんなに堕ちるところまで、堕ちないといけなかったのか。
美人だったら、なにかと援助してくれるような素敵な男性は現れなかったのか。
死刑うんぬんより、ヒロインの悲惨さ・暗さがなんか・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
学校の図書室で見つけて読みました。
とにかく深くてよかったです。
今社会で難題として取上げられる死刑の存続について作者の良さであるリアリティを持って書かれていて、とても良かったです。
東野圭吾が好きでこの話題に関心があるなら読んでおくべきだと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ここ何冊かの東野圭吾作品の中では良い作品だと思います。
良いんだけど、なんかちょっと物足りないかな?っていうのが無かったです。

完全な正解がないテーマですが、最後まで読んでも不満はなく、楽しかったなって思いました。

特に期待をせずに読めば、十分に満足できる作品だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ラテンマン トップ500レビュアー 投稿日 2017/2/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
子供を殺害された死刑肯定派の女性ライターが殺された.
事件の背景にあったもう一つの罪とは?

女性ライターの書いていた殺人と死刑についての考察には数字に裏付けされた重みがあり,
そして,自らの子どもを殺された事件で加害者を弁護した弁護士の語る加害者の心理にもまた,
苦いリアリティがある.
「殺人罪の犯人をすべて死刑にすれば,その犯人はもう殺人を犯すことはない」というのは
一定の価値のある真理かもしれない.
このような真理の断片を端的に切り取ってみせる洞察力は大したものである.

終盤では,事件の真相に向かって,もう一つの殺人が明かされる.
このあたりはストーリーの展開からある程度予測可能であり,意外性という点ではやや弱い.
死刑肯定論に対するアンチテーゼが,個人的・感情的な内容であることも,
尻すぼみ感を感じさせ,評価を下げているレビューも見受けられるが,
死刑に反対する動機がそもそも感情に基づいたものではないかという気もする.
そういう対比の構図としても,なかなかよくできた作品だと思う.
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー