通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
虎落笛―照降町自身番書役日誌 (廣済堂文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。こちらの商品は中古商品の為、表紙にスレなどの使用感がある場合がございます。店舗併売のため売切れの際はご了承下さいませ。丁寧な梱包にて発送致します。 398891
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

虎落笛―照降町自身番書役日誌 (廣済堂文庫) 文庫 – 2008/1/16

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 虎落笛―照降町自身番書役日誌 (廣済堂文庫)
  • +
  • 寒雀照降町自身番書役日誌 (角川文庫)
  • +
  • 雁渡り 照降町自身番書役日誌 (角川文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

武士の身分を捨て、心に疵を抱えたまま江戸に出た喜三次。照降町自身番書役になって四年半が経った。住民に助けられ市井の暮らしに馴染もうと懸命に生きてきたが、武士の矜持を捨てきれず彼らとの距離が縮まらない自分に戸惑う日々も。互いに想いを寄せ合いながらも、二人の間に横たわる埋めることの出来ない深い溝…。今日も照降町の住人たちは心に悩みや問題を抱えて生きている。市井の人々の人間模様を細やかな筆致で描く連作書下ろし時代小説シリーズ第三弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

今井/絵美子
広島県生まれ。成城大学文芸学部卒業。画廊経営、テレビプロデューサーを経て、執筆活動に入る。1998年「もぐら」で第16回大阪女性文芸賞佳作。2000年「母の背中」で第34回北日本文学賞選奨。02年『蘇鉄のひと 玉蘊』(郁朋社)で第2回中・近世文学大賞最終候補作となる。03年「小日向源伍の終わらない夏」で第19回九州さが大衆文学賞・笹沢左保賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 290ページ
  • 出版社: 廣済堂出版 (2008/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4331613143
  • ISBN-13: 978-4331613146
  • 発売日: 2008/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 737,014位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 照降町自身番シリーズの3冊目。照降町の木戸を挟む自身番と木戸番を中心に、市井の人々の暮らし、人の弱さ、強さ、儚さを描いている。シリーズ名となっている自身番書役の喜三次は、元は武士で父の仇討ちのために親友を斬り、遣り切れなさに武士を捨て、江戸に出て人の世話で自身番の書役に納まり、町人として暮らしを立てている。物語は、この喜三次の周りで起きた(犯罪とは限らない)事件や喜三次自身のことを綴っている。
 特徴は人物がよく描けていること。江戸庶民の心の襞、苦しさ、切なさ、愛らしさといったことが巧みに描かれていて、読後にしっとりした思いに包まれる。人物描写も奇を衒うこともなく、実在しそうな存在感がある。著者の観察眼の鋭さと下調べの努力の賜物と思われる。
 連作短編集なので1冊目から順を追って読むのがよろしい。ことにこの3冊目ぐらいになると、レギュラーメンバーも固まって、落ち着きが見られ、味わい深さを感じる。濫作時代小説とは一線を画す出来である。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告