• ポイント: 8pt (1%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蘇我氏の正義 真説・大化の改新 異端の古代史7 (... がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蘇我氏の正義 真説・大化の改新 異端の古代史7 (ワニ文庫) 文庫 – 2016/4/21

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥ 740
¥ 740 ¥ 13
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等 と【B】ドラッグストア、ビューティー、食品、飲料、お酒、ベビー&マタニティ、ペット、ホーム、キッチン、おもちゃ、書籍、スポーツ、家電・オフィス用品 をまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。2018/10/10(水)から2018/10/30(火)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 蘇我氏の正義 真説・大化の改新 異端の古代史7 (ワニ文庫)
  • +
  • 捏造された神話 藤原氏の陰謀 異端の古代史4 (ワニ文庫)
  • +
  • 聖徳太子は誰に殺された 異端の古代史3 (ワニ文庫)
総額: ¥2,180
ポイントの合計: 30pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

◎蘇我入鹿は冤罪である!
◎祟る者には祟るだけの正義があった!
◎古代史最大の政変、大化の改新の真実に迫る! !
◎関裕二の異端の古代史シリーズ第7弾! !
◎詳細な用語解説と写真・図版つき

蘇我入鹿が暗殺された乙巳の変に始まる大化の改新。天皇家をないがしろにし、外戚として権勢を欲しいままにした蘇我入鹿を排除することが改革の始まりだっとされるが、果たして入鹿は大悪人だったのだろうか? 近年盛んに取り沙汰されているのは、七世紀の改革事業は蘇我氏によって推し進められていたのではないか、ということである。すなわち、聖徳太子や蘇我氏が律令制度の先鞭をつけ、その後、中臣鎌足の末裔がこの事業を引き継ぎ、完成させていた疑いも出てきたのだ。古代史最大の転換点となった大化の改新の真実の歴史を詳らかにする!

◎なぜ日本人は「飛鳥」に郷愁を感じるのか
◎ 法隆寺が祀っていた「蘇莫者」の正体?
◎ 「蘇我」の業績は、完璧に「藤原」に奪われた!
◆入鹿殺しの本当の黒幕は誰だったのか?
◆中臣鎌足は朝廷の〝大切な客人〟だった?
◆聖徳太子は守旧派・蘇我馬子に干された?
◆「蘇我vs.物部」闘争に隠された真相
◆山背大兄王は聖徳太子の子ではなかった?

【第一章】「蘇我の都」飛鳥の謎
【第二章】蘇我入鹿の正義
【第三章】中臣鎌足の正体
【第四章】入鹿と鎌足─逆転の図式

内容(「BOOK」データベースより)

蘇我入鹿が暗殺された乙巳の変に始まる大化の改新。天皇家をないがしろにし、外戚として権勢を欲しいままにした蘇我入鹿を排除することが改革の始まりだったとされるが、果たして入鹿は大悪人だったのだろうか?近年盛んに取り沙汰されているのは、七世紀の改革事業は蘇我氏によって推し進められていたのではないか、ということである。すなわち、聖徳太子や蘇我氏が律令制度の先鞭をつけ、その後、中臣鎌足の末裔がこの事業を引き継ぎ、完成させていた疑いも出てきたのだ。古代史最大の転換点となった大化の改新の真実の歴史を詳らかにする!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584393923
  • ISBN-13: 978-4584393925
  • 発売日: 2016/4/21
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 430,689位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年8月31日
形式: 文庫Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月5日
形式: 文庫Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。聖徳太子