中古品:
¥ 1,960
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ジャケット傷みあり。 ポストカード付き。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

蘇える金狼 [DVD]

5つ星のうち 4.3 71件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 15,880より 中古品の出品:12¥ 1,280より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ蘇える金狼¥ 0で観る

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松田優作, 風吹ジュン, 千葉真一
  • 監督: 村川透
  • 形式: Color, Dolby, Original recording remastered, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: PI,ASM/角川書店
  • 発売日 2000/12/22
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 71件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HRBG
  • EAN: 4997766600116
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 86,616位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   現代版『赤と黒』とも呼ばれる大藪春彦の同名小説を、「遊戯」シリーズで名をあげた村川透監督、仙元誠三撮影、そして松田優作主演の黄金トリオで映画化したアクション巨編である。
   昼間はうだつのあがらないサラリーマン。しかしその実、大資本を我がものにすべく暗躍を続ける超キレモノの男、朝倉哲也の闘いの日々を、ハードボイルドタッチで描いている。ワイルドななかにもコミカルな個性を見せながら、悪の道をひた走る松田優作がお見事だ。風吹ジュンとの大胆なラブシーンも、公開時は話題となった。また、脇を固める演技陣も、成田三樹夫、佐藤慶、小池朝雄など、まさにニッポン個性派俳優オンパレードのにぎやかさである。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

大藪春彦原作のハードボイルド小説を村川透監督が見事に映画化。松田優作の名演技が光る。共演は風吹ジュン、佐藤慶、千葉真一ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
日本のアクション映画を質的に変えたのが松田優作。60年代後半から70年代前半の東宝アクションは他社のもっさりしたアクション映画とは比較にならぬほどシャープだったが、松田優作がこれをさらに飛躍的に洗練させた。黒沢年男、加山雄三、藤岡弘、三橋達也などはまだ明らかに日本の風土を感じさせたが、松田優作の持つ空気は別世界。当時の若い男は優作のセンス、ユーモア、かっこよさに熱狂したものだ。

単なる「アクション映画」「アクション俳優」というレッテルに堪えられなくなり、徐々に脱アクションへ軸足をずらせていった松田優作。「蘇える金狼」はアクション全開の時期の最後の作品かもしれない。

多彩な俳優の芝居、魅惑的な音楽と主題歌、センスのある撮影、そして、やや鈴木清順的ワカラニズムの色(パラパラまく赤いガラス?ジュピター?)など、この映画が多くのファンにいまだに支持されている理由はよく分かりますね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
何度かテレビ化、映画化されたけど、文句なくこれがベスト。これ以外は不要と断言できる。

一番好きだった頃の村川透監督作品であり、小池朝雄、成田三樹夫、岸田森、佐藤慶という今

から思うと涙が出てくるメンバーが出演、さらにサニー千葉も出演している。

ストーリーや設定についても、ラストや細かなところを原作と意図的に変えており、あたかも

次の「野獣死すべし」を予告する作品であるかのようだ。

「朝倉君」by 小池朝雄氏、「金子がねぇ」by 成田三樹夫氏。関根勤氏もマネするほどに、この2つも名セリフ。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 松田優作の格好良さは言うまでもありませんが,この映画の素晴らしさは,原作を超えたコミカルな演出にあると思います。
 特に次の二人の俳優に注目です。

 興信所所長石井
  演じるは,岸田森。
  白で統一された上下の服と白い杖にサングラスという怪しいファッション
  「ギャラァ,高いよぉ」「恨み深いよぉ」と言葉尻が上がる独特なイントネーションでしゃべる,かなり笑える存在。
  思った以上に活躍し,登場シーンも少なくないところが嬉しいです。

 東和油脂 経理部長小泉
  演じるは,成田三樹夫
  成田三樹夫は,優作との相性がとてもよく,テレビ「探偵物語」では警部役として,優作演じる探偵工藤との掛け合いが堪らなく可笑しかった。
  本作でも,上司としての立場から一転不利になったと悟るや,
  「悪かった,謝る,僕が悪かった。いや,金子がねぇっ」と部下に責任を押しつける見事な演技。ひゃっは,ひゃっはと笑えます。

 そしてもちろん松田優作もカッコイイだけではありません。
 本作でのコミカルさがTV「探偵物語」の工藤役に繋がるのではないかと思わせる,おもカッコイイ演技です。
 殺し屋に逆襲し,追い詰められたヤクザが「殺
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モノ好き 投稿日 2013/3/2
形式: DVD Amazonで購入
当時、TVで放送されたものを何十回も見ました。 このDVDはカットされた部分が全て入っています。  50インチ画面で見ても問題がありません。 京子の痺れるSEXシーン、朝倉の冷酷さ。 驚くほどの頭脳のよさ。 笑えるのが、裏切り者の会社役員を恫喝するシーンです。 私でも同じ事をいうでしょう。 朝倉は実は京子と海外にいくつもりだったはず。 京子は知っていて朝倉を刺したはずです。 ”ああいった男に惚れると恐ろしい不幸が待っている”という言葉そのもの。 いつかは自分も恐ろしい目にあうと予感して朝倉を刺したのでしょう。 それで正解だったのか、、、、  間違えなく京子は一緒に外国に行けると思っていました。  でも、、、 松田さんは故人。 大藪さんも故人。 これ以上の大作は作られないでしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
デジタルリマスターの廉価版ということで買い
求めました。

それはもう強引なストーリー展開と、荒削りで
古風なアクションシーンを楽しもうと再見!

朝倉がどんなに無茶をしても、事態はどんどん
思い通りに展開し、重機関銃だろうと拳銃だろ
うとどんなに撃っても絶対当たらないわけです
が、そんなお約束は別にして、今回改めて観て
風吹ジュン演じる京子が、終盤、朝倉の命取り
になるくだりが印象に残りました。

野望を遂げて空虚になった朝倉の心の隙間を、
ただ利用しただけだったはずの京子が埋めてい
くのに、当の京子がそれに気付かず悲劇が進行
するなんていう細かい心理描写が、全体に荒削
りなこの作品に似合わず、意外に丁寧にされて
いたことに、昔は気付きませんでした。

それにしても封切り当時は嫌悪さえ感じたギラ
ギラ感が今やなんだか懐かしく、松田優作の時
代は遠くなったのだと、見終わった後、妙に寂
しくなりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック