通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
藩校早春賦 (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

藩校早春賦 (集英社文庫) 文庫 – 2002/7

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 823
¥ 823 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 藩校早春賦 (集英社文庫)
  • +
  • 夏雲あがれ(下) (集英社文庫)
  • +
  • 夏雲あがれ(上) (集英社文庫)
総額: ¥2,171
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

時は江戸後期。東海の小藩が設立した藩校を舞台に、厳しい階級社会の中で、権力闘争や陰謀に巻き込まれながらも、友情を育む3人の少年武士たちの成長を描く青春時代小説。 (解説・井家上隆幸)

内容(「BOOK」データベースより)

時は江戸時代後期、泰平の世の黄昏。東海のとある小藩に藩校が設立されることになった。その学校の剣術教授方を決するために、藩を代表する二つの道場の門弟たちが御前仕合にのぞむのだが…。藩校を舞台に、厳しい階級社会の中で権力闘争や陰謀に巻き込まれながらも、あつい友情を育む三人の少年剣士たちの成長をさわやかに描く青春時代小説の傑作。どんな時代にも、輝く少年たちがいた―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 440ページ
  • 出版社: 集英社 (2002/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087474658
  • ISBN-13: 978-4087474657
  • 発売日: 2002/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 642,592位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
とっても爽やかで明るい作品だ。
作者名からして固いイメージがあったがとんでもなかった(笑)
清々しい青春小説の佳作と言えそうです。
舞台は東海地方の某藩、藩校の建設から始まって厳しい階級社会の中でもまれて成長して行く3人の姿がとっても印象的である。
3人(新吾・太郎佐衛門・仙之助)をいろんなエピソードを交えて描いている。
3人とも階級や性格が違っていてそれが作品の中で上手く生かされている点は見逃せない。
御家騒動や、恋心を抱くシーン、あるいは剣客シーンなど読みどころ一杯過ぎて困ってしまいます(笑)
まっすぐに生きている3人はもちろんのこと、脇を固める登場人物もバラエティに富んでいて素晴らしく特に真吾の隣に住む志保との恋模様が続編(『夏雲あがれ』!)以降どう展開されるかとっても楽しみとなりました。
“正義の素晴らしさを教えてくれる1冊”と言えそうです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宮本輝の『青が散る』や佐藤多佳子『しゃべれどもしゃべれども』、
村上春樹の『風の歌を聴け』『ノルウェイの森』、
村上龍の『69』、金城一紀の『GO』といった青春小説が好きなのだけど、
石田衣良の『池袋ウエストゲートパーク』をおもしろく読んでいた時に、
ふとその限界を感じてしまったときがありました。

青春小説では青春小説ゆえに若者ならではのまっすぐな感じや、瑞々しさ、不完全さを描くのだけど、
現代を舞台にすると彼らがまっすぐであるための目的を持たせるのが難しいと思ったのです。

だからどちらかというと『青が散る』や『風の歌を聴け 』『69』は
若者特有のもやもやした感じがメインでした。

そして、『しゃべれどもしゃべれども』や『GO』は目的は持っているのだけど、
主人公がもつ特異性(落語や在日というアイデンティティ)があって成立する青春でした。

ぼくは上に挙げた本は全部大好きだし、どれも愛しているのだけど、
もっと普通の若者が生きていく青春小説を読みたいと思ったのです。

そんなときに出会ったのが宮本昌孝さんの『藩校早春賦 』(集英社文庫) でした。

『藩校早春賦 』はスーパーヒー
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「夏雲あがれ」の前編。新吾・太郎左・仙之助の出会いに始まり,藩校での日常生活から大人たちの権力闘争に至るまで,16-7歳の少年たちの視点で描きます。連作短編ということもあり,主人公とその周辺を知るエピソードが随所に詰まっています。サブタイトルはすべて論語の一節から。この物語らしさが出ています。

藩校でのシーンを3人の個性に合わせて切り取った「幸いにして免るるなり」が一番笑えるかな。ほかにも,枕絵鑑賞をめぐる新吾と太郎左の約束とか,幼なじみの女の子と神社の境内で抱き合う夢を見て,朝起きてみると下帯が・・・など,江戸時代でも高校生年代の生活は変わらんのだなあ〜と思わせてくれます。

最後の一話だけ他の3倍もページ数があり異質ですが,その分スケールの大きい話になっていて,物語の背景はそのまま「夏雲」に引き継がれます。両方とも未読という方は,是非こちらから。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 NHKで現在放映されている時代劇「夏雲あがれ」が、思いの外よい出来で、原作を読みたいと探していました。
 直接の原作は同名の著作ですが、その前作がこの「藩校早春賦」です。
 大きくは話の流れもあって時系列になっていますが、各章それぞれで読み切りとも感じます。
 藩校の剣術所教授方を決める御前仕合を描いた「学びて時にこれを習う」をはじめ、続刊の「夏雲あがれ」で触れられるエピソードも多く、先にこちらを一読しておくと、より楽しめます。
 主人公・筧新吾の性格そのままに、ストーリーも、さわやかに青春の旅路を駆け抜けていきます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「藩校早春賦」題名に誘われて買いました。若いころの友情物語で普通の本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック