中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

藤田伸二の男ラム (競馬王新書33) 新書 – 2010/6/18

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

雑誌『競馬王』にて連載された「藤田伸二の男ラム」がついに書籍化!
日本のトップジョッキーである藤田伸二騎手が、毎号、思いのたけをオリジナルの「男・原稿用紙」に綴った「男ラム」。競馬界の“兄貴”と称される藤田騎手だからこそ書ける本音、真実が満載で、評判を呼びました。
本書では20本のコラムに加えて、当時からの心境の変化などを書き下ろした「その後の話」を追加。
さらに新書版特別企画として、お笑い界随一の競馬通、カンニング竹山さんとの“キレキャラ”対談を特別収録しています。
巻頭口絵では、札幌ドームでの始球式、ご自宅でのインタビュー風景など、編集部の秘蔵写真を一挙公開。
初めて読む方はもちろん、連載時から読まれていた方にも楽しめる一冊に仕上がっています。

内容(「BOOK」データベースより)

2006年4月号から2010年3月号までの『男ラム』を完全収録。趣味の話は?あの騎手のマル秘エピソードは?書き下ろし『その後の話』。特別収録・カンニング竹山氏との爆笑「キレキャラ」対談。G1制覇、札幌ドーム始球式、ばんえい競馬挑戦他、秘蔵写真コレクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 189ページ
  • 出版社: 白夜書房 (2010/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861916437
  • ISBN-13: 978-4861916434
  • 発売日: 2010/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 673,832位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
競馬村の様子から、騎手同士の話や競馬界についての考えなど、批判を恐れすに色々と書かれています。
裁定員への批判や三浦騎手についてなど大丈夫か?というくらいに書いております。やはり競馬を楽しむ以上、騎手の素顔が見えてくれば馬券ではなくとも騎手を応援できるし、レース自体を楽しく見ることもできるようになります。騎手の内輪の話もファンを楽しませてくれます。馬券には役に立つ本ではありませんが、競馬を楽しむならおすすめです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
藤田騎手のファンでこれを読んでますます、ファンになりました。本音を語っていて、こんな話ししてもOKなの?という章もあります。また、知らなかった騎手のことや競馬界の話など読んでいてそうなのかと引き込まれました。荒っぽい印象の騎手ですが本当は誰よりも競馬界を愛する騎手です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 reisei VINE メンバー 投稿日 2010/6/18
形式: 新書
数年前から雑誌に連載していたものをまとめたものですが、この手の本は「じゃ編集ヨロシク」で済まされてしまうものが多いのに、ちゃんと加筆されています。各コラムの後に今の藤田Jのコメントが追加され、巻末には対談も。さらに各コラムの判りにくい所には注釈が打ってあります。騎手としての信念を感じさせる文章の中に、ブログでもお馴染みの騎手仲間との楽しい内輪ネタが満載で面白くて一気に読みました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
JRAジョッキー、藤田伸二騎手が雑誌「競馬王」に掲載したコラムをまとめたものです。

まとめた、といっても、本人による「後日談」や連載にはなかった対談が盛り込まれています。
こうした趣向も本人の意志らしく、藤田騎手のファンサービス精神が表れていますよね。

もちろん内容はべらぼうに面白いです。
恒例の(?)騎手たちのエピソード暴露から、JRAの裁定委員批判まで、
硬軟清濁合わさった、これこそ歯に衣着せぬコラムだと思います。
これほど思ったことを言えるのも、騎手としてフェアプレー賞を何度も受賞しているように、
「大事なことは間違っていない」という本人の強烈な自負があってこそだと思います。

特にこの一冊では、付き合ってきた人たちを大切にする男・藤田の仁義に触れられます。
競馬はちょっと…という方にも、ぜひ読んでみていただきたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nami07 投稿日 2013/9/14
形式: 新書 Amazonで購入
単純に面白いです。ただ、この本が出てからさらに騎乗回数が減ったように思われます。大丈夫か?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック