通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
薬師寺の向こう側―南船北馬の王権興亡 (幻想史学「... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 帯あります。非常に綺麗な本です。丁寧に梱包してすぐに発送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

薬師寺の向こう側―南船北馬の王権興亡 (幻想史学「向こう側シリーズ」) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/20

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/10/20
¥1,760
¥1,760 ¥1,200
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

壬申の乱は倭国再興を目指す天武と日本国の創出を賭けた近江朝の戦いだった。勝利した天武は飛鳥の藤原京の造営を九州の名刹の移建・移座をもってはかった。血塗られた変事を伝える『吉山旧記』と、九州・薬師寺の礎石断片の柱石跡が飛鳥の薬師寺の東塔の96cmに重なる、画期的な幻想史学の成果をついに刊行!!

著者について

室伏志畔(むろぶし・しはん)。本名、柏井康之(かしい・やすゆき)、1943年4月20日生まれ。父・柏井定雄と母・美千子の次男坊で、大阪は天満に生まれの姫松育ち。関西学院大学法学部法律学科を卒業。泉州の二交替勤務にある織物業にあった中卒女子生徒を対象とする定時制高校に三〇余年勤務。書き下ろしの『伊勢神宮の向こう側』を1997年に上梓以来、古代史を中心に実証史学に対する幻想史学を提唱。「越境としての古代」、「奪回・古代研究」を主宰し、「大和から疑え」を旗印に批評活動を展開。現在、「奪回・古代研究」を年6回発刊。連絡先は下記。 連絡先 586-0073 河内長野市大矢船西町3-1-201 電話 0721-63-7672 メール・アドレス nansen@ares.eonet.ne.jp 1著書 『伊勢神宮の向こう側』(1997 三一書房) 『法隆寺の向こう側』(1998 三一書房) 『大和の向こう側』(1999 五月書房) 『白村江の戦いと大東亜戦争』(2001 同時代社) 『万葉集の向こう側』(2002 五月書房) 『日本古代史の南船北馬』(2002年 同時代社) 『王権論の向こう側』(2003 同時代社) 『方法としての吉本隆明―大和から疑え』(2008 響文社) 『筑豊の黙示―〈非知〉への凝視』(2009 深夜叢書社) 『織姫たちの学校』(2012 不知火書房) 『誰が古代史を殺したか』(2014 世界書院) 2共著 『「磐井の乱」とは何か』(2003年 同時代社) 『和姓に井真成を奪回せよ』(2005年 同時代社) 「越境としての古代」1号~8号(2003年~2010年 同時代社) 3編集誌 「九州王朝の現在」(「季刊唯物論研究」87号、藤田友治・室伏志畔共同編集2004.2) 「特集 吉本隆明」(「季刊唯物論研究」99号、添田馨・室伏志畔共同編集2007.2)

登録情報

  • 発売日 : 2015/10/20
  • 単行本(ソフトカバー) : 240ページ
  • ISBN-10 : 4877991131
  • ISBN-13 : 978-4877991135
  • 商品の寸法 : 18.8 x 12.8 x 1.5 cm
  • 出版社 : 響文社 (2015/10/20)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価