中古品
¥ 100
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【ご案内】ご覧頂きありがとうございます★中古品のため表紙に小さなスレ・ヨレ等の使用感はございますが、紙面の状態は良好となっております★AMAZON専用在庫のため欠品はございません★★当店では【女性スタッフが一つ一つ丁寧に検品・クリーニング】を致しております★梱包はクリスタルパックと茶封筒の【防水2重梱包】して発送致します★帯・付属品・特典等は付属する場合のみ、記載致します★ゆうメール発送のため追跡番号はございません。また【ポスト投函】 【日時指定・追跡不可】となります★日曜と祝日は郵便局の配達が休みのため届きません★複数ご注文頂いた場合は封筒を複数に分けて発送する場合がございます★商品到着予定は【日本郵便ホームページお届け日数を調べる】よりご確認頂けます★複数購入での送料割引はございません。★領収書は注文履歴ページよりダウンロード頂けます★当店の定休日は日曜日となっております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

薫の秘話 (ビームコミックス) (BEAM COMIX) コミック – 2010/4/24

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,115
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 100

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 232ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2010/4/24)
  • ISBN-10: 4047264687
  • ISBN-13: 978-4047264687
  • 発売日: 2010/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
SPA!連載『秘密の花園結社リスペクター』で注目され、ニュース23でも取り上げられた松田洋子のデビュー作。
口ばかり達者なパラサイトシングル無職中年「薫」とその母「ちね」の生活を描きながら、世を斜めに斬りまくっています。
『リスペクター』の原点は、ここにあり!
このマンガの好き嫌いは、キッパリ割れるようです。
「ひねくれ者」「理屈っぽい」と言われる人は文句なくハマれるはず。また、外面はいいけれど、心の中ではいつもブラックなことを考えている人も、ついついニヤニヤしながら読んでしまうのでは。
モーニングKC版は、各方面に配慮し(笑)、モーニング掲載の原稿から一部セリフを書き換えてありましたが、この河出書房新社版は、モーニング連載時のまま収録されているようです。やってくれますね、河出書房新社。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
よりぬき版です(2回言う)。
書店で買ったのですが、タイトルには表記されておらず、帯のうしろに記載されていました。

本来の、全22話からよりぬいた12話と、描き下ろしが8ページあります。
各単行本のおまけページはほぼカットされています。
漫画の面白さは言うまでも無いのですが、
各話のタイトルに無駄に1ページ使う(そしてその裏は真っ白)という水増し感があります。
いや河出版もそうだったけど、このサイズでこれは…
装丁の白い文字の加工(なんかつるつるしてる)に200円かかったんですか?
漫画の面白さは言うまでも無いのですが(また2回言う)、
固定ファンのついている作家さんなだけにこの値段でこの内容が残念です。
それとも、固定ファンが買うだろうからこの値段なんだろうか。

個人的には河出書房新社が出した方をおすすめします。
全話載ってるし、おまけのページも、デビュー作も載ってるし。
あ、でもあれ2000年に出たんだった…

描き下ろしだけが目当てならオススメ

漫画の内容自体は☆☆☆☆☆
編集ふざけんなで☆1つ減

あ、内容がよくわからない?
こんな私みたいなネチネチした性格のおっさんが主人公です
ちなみに薫さんはデブでハゲでホモなニートです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「ママゴト」で、松田洋子という、なんとも不思議な作者を知ったんだけど。。。本作品の登場人物は、超冴えない小太り中年の薫と、薫にほぼ寄生されていると言える初老の母だけというプロット(ママゴトでは、ママと子供だけだったけどね)。
この二人の会話がムチャクチャに面白い。母の独り言、薫の繰り言がこれまたむちゃくちゃにおもしろい。
ま、明るく面白いのではなく、ブラックに、という意味なんだけど。えーっと、非常にブラック。

この、世を嫉む薫の世界、にはまってはいかんと思いつつはまってしまう。
この毒の世界が何とも面白い。自虐の世界とも言えるのかしら。
画質というか絵の調子というかは、必ずにも万人に受ける作品ではないと思うんだけど、得難い得難い作家だとおもう。
薫の続編が読みたいよお。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
モーニング連載時に毎週楽しく読んでいた。「修正前完全復刻」ということで、久しぶり(8年振り!?)に読んだが、全く古くなっていないのにまず驚いた。
とにかく「ツッコミ」の「鋭さ」「スピード」「量」が半端ではない。脚本化して、南海キャンディーズに漫才でやってほしいと本気で思ったほど。実際に「使える」言い回し満載だ。
この漫画が苦手な人は、「笑いどころ」に「選民意識」を感じ取るのではないだろうか。でも、主人公の「薫」は「ツッコミ役」もやるが、同じくらいの頻度で、「ツッコマレ役」にもなる。薫を「ハゲ・チビ・デブ」という風貌にした点など、作者の絶妙なバランス感覚を感じる。
連載当時に、「ナンシー関っぽいな」と思っていたが、読み返して再びその思いを強くした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公はハゲでチビでデブでホモの中年男。シリアスなドラマになりにくいこのキャラクターは、当然社会とも折り合いがつくわけなく、向き合うもの全てに毒を吐きまくります。そのスタイルは悪意が満ちていてでも知的で、どこかいくじがなくて最高に笑えます。社会的な弱者が言葉の力で世間に反撃を試みるものの、結局は果たされない。その残酷さがこの作品をクールで大人っぽいものにしています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック