通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
薔薇の誕生 (SHYノベルス289) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

薔薇の誕生 (SHYノベルス289) 新書 – 2012/6/28

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 219

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 薔薇の誕生 (SHYノベルス289)
  • +
  • 薔薇の守護 (SHYノベルス278)
  • +
  • 薔薇の奪還 (SHYノベルス)
総額: ¥2,787
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

薔薇シリーズ、クライマックス!!
愛してる、俺の薔薇騎士・・・

薔薇騎士団の総帥であり、唯一の薔薇騎士である啓は、
金髪の守護者レヴィンと、赤髪の守護者ラウルのふたりに守られながら、
不死者の始祖で初代薔薇騎士でもあるアダムと死闘を繰り広げていた。
時間が経つほどに闘いは悲惨になり、
誰もが、啓やレヴィンでさえもが傷ついていた。
そんな中、啓はある真実に気づき始めて・・・
不死者となりレヴィンとともに生きていくのか、
人間としてラウルとともに生きていくのか・・・薔薇騎士と守護者。
逆らうことのできない運命の結末は?
【薔薇シリーズ】
薔薇騎士と守護者。運命で結ばれた男たちの物語。
1)薔薇の刻印
2)薔薇の血族
3)薔薇の陰謀
4)薔薇の奪還
5)薔薇の守護
6)薔薇の誕生

内容(「BOOK」データベースより)

薔薇騎士団の総帥であり、唯一の薔薇騎士である啓は、金髪の守護者レヴィンと、赤髪の守護者ラウルのふたりに守られながら、不死者の始祖で初代薔薇騎士でもあるアダムと死闘を繰り広げていた。時間が経つほどに闘いは悲惨になり、誰もが、啓やレヴィンでさえもが傷ついていた。そんななか、啓はある真実に気づき始めて…不死者となりレヴィンとともに生きていくのか、人間としてラウルとともに生きていくのか―薔薇騎士と守護者。逆らうことのできない運命の結末は?


登録情報

  • 新書: 268ページ
  • 出版社: 大洋図書 (2012/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4813012574
  • ISBN-13: 978-4813012573
  • 発売日: 2012/6/28
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,870位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
正直、この巻で完結という実感が無く、いつも通り予約して
読み始めたら、途中から「あれっ?もしかして…これで終わりか?」
…それ程までに「次がある」と信じてしまえるくらい、この数年、
身内のように間近にあったボーイズラブ小説作品でした。

とにかくこの一冊で完結ですので、もしまかり間違って
全く未読でこちらのレビューに迷い込んでしまった方、
もしくは「完結した作品だけれど…一括購入どうしよう…」と
お困りの方には、まずは「薔薇の刻印」評価から順に読んで頂き、
そのうえでご考慮してはどうかなと思います。
ただ私が個人的に断言出来ることは、初巻「刻印」を
読んでしまったら、「何故一気に買わなかったのだろう…」と
後悔する可能性大と言うことです。

最終巻にあたり、シリーズ最初で啓を愛しながら死んでいった
スコットや昇についてしっかりラストで描写してくれたことが嬉しく、
そして何より「あの人」が最後にどちらの身内を選んだのか…考えさせられます。
この小説の根底のテーマは、もしかしたら「家族」ではないか、
一つ屋根の下に暮らす人達とは、血の繋がりなんて無関係なのではないか…と。
その証拠に、主人公啓はたく
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 びび 投稿日 2012/7/1
形式: 新書
6冊という長編でしたが、ずっと楽しめました。

感情移入しすぎて、啓はどっちと結ばれるのか?や、敵とのスリリングな展開にハラハラさせてもらいました。
レヴィンとラウル、二人の守護者は全く違うタイプの者でありながら、それぞれの欠点や魅力があって、物語が進むにつれて
読者である私も、啓のようにどんどん二人の好きになっていました。
二人の間を揺れながらも、二人に猛烈に愛されて啓は成長できたし、レヴィンもラウルもぶつかり合いながらも絆を深めていったのだと思えます。
これはそんな愛の物語です。
そーいう話が苦手な方はなぜ、最終巻まで読んでしまったのでしょう。謎。
イラストは半ばの巻で不安になったこともありましたが、さすがは奈良さん、最終巻最初から文字通り最後まで美しかったです。
私的には裏表紙の二人が好きです。本当によかった。
『薔薇の誕生』の意味がわかった時は胸が震えました。

最後まで読むことができて本当によかったと思えた作品です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
終わってしまいましたね(T_T)急ぎ足になってしまった感はありますが、続き物ですから本当に楽しませていたたいたので☆5つです文句なしで♪勝てそうもない無敵キャラクターのアダムとの戦いに挑んでボロボロになる薔薇騎士と守護者二人。ついに決着を迎えました!ケイはこのあと不死者の血も引いてるので寿命が長いでしょうから、ラウル→レヴィンと順番に長い人生を幸せに暮らすことでしょう…と勝手に想像。最終巻だしレビューを書くつもりはなかったですけど、この作品が好きな人は変態扱いされたままじゃね☆どれも重要なシーンでしょ!なにいってんの?全く(*^.^*)
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
全部読んでの感想です。
こんだけ巻を重ねてこんなもんか、と正直がっかりでした。
全般性に内容がうすっぺらくて、萌えはある程度そこそこ、燃えが少ない。
三冊位でちょうど良いくらいじゃないのかなあ?
ラストもいまいち、あとはイラスト見て察しろなのかもですが、そこは文章で読ませて欲しかった。
そして、イラストの劣化がひどすぎて無くても良いレベル。
個人的に夜光花さんは、ちょっと厚めの一冊完結で当たりが多い気がします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
毎回、はじめに手紙とか告白があって、読み終わるとなるほどと唸らざるをえない作りの上手さは、見事でした。

壮大な世界観、夜光花先生に代表作BLだというのは間違いなし!奈良さんの挿絵も熟読した愛あふれたものでした。最後にサンダーJr.がこけてるのが、お気に入りでした。

最後はラウルかレビィンかとあおり文句までありながら、あ〜そうきたかという感じ。結局ハッピーエンドか。

ラウルファンは多いが、はじめからの登場だし、啓に最期をと願ってたレビィンが最後に持って行ってしまいましたね? でも、祝福された鞭も海水もレビィンを灰にできないから、たぶん無理だった気がします?
ある意味、啓の最後のお願いは酷いわ。回避されたからいいものの! 結局、マリアがカッコ良かったですね。(●^ー^●)啓は成長したとは思うが、情けないとこがあって、それが人間味があっていいんでしょうね。

ちょっと終わりにむけてバタバタ早すぎた感が否めないから★ひとつ減。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック