薔薇の名前 特別版 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

薔薇の名前 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り8点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 617より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 薔薇の名前 特別版 [DVD]
  • +
  • 薔薇の名前〈上〉
  • +
  • 薔薇の名前〈下〉
総額: ¥5,895
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ショーン・コネリー, クリスチャン・スレーター, F・マーレイ・エイブラハム
  • 監督: ジャン=ジャック・アノー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/07/14
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003KK0MPA
  • EAN: 4988135812254
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,922位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


中世のイタリアの修道院で巻き起こる謎の連続殺人事件・・・
ショーン・コネリー&クリスチャン・スレーター主演!


宗教裁判が激化している中世のヨーロッパで、イタリアの修道院での会議にイギリスの修道士ウィリアム(ショーン・コネリー)と、見習いのアドソ(クリスチャン・スレーター)が参加していた。そこで不審な死を遂げた若い修道士の死の真相解明を任された二人が謎を探るうちに、再び殺人事件が発生する・・・。『セブン・イヤーズ・イン・チベット』の名匠ジャン=ジャック・アノー監督による、中世の雰囲気を存分に醸し出す、謎に充ちたゴシック・サスペンスの傑作!


【映像特典】
1. ドキュメンタリー:ウンベルト・エーコの薔薇の名前 (約43分)
2. ジャン・ジャック・アノーのビデオ・ジャーニー (約16分)
3. オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『スターリングラード』のジャン=ジャック・アノー監督によるサスペンス。修道士・ウィリアムと見習い・アドソのふたりが、不審な死を遂げた若い修道士の死の真相究明に乗り出す。“WARNER THE BEST \1,500”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/3/29
映画は、ジャン=ジャック・アノー監督で1986年9月24日にリリースされている。ご存じの方も多いと思うが『バスカヴィル』のウイリアムをショーン・コネリーが演じている。頭の中のイメージとピッタリだ。

それ以外のキャストも充実している。弟子アドソには若き日のクリスチャン・スレーター。異端者サルヴァトーレには実際は身長が190cm近い怪優ロン・パールマン。盲目の師ブルコスのホルヘにはロシアの俳優フェオドール・シャリアピン・ジュニア(この人のお父さんであるフェオドール・シャリアピンはバスの有名なオペラ俳優だ)。ウイリアムと敵対する異端審問官ベルナール・ギーにはF・マーリー・エイブラハム(この人はご存じの方も多いだろうが、『アマデウス』での音楽家アントニオ・サリエリ役で、アカデミー主演男優賞を獲得(1984年)した直後の出演だ)。そしてこのストーリー全体の鍵を握る農民の少女にはチリの女優ヴァレンティナ・ヴァルガスと、凝りに凝った布陣である。

そして実際に観だすと頭の中に構築されていた『薔薇の名前』の世界が見事に映像となっているのに嬉しくなった。特に興味深く観たのが迷宮図書館だ。ここをどう表現するかは原著を読んだ誰しもが思うことではないだろうか。

さらに感心したのが原作とのラストの違いである。見事な脚色で、恐れを知らずに言わせて
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
優れた映画作品には人の魂に訴えるものがありますが、この作品もまた然りです。

全編を通して中世ヨーロッパの持つ重たくて湿った空気が満ちています。
その修道院の中で起きる殺人事件。これだけであればただ暗いミステリーなのかも知れませんが、
ショーン・コネリーから滲み出る包容力と新人のクリスチャンスレーダーの清々しさはこの作品のスパイスとなり引き付けられます。

また羊皮紙本などの小道具も時間とお金をかけて手抜きなく作られており、そういう製作者の思い入れが作品に込められて
いるように感じました。
中世ヨーロッパでは修道院が現在の図書館と大学の代わりを担っていた部分があり、北は北欧や南は北アフリカからも
学びのために修道僧が集っていたそうで、それは出演者の顔ぶれからも伺い知ることができました。

個人的にショーン・コネリーは好きな俳優ですが、彼の持ち味が十二分に出ている秀作だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
イタリアの記号論の覇者ウンベルト・エーコのデビュー作を見事に映画化したもの。
たったひとりの女性を除いて、登場するのはすべて男性それも修道士、中世北イタリアの山深く雪に閉ざされた修道院内で起こる殺人事件。ショーンコネリー扮する英国人修道士ウィリアムは、会議で訪れたその修道院での事件の捜査を依頼され、見習い修練士である弟子とともに謎解きに挑むことになる・・・原作のエッセンスを抽出した演出(原作にすべて忠実ではない)、美術、ロケ地など一見の価値がある。とくに中世・修道院・人々の価値観、キリスト教の矛盾など、高度な原作の知識を持たなくてもすんなり理解して愉しむことができる。
鑑賞後は中世修道院通になれること必至。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作を読んだのは、
もういつのことだったか…

なんとなく原作のイメージを損ないそうで、
映画を観るのは控えてきたが、
今回はじめて観た。

よく作り込んであるなあ、
と感心しながら観た。
だが、思ったよりも軽かった。

原作の、神学的なややこしいのは、
とりあえず、えいやで片づけて、
探偵物語の面白さにポイントをあてたのは、
映画ならそう作るしかないからだろうが、
そのおかげで、娯楽作品として、
面白く観られた。

軽くして、正解。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Loch Ness Monster トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/5
北イタリアの修道院、フランシスコ会とアヴィニョン教皇庁のあいだの論争を収める会議が開かれようとしていたが、なぜか写本を行う修道士が次々に不審な死を遂げてゆく。そんななか、ショーン・コネリー扮するウィリアム修道士は修道院の図書館に何か秘密があると、図書館へと忍び込むが・・・。
中世の修道院を舞台とする推理物で、緊張感のあるドラマが展開されます。修道院のセットなど映画の雰囲気も非常に良い。もちろん、ショーン・コネリーがとても良い味を出しています。
最後のあたり、焼ける図書館から本を持ち出す場面があるんですが、いや、あの気持ち凄く分かります。現在名前だけが知られる本が山のようにあるんですが、ああいう風に失われたんだろうなぁと思いました。映画なんですが、ああ、もったいない。
最初から最後まで緊張感のある非常に良い映画です。オススメです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック