中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu8168_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蔭の棲みか 単行本 – 2000/2

5つ星のうち 2.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 61,435 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第122回(平成11年度下半期) 芥川賞受賞

内容紹介

ソバン翁の右手首は、戦争で吹き飛ばされた。朝鮮人の元軍人が補償を求めて提訴したことを知り、過去が蘇る。芥川賞受賞作を収録

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2000/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163190201
  • ISBN-13: 978-4163190204
  • 発売日: 2000/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 814,905位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
良く言えば独特の、悪く言えば読み難い文章で綴られる『蔭の棲みか』。

人間の心に巣くう暗黒を率直に描いたものかな、という感じを受けました。

主要なキャラクターが在日朝鮮人なので、自動的に何か重苦しいモノを背負っています。日本人の読者が読む分には、共感することまではできても、感情移入は難しいかな、と思いました。

ストーリーの展開は、複雑という訳ではないのですが、迷路みたいで、あまり飲み込めませんでした。ある意味、迷路のような集落、という物語の舞台の雰囲気をうにょうにょと現出しているようです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
良く言えば独特の、悪く言えば読み難い文章で綴られる『蔭の棲みか』。
人間の心に巣くう暗黒を率直に描いたものかな、という感じを受けました。
主要なキャラクターが在日朝鮮人なので、自動的に何か重苦しいモノを背負っています。日本人の読者が読む分には、共感することまではできても、感情移入は難しいかな、と思いました。
ストーリーの展開は、複雑という訳ではないのですが、迷路みたいで、あまり飲み込めませんでした。ある意味、迷路のような集落、という物語の舞台の雰囲気をうにょうにょと現出しているようです。
むしろ『おっぱい』の方が面白かったです。文章は相変わらずヨミニク路線ですが。日本人と在日朝鮮人の間の溝、健常者と障害者の間の溝を、重苦しくなり過ぎずにゆったりとたゆたうように描いています。でも一番深い溝はセックスレスの夫婦ですかね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 エゴンシーレの表紙に導かれて、この書を読む。

在日の生活、ベトナム戦争当時の彼らの反応、興味を覚えて、読み進めたが、興味が持続したのは最初の十数ページたけで、そこからはペースダウン。内面描写に入っていかず、もどかしさを覚えるのみであった。

表層に文章が流れてしまっているように感じられる。せっかくの面白い題材なのに残念である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作者は、在日朝鮮人。関西が物語の舞台。主人公ソバンと集落との物語。主人公はその集落の誕生からの歴史を見守る生証人として、その枯れた存在感が作品を重くしている。
盲目の主人公祐司、由子夫婦と盲目の少女美花、康先生親子をとおして在日韓国人の世界を描く「おっぱい」。
望、キム、繭子をとおして死と生と更正をとおして在日韓国人をえがく「舞台役者の孤独」を収録。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とにかく文章が古臭くて読みづらい。まるで同人誌で読むような垢抜けない文体で、これが本当に村上春樹以降に書かれた日本の小説なのかと疑ってしまう。そして、語られる話は場末の酒場で酔っぱらい親父が喋っているような、ほとんど新鮮味のない話。明治や大正時代の自然主義小説へのオマージュとして読むなら、そんな読者層はあるだろうと納得できるが、新しい才能を発掘するための芥川賞がいまさらどうしてこの作品に贈られたのか、疑問を感じざるを得ない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告