蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗 - (ワニブックスPLUS新書)


価格: 
 
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた? - 初の女性首相候補、ネット世論で分かれた明暗 - (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • 蓮舫「二重国籍」のデタラメ
総額: ¥2,150
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

2016年、蓮舫氏の代表就任で勢いづくはずだった民進党は、同氏の二重国籍問題発覚で代表選に波紋を起こし、政局シナリオに大きな影響を与えた。最初に提起したのは、新聞でもなく、週刊誌でもなく、言論サイト「アゴラ」。マスコミの腰が重い中、八幡和郎、池田信夫両氏ら専門家の分析力とネット民の調査力とのハイブリッドで蓮舫氏を追い詰め、ついに二重国籍を認めさせた。一方、この年の東京都知事選で、無党派層から300万票近い支持を集めた小池百合子氏の当選の影でも、ネットメディアを起点にした世論の影響を感じさせた。
もはや、政治家もマスコミも大企業も無視できなくなったネット世論の現場で、何が起きているのか? 蓮舫氏と小池氏の2人はなぜ明暗を分けたのか? マスメディアが主役だった時代と「世論ゲーム」はどう変わったのか? “取材側"と“インサイダー"の経験を持つ著者が、「ゲームチェンジ」の実態について、“既存メディア"と“ネットメディア"双方の視点から綴る。

内容(「BOOK」データベースより)

ネット時代の劇場型政治により、都民のみならず国民の大きな支持を得た小池百合子都知事。一方、ネットの言論サイト『アゴラ』とネット民により二枚舌を暴かれた、民進党の蓮舫代表。もはや政治家もマスコミも大企業も無視できなくなったネット世論の現場で今、一体何が起きているのか?マスメディアが主役だった時代と比べ、「世論ゲーム」はどう変わったのか?“取材側”と“インサイダー”の経験を持つ著者が、多角的な視点から綴る意欲作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 207ページ
  • 出版社: ワニブックス (2016/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847065808
  • ISBN-13: 978-4847065804
  • 発売日: 2016/12/8
  • 梱包サイズ: 17 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 494,938位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2016年12月11日
形式: 新書|Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト100レビュアー
2016年12月14日
形式: 新書
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年4月18日
形式: 新書
2017年3月20日
形式: Kindle版|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年12月14日
形式: 新書
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年12月18日
形式: 新書
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年5月30日
形式: 新書
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年12月18日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー