通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蓮舫「二重国籍」のデタラメ がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蓮舫「二重国籍」のデタラメ 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/21

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
¥ 1,200 ¥ 697

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蓮舫「二重国籍」のデタラメ
  • +
  • 世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)
総額: ¥2,129
ポイントの合計: 128pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

緊急出版! 月刊Hanada双書第3弾!!

民進党・蓮舫代表の二重国籍疑惑の本当の問題とは?
最初に問題を提起した著者が事件の経緯について
詳細に説明するとともに、
政治家としての資質や責任を問うた注目の書!

・蓮舫が二重国籍を知らなかったはずがない根拠
・戸籍を公開しないので、二重国籍を解消したかも不明
・「金スマ」で家族のプライバシーを公開して炎上
・「二重国籍議員はほかにもいる」
・蓮舫はダルビッシュ投手を見習え ……etc.

内容(「BOOK」データベースより)

結局、何が問題なのか?2016年夏に突如、表面化―。民進党・蓮舫代表の二重国籍疑惑について、“告発者”が一部始終を明かし、その深い闇を暴く!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 飛鳥新社 (2016/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864105340
  • ISBN-13: 978-4864105347
  • 発売日: 2016/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,953位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
蓮舫さんはテレビ番組で夫をペット以下扱いと公言しましたが、これが男性政治家の発言だったらどうなるでしょう?

男性政治家が妻をペット以下扱いしたら非難囂々でしょうし、そんな場合は蓮舫のような女性が弾劾の急先鋒になるでしょう。

にもかかわらず、蓮舫は女性政治家であれば、配偶者をバカにすることが許されると思い込んでいる。
男性が女性を侮辱するのは許されないのに、女性は男性を侮辱して許されていると考えている時点で、蓮舫は、おかしい。
彼女は女性であることに甘え、女性であることが特権であると思い込んでいる。

男性を虐げる女、男性を見下す女が強い女と思い込んでいる蓮舫の姿は、はっきり言って醜悪です。
コメント 186人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者の八幡さんは通産省を退官後、大学教授を務めるとともに、作家評論家としてご活躍。「歴代総理の通信簿」などを書いている。今年、レンホウ議員の二重国籍問題を、まっさきに指摘したのは、この八幡さんであった。本書には、これを指摘するに至った経緯、そして、それに対してレンホウ自身がどう応えてきたか、大手メディアの対応などその詳細が如実に記されており、実に興味深い!始めのうち、大手メディアは産経以外この問題を黙殺していたが、八幡さんの記事を載せた「アゴラ」とネットの民の声を無視しきれず、後追い取材となったのである。
しかし、新聞TV各社の取材に対してもレンホウの「生まれた時から日本人」云々の図々しい嘘、父親の手続きがああだこうだで自分はあずかり知らぬことだと言う言い逃れはそのまま!そのうち嘘がばれ一応謝罪となったものの、国民を舐めきったのらりくらりの対応は同じ民進党の山野ガソリーヌと比べても、引けを取らぬふてぶてしさだ。戸籍の公開はいまだなされていない。
朝日新聞は「二重国籍の何が悪いのか」などと言うレンホウ擁護に回り、人種差別問題にすり替えるというお得意のお家芸!レンホウが国益を担う国会議員となり二重国籍のまま大臣まで務めたことも何ら問題にならないという主張である。タレントやアーティストのような他の職業なら、二重国籍で構わないが、外務省職員さえ例外なく法律上、日本国籍が
...続きを読む ›
1 コメント 160人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まずは、最初に問題提起した著者は勿論、「アゴラ」「夕刊フジ」「産経新聞」等、国政の根幹に関わるこの大問題を拡散してくれた関係各位に改めて感謝の念を示したい。
とある市民団体や都内の男性に東京地検へ告発されてしまうという「重大事項」にまで発展したにも関わらず、いつの間にやら当の本人始め、マスゴミどもも「だんまり」を決め込む、我が国の国会議員・民進党(民主+維新)代表「村田蓮舫」の二重国籍問題。

そもそも「アイデンティティ(魂)」「二重国籍の違法性」「二転三転する(虚偽)説明」と、我が国の国会議員・もしくは後の首相候補(笑)としての「資質」を追及しているのに、案の定「差別」や「ヘイト」などと、的外れな論点のすり替えに熱心な売国奴たちの出る幕はない(モチロン、民進党そのもの含む)。
本書111ページから続くコラムは「蓮舫は国籍、アイデンティティについて、現在とはかなり異なることを述べている。」と、過去の新聞・雑誌インタビューを時系列で掲載しており、二転三転する現在の(虚偽)説明との比較ができて、実に面白い(笑)。

本書第6章や、私は他のレビューでも述べているが、とにかく出自は関係ない!日本人たる「魂」の問題なのだ!
村田蓮舫さん、日本人なんでしょ?!ならば、どうか日の丸や君が代を大事にして、伊勢神宮と靖國神社を参拝
...続きを読む ›
10 コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
こちらのレビューは、事前審査が厳しいようで、一度不採用になりました。
まさか、言論統X、言論抹X、言論封X、言論弾Xの類いではないでしょうな?
このところ、書籍自体の表現をそのまま記載しているにも関わらず、
不採用となることも多いので、
“洒落ンホウ”、“ムラ太レンホウ”とか“ちゃいな国”、“狂惨党”、“憂キャン”、
のように書き直しているので、暗号みたいになって、たいへん読みにくくなってしまうこと、
お許しください。

微力ながら八幡さん、アゴラさんを後方支援していきたいと思っております。
大爆笑できますので以下の動画にはご注目!

『レンホウ ブーメラン 動画』で、ググぐいっと検索してみてください。

本文より抜粋。
(↓ここから)
『洒落ンホウがムラ太レンホウにKO勝ち!(動画が話題に)』
その動画にあった何とも鋭い攻めに回ったときのレンホウ必殺名言をいくつか挙げておこう。
この問題発覚以来のレンホウの発言のいい加減さといかに好対照か。
まさに「ブーメランの女王」にふさわしい。

「これ随分、マヌケな話だと私思います。これは違法じゃないですか?」、
「いや、ちょっとよく
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告