通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蒼鋼の冒涜者<ブルースチール・ブラスフェマ&... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 はなひ堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付属しております。特に目立ったキズなどもなく、良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

蒼鋼の冒涜者<ブルースチール・ブラスフェマ>2 (HJ文庫) 文庫 – 2015/8/29

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 689
¥ 689 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蒼鋼の冒涜者<ブルースチール・ブラスフェマ>2 (HJ文庫)
  • +
  • 蒼鋼の冒涜者<ブルースチール・ブラスフェマ> (HJ文庫)
  • +
  • 蒼鋼の冒涜者<ブルースチール・ブラスフェマ>3 (HJ文庫)
総額: ¥2,058
ポイントの合計: 50pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新たな街で待ち受ける、新たな地神とは――
定期的にフリートラントへと襲い来る魔獣を倒し、神様が板についてきたユキナリ。
さらに住み良い街にするため、彼は隣街へと交易の相談に赴くが、そこには地神とヒトとの特殊な共生の形があった。
一方、フリートラントでは、ユキナリが留守にしている間に、新たな魔獣の影が街へと忍びよっており――。
絶好調異世界"銃×剣"バトルファンタジー第2弾!!

内容(「BOOK」データベースより)

定期的にフリートラントへと襲い来る魔獣を倒し、神様が板についてきたユキナリ。さらに住み良い街にするため、彼は隣街へと交易の相談に赴くが、そこには地神とヒトとの特殊な共生の形があった。一方、フリートラントでは、ユキナリが留守にしている間に、新たな魔獣の影が街へと忍びよっており―。絶好調異世界銃×剣バトルファンタジー第2弾!!


登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: ホビージャパン (2015/8/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798610720
  • ISBN-13: 978-4798610726
  • 発売日: 2015/8/29
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 469,690位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
タイトルからぶっしつけで申し訳ありません。
しかし、この場は単刀直入に私の思ったことを書きます。
ご気分が悪くなるようなことも書かれてるかもしれませんので、予めご了承ください。

とにかくこの小説の主人公は、詰めが甘いです。
この小説は、主人公の詰めの甘い行動が元で問題が発生し、それらの問題点が後々大きくなって再び主人公に襲いかかる。ということをとにかく繰り返します。

例えば、仕留めそこねた敵を放置していたが故の二次被害。
後々火種となることが確定している出来事ををあえて無視するスタイル。

これらを読めば、おそらく主人公は考えなしのアホ。というふうに思われる方が大多数なのではないでしょうか。
私は、問題が起こるにつれ、「こんなんばっか」と思いました。正直、主人公のアホさ加減にイライラしましたね。

そしてヒロインの存在がとにかく主人公の足を引っ張るというのが、この小説のストレスの原因の2つ目となります。
もちろん、主人公にとってヒロインはかけがえない存在です。だから守るというのはわかります。

問題はヒロインです。
とにかくこのヒロインは嫉妬深い。しかもあまり喋らないので、要するに嫉妬深い無口キャラということに
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告