通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蒼空の魔王ルーデル 1 (バンブーコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★良品倉庫★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンディションは良いです。クリスタルパックで丁寧密封梱包、古本ですので少しの日焼け、スレはご了承ください。ご注文後迅速に発送致します。尚、納品書は同封されていませんので、必要な方はご注文後メールにて承ります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蒼空の魔王ルーデル 1 (バンブーコミックス) コミックス – 2017/2/17

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 122
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蒼空の魔王ルーデル 1 (バンブーコミックス)
  • +
  • 戦海のマーメイド(チャンピオンREDコミックス)
  • +
  • 紫電改のマキ(8)(チャンピオンREDコミックス)
総額: ¥2,173
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

史上最強のパイロットにして、魔王の異名を持つ男――ハンス=ウルリッヒ・ルーデル。

第二次世界大戦のさなか、ルーデルは急降下爆撃機「スツーカ」と共に、
激しい戦火をくぐり抜けていく。彼と共に戦い、散っていく戦士たち。
地上を覆いつくす「死の影」から、ルーデルは逃れることができるのか…! ?

史上最強の爆撃王が戦火の空を駆ける、戦慄のミリタリーアクション! !


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 竹書房 (2017/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4801957587
  • ISBN-13: 978-4801957589
  • 発売日: 2017/2/17
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ストーリーは1941年のレニングラードから始まる。既に予備兵力としていくつかの戦場を渡っていたために新兵という感じはない。この東部戦線で、ソ連戦車500両以上と800台以上の車両を倒し続ける。その間に撃墜されたり捕まったりする。35歳ぐらいなのだが、雰囲気はイキイキとした青年のような感じに描かれている。もしかしたら、画風が戦争に合っていないのかもしれないとは気にしている。

また、ドイツのバルバロッサとかの快進撃がなんだかさらりと流されて、1,2戦の戦闘の描写があったのちに一気にモスクワへ行ってしまったのは残念。行軍距離も相当であり、もう少しルーデルの活躍をみたかった。戦死者も多かったはずで相対的にルーデルのすごさがわかるので、戦死者ももっと描いてほしかった。

本作品は、全くの軍事好きには違和感があるが、ちょっとした戦争もの好きにはいいかもしれない。違和感というのは例えば、冒頭でソ連艦隊マラートを撃滅するという回で、あるパイロットが大尉に向かって、「不可能です!戦艦を落とすなんて!」とか、「嫌です!ステーン大尉!自分は死にたくありません」ということ自体がほぼ命令違反のようなもので、軍事的にはありえないので違和感がある。死ぬかもしれない緊迫感を出すために、死にたくないという言葉を使ってしまうのは気持ち的にはわかるが。

...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
敵を見て、嬉々として爆撃したり、破天荒なところはルーデル閣下っぽい。まぁ、ん?これルーデル閣下か?と思うことがある。ただ、なんだか描写が浅いように見える、キャラクターにすると見た目が変わるのはともかく、現実をモチーフにするとしたら、若干変わりすぎな気がする。某ムダヅモとかはアレだからともかく。買って読むものではない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 #57 投稿日 2017/3/12
形式: Kindle版
戦記物で実在の人物を描くならば
せめて設定や周りの人物像に多少のリアリティを持たせるべき
全くリアリティを感じさせない
浅い内容
主人公も浅い
苦しい条件下で悪魔のような知恵で戦った切れ者とは思えない
昔ながらの主人公
読む必要なし
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告