通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
蒼穹の昴(3) (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蒼穹の昴(3) (講談社文庫) 文庫 – 2004/10/15

5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 蒼穹の昴(3) (講談社文庫)
  • +
  • 蒼穹の昴(4) (講談社文庫)
  • +
  • 蒼穹の昴(2) (講談社文庫)
総額: ¥2,073
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

慈悲深き女帝が護る旧世の栄華 憂国の「熱情」は奔流となってほとばしる
疾風怒濤の面白さ。物語はいよいよ佳境へ!

落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章(リイホンチャン)が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后(シータイホウ)の側近となった春児(チュンル)と、改革派の俊英・文秀(ウェンシウ)は、互いの立場を違(たが)えたまま時代の激流に飲み込まれる。

内容(「BOOK」データベースより)

落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の側近となった春児と、革命派の俊英・文秀は、互いの立場を違えたまま時代の激流に飲み込まれる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748932
  • ISBN-13: 978-4062748933
  • 発売日: 2004/10/15
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,001位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ペトロニウス VINE メンバー 投稿日 2004/11/3
形式: 文庫
僕は文系の世界史受験だったので、中国近代史の主要人物はほとんど覚えている清朝の康熙帝や乾隆帝、末期の光緒帝、西太后や康有為、袁世凱、李鴻章などなど。しかし、彼らがこんなにも身近で血肉を持って感じられるとは!。これぞ小説の力だ。
とりわけ、まさに帝王の風格と織田信長のような型破りな中国最大版図を実現した乾隆帝や彼の右腕だったカスチリョーネというヴェネツィア出身の宣教師、傾国の毒婦として歴史に悪名高い西太后の新解釈、天才宰相として北洋軍建軍と近代国家のシステムの導入を図った李鴻章など、その生き生きとし、苦難の中でも凛として誇りを持つ人物の大きさの描写には感動する。個人的には、香港割譲の交渉をする天才的外交官李鴻章の手腕には、腰が抜けるほど感動した。
ちなみにルビが中国語でふってあることも、非常に興味深い。リコウショウではなくリイホンチャンだし、セイタイゴウではなくシータイホウなのだ。日本は、音読みで中国名を読む癖があるが、もしかしたらそれって失礼に当たる可能性があるのでは、と感じた。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いよいよ第三巻ですが、この巻では清朝が欧米列強に蹂躙され、
翻弄される様子が描かれます。
そこで、李鴻章なのですが、第三巻の見所はやはり李鴻章の政治手腕
ではないでしょうか?
特に香港の割譲に関しては、英国への「割譲」ではなく「貸与」と
した英国側との交渉の場面が、たいへん凛々しく描かれます。
99年後(この辺の数字の意味については小説を是非読んでください)
英国によって繁栄した香港が中国に返還される。
まさに敵国に富ませた香港が99年後に中国に返還され、その富を
そっくり貰い受けるという戦略。すごいではありませんか…。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 敵同士となった梁文秀と春児
 その両者は、会ってはならない存在となっていた。
 それでも、両者は運命の糸に引き寄せられ出会う。
 
 その出会いは、敵としてではなく親友としての出会いであった。
 梁文秀は、己の今の立場が薄氷の上を歩くが如く危ういことを
 春児に告げる。
 
 そして、事態の打開を春児に託す。
 二人が、いつまでも信頼し会える親友であることを証明する姿
 そして、政治とは常に危ないバランスの上にあることを改めて
 感じさせる。
 清という大きな建物が倒れだしそうな軋みを感じさせる3巻です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中国の清時代、国のために運命を翻弄されながらも必死に生きた人々がいた。日本の幕末のような壮絶な人々の人生がこの中国にもありました。昴の星の元に生まれた春児は、この国のまさに希望の星でした。
「私はあなたたちを愛しています。だからあなたたちも僕のことを愛してください」
一番印象に残った言葉です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
アヘン戦争を機に列強各国に進出されるがままの清国。
国家の危機にあって、皇后派(守旧派)と皇帝派(改革派)の抗争が
静かに進んでいきます。そして時には激しく、暗殺未遂、毒殺といった
形で表面化し、ますます国家は傾いていきます…
本巻からあらたな登場人物として日本、アメリカのジャーナリストが
登場。彼らの登場により、末期清朝の混沌とした租界のイメージが
膨らみます。さらには、李鴻章による鮮やかな香港99年割譲の交渉…
世界史オンチにとって清朝末期はまさに空白時代。その時代を生き生きを
描いてくれる、みどころ満載の第3巻です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
地主の次男、梁文秀(史了)とその地の貧民の子、李春雲(春児)。
科挙登第を経て国政を担うこととなる史了と、宦官という
方法で内廷のトップまで上り詰めた春児。
二人の男(!?)を通して、清代末期西太后が実権を握っていた
王朝内部の動乱とそれにかかわる人々の思惑を描いた
壮大な歴史小説。

読み進めていく中で感じたのは、日本の幕末との
共通性。もちろん、時間的共通性もあるんだけど、
欧米列強のプレッシャーを受けながら、従来の
権威をいかに保つかという苦心と、国を存続させるためには
改革を進めなければという維新の思いとのせめぎ合い。
違いは、日本が明治維新という中からの改革で国体変化を
成し遂げたということと、日本が列強の側に加わってきたと
いうことか。やっぱり中国は大きな国過ぎて、紫禁城の
中にいては危機感が伝わってこないのか。

現代の中国も変革が必要な時期に来ていると思うけど、
そこはやっぱり歴史を学んで、中から変わっていって
もらわないと。「党」という「王朝」も絶対ではないのだから。

結局、4月の北京旅行前に読むことは出来ず、旅行の
帰りから読み始めたこの本。途
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー