中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蒼月のイリス2 (MF文庫J) 文庫 – 2009/6/25

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私のほうがいい女だぞ

あらゆる願いをかなえることができる万能の力“一色”をめぐる戦いの物語――。
時間を止めることができる能力――「停眼」を持つ桐生慎太郎と、そのパートナーである異世界の少女イリス。
次に戦う相手との対面を終えた帰り道、二人は遠距離から突然の襲撃にあう。
なんとか攻撃をかわした慎太郎の前に、長身の少女が姿を現す。
攻撃の主であるその少女――弓使いのシノは、なぜか慎太郎の力になりたいと協力を申し出るのだが、イリスがそれに猛反対して……。
早くもパートナー解散の危機!?
そしてシノの本当の目的とは!?
バトルロイヤルファンタジー第2弾!

内容(「BOOK」データベースより)

あらゆる願いをかなえることができる万能の力“一色”をめぐる戦いの物語―。時間を止めることができる能力―「停眼」を持つ桐生慎太郎と、そのパートナーである異世界の少女イリス。次に戦う相手との対面を終えた帰り道、二人は遠距離から突然の襲撃にあう。なんとか攻撃をかわした慎太郎の前に、長身の少女が姿を現す。攻撃の主であるその少女―弓使いのシノは、なぜか慎太郎の力になりたいと協力を申し出るのだが、イリスがそれに猛反対して…。早くもパートナー解散の危機!?そしてシノの本当の目的とは!?バトルロイヤルファンタジー第2弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 262ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2009/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840128049
  • ISBN-13: 978-4840128049
  • 発売日: 2009/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,721,396位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/11/17
形式: 文庫
いやぁ、参ったね。今回の慎太郎はとってもおバカ。その心情が分かるだけにおバカと断言したい。女の色仕掛けに翻弄されて自分を見失って大事なものも失いかけて……男のおバカで哀しい側面を赤裸々に綴った本巻は、最後にうまく纏めてくれたので溜飲が下がるものの、身に詰まされる展開が少し重いものだった。というか、今回イリスがやけに慎太郎の所有権を主張するのが気になっていたのだが、こういった展開への伏線だったとも言える。もっとも、イリス自身も前巻のような慎太郎の師匠的ポジションから少しだけ変化を見せており、おそらく初めて体験するのであろう「恋心」というものの正体が分からずに持て余している可愛らしさと健気さがあった。それだけに慎太郎の冷めた態度に過剰なショックを受けた訳だが、それでも最後まで我を通したクライマックスはカッコ良かったし、慎太郎との絆を確認してしまえば後はケロッとしているところなんて却って魅力的に感じたくらいである。イリスの厚顔無恥で尊大な態度全体が想いの裏返しであり、挑発的な言葉遣いも相手の反応を楽しむ言葉遊びなことが鮮明になっていたので、これはある意味イリスの言動をひっくるめて新種のツンデレと解釈することもできる。そう考えると俄然面白くなってくる。あと、今回の敵(?)に【鳳大樹】という男が出てくるが、これがまた出来過ぎのカッコ良い男で、本巻の実質的なヒロイン【シノ】と対をなしている。作...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告