この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蒼天航路(18)<完> (講談社漫画文庫) 文庫 – 2006/12/12

5つ星のうち 4.0 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 647
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

中華全土の気風を集め、関羽の樊城(はんじょう)攻めは大きな渦となる。やがて孫呉(そんご)をも巻き込み、すべての者が関羽の首を目掛けて殺到する。関羽戦死の報を聞いた曹操は、時代の終焉とともに自らの天命の終わりをも知る。乱世の奸雄・曹孟徳(もうとく)、ここに死す!

著者について

王 欣太
KING GONTA。大阪府生まれ。1992年、アフタヌーン四季賞に応募した『HEAVEN』が四季大賞を受賞、そのまま同作品でデビュー。さらに続けて同誌で『地獄の家』を発表。
1994年、モーニングで『蒼天航路』(原案:李學仁)を連載開始。
1998年、同作品で第22回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。
2005年、単行本全36巻をもって『蒼天航路』を堂々完結。
2006年、オールカラー『蒼天航路画伝』を刊行。
2007年より、活躍の舞台をインターネットへと広げ、『ファイアキング』を連載開始。ネットおよび携帯向け描き下ろし限定作品だが、2008年には単行本も出版される予定。
李 學仁
1945年11月9日、韓国慶尚南道生まれ。映画監督として活躍する一方、『三夢伝』(画・久松文雄、新潮社)で漫画原作者デビュー。代表作に原案を務めた『蒼天航路』(王欣太/講談社)、『武と魂』(画・久松文雄、リイド社)。1998年逝去。


登録情報

  • 文庫: 492ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/12/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063703851
  • ISBN-13: 978-4063703856
  • 発売日: 2006/12/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 428,872位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
光に充ちた作品。曹操の美しいことよ。中世に突入した中国の、明るい面が表現されている。能力主義、儒教批判、自由思想、技術者尊重、未開地の開拓による国土拡大……。こういう点は真実を描いている。が、切り捨てられた暗黒面を見逃してはならない。後漢から宋成立までは、不景気と資源不足による生産力低下に悩まされ、大土地所有者(貴族)が政府を操り横暴を極めた時代だ。宮崎市定「大唐帝国」を読めばわかる。しかし、蒼天航路の世界は偽りではない。真実がある。究極にロマンティックな漫画だ。暗部を認識して読むなら完璧(贅沢?)
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
魏、呉、蜀の3国からなる歴史の話。
主に魏軍丞相・曹操孟徳の少年期から死没までを描いている漫画。
野蛮で残酷な面をしっかりと描写している、良い作品。

三国志関係の物語等でしばしば最強の武将とされている呂布の強さなど、
そういったところは漫画らしく、とんでもないスケールで描かれているのが面白いところ。
他にも多くの場面で、大袈裟にその人物を描いているのが本作の特徴だ。
真面目で固くなりがちな題材を、読者が飽きないように上手く調理している。

個人的に一番好きなシーンは、夏侯淵が死ぬ際に見る幻影。
「なんと満ち足りた人生であったことだろう」ということがありありと分かる素晴らしい描写でした。
またその後、夏侯淵の訃報を聞いた魏軍諸将がみせる悲しみの咆哮には思わず涙が。

文句なしに、傑作です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
漢中王の一大戦略から逸れたまま退路を探らぬ私は都督として失格!だがッ 
「全軍続けい!」
私ももう止まらん!
ありがたや!趙累は この道をお伴するため生きてきた!
劉玄徳を戴く関羽殿の道は至純にして永遠不滅!!
「見よ!義侠の兵(つわもの)どもよ!天道はどこまでも燦爛と光り輝いておるぞ!」

事前に知識を持っているからこそさらに共感し、関羽の最後から、やがて訪れる曹操の死に向けて物語は進んでいきます。
今までで一番盛り上がった音楽が勝手に脳内再生され(私の場合幻想水滸伝IIIのOP「愛を超えて」)、歴史を学んでその後どうなるかは最初から知っていたのに、今まで一度も次ページに何が来るのか全く想像できなかったほど斬新で感動。
読み終えて、蒼天航路という題名も名前通りの意味だったと気づかされるような、まさに完璧な完結です。
ある意味で心が晴れたような、清々しい気持ちになるほど感動しました。

商品説明ですがこの文庫版は単行本の35,36巻(完結)を収録してあります。
ただ一つ単行本版と違いがあり、最終話の数ページが単行本だとカラーなのに対してこちらはカラーではありません。
逆に、この文庫版のほうだけ最終話後に作者からのメッセージをかねた「ローズマダー
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
もともと、三国志には全くと言っていいほど興味がありませんでした。

ですが、推薦されていていたので読みました。

これは、本当に読んでよかったです。

三国志の面白さが、嫌と言うほどに分かりました。

自分の感じた蒼天航路の魅力。

第1位に、爽快な曹操のサクセスストーリー。

第2に、登場人物の魅力ある個性。

第3に、戦闘の迫力。

第4に、知略の重なりというか、複雑な絡み合い。

殺戮の場面や、どえらい(?)エッチな場面の数々には驚きました。

特に、(顔の)剥皮の刑はえぐかったです。
他にも、えぐい場面はあります。
よく、こんなことを思いつくなぁ。中国人は。(中国人だけではないのかもしれませんが。)

好々爺のようなとっても優しい顔の劉表の、化け物のような顔への変身がむちゃくちゃ怖く、かつ笑えました。

グッときた言葉は、2つありました。
「感情をぶっ放さずし てなんの命だ!」
「誇り高い敵 将と戦うとき、味方以上に親愛を感じることがある。憎しみも恨みもない。なにゆえ我らは 戦うのであろうな」
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー