中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

蒼天航路(11) (講談社漫画文庫) 文庫 – 2004/10/8

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

文庫『蒼天航路』第2期刊行スタート!!
圧倒的なる曹操軍を相手に張飛(ちょうひ)、趙雲(ちょううん)奮戦する中、真の天下人とは何かと悩む劉備(りゅうび)。
死地にて自らの器を覗き、自らの徳のままに天下を往くと決した劉備が、驚くべき宣言を発す。「たった今から天下を三分し、孫権(そんけん)の天下と盟を結ぶ」
そして、孫家の若き三代目・孫権が迫られた生涯最大の決断。屈辱の平伏か徹底抗戦か。
一方、曹操の大船団は、前代未聞の壮大な目論見(もくろみ)をもって、悠久の長江を下りはじめる。

著者について

王 欣太
KING GONTA。大阪府生まれ。1992年、アフタヌーン四季賞に応募した『HEAVEN』が四季大賞を受賞、そのまま同作品でデビュー。さらに続けて同誌で『地獄の家』を発表。
1994年、モーニングで『蒼天航路』(原案:李學仁)を連載開始。
1998年、同作品で第22回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。
2005年、単行本全36巻をもって『蒼天航路』を堂々完結。
2006年、オールカラー『蒼天航路画伝』を刊行。
2007年より、活躍の舞台をインターネットへと広げ、『ファイアキング』を連載開始。ネットおよび携帯向け描き下ろし限定作品だが、2008年には単行本も出版される予定。
李 學仁
1945年11月9日、韓国慶尚南道生まれ。映画監督として活躍する一方、『三夢伝』(画・久松文雄、新潮社)で漫画原作者デビュー。代表作に原案を務めた『蒼天航路』(王欣太/講談社)、『武と魂』(画・久松文雄、リイド社)。1998年逝去。


登録情報

  • 文庫: 452ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063607984
  • ISBN-13: 978-4063607987
  • 発売日: 2004/10/8
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 467,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 k.k 投稿日 2004/12/9
形式: 文庫
第10巻(文庫版)の刊行が確か2001年、文庫版を楽しみにしていた私にとってこの第11巻は随分と待たされた気がします。その意味でタイトルに第二部と勝手につけさせていただきました(内容的には10巻の長坂の戦が続きます)
かなり待たされた分星ひとつ減じたい気もしますが、内容とは直接関係ありませんし文句なく面白いと思いますのでやはり星5つです。
巻末には著者王欣太氏の特別寄稿も掲載されています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tの意志 投稿日 2007/12/30
形式: 文庫
この巻を簡単に説明しますと劉備開眼!趙雲舞う!です。前巻で子供をポイ捨てした劉備がようやく覚醒します。趙雲も阿斗達を守るべく奮戦します!その躍動ぶりは必見です。(糜夫人には、もっと生きてほしかった)そして孔明も劉備に臣下の礼をとります。
呉側では孫権が曹操と戦う事を決意し奇襲します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告