通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
葬式は、要らない (幻冬舎新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

葬式は、要らない (幻冬舎新書) 新書 – 2010/1/28

5つ星のうち 3.7 88件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 葬式は、要らない (幻冬舎新書)
  • +
  • 戒名は、自分で決める (幻冬舎新書)
  • +
  • 0葬 ――あっさり死ぬ
総額: ¥2,894
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の葬儀費用は平均231万円。これはイギリスの12万円、韓国の37万円と比較して格段に高い。浪費の国アメリカでさえ44万円だ。実際、欧米の映画等で見る葬式はシンプルで、金をかけているように見えない。対して我が国といえば巨大な祭壇、生花そして高額の戒名だが、いつからかくも豪華になったのか。どんな意味があるのか。古代から現代に至る葬儀様式を鑑みて日本人の死生観の変遷をたどりつつ、いま激しく変わる最新事情から、葬式無用の効用までを考察。葬式に金をかけられない時代の画期的な1冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

島田/裕巳
1953年東京都生まれ。宗教学者、文筆家。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授を経て、現在は東京大学先端科学技術研究センター客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 186ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2010/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344981588
  • ISBN-13: 978-4344981584
  • 発売日: 2010/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 88件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 91,857位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
宗教学者の書いた、日本の葬式の現状と葬式無要論。
しかし、じつは葬式を否定しているのではなく、戒名や
檀家制度といったことを通じて贅沢になった葬式仏教を否定している。

人を葬るということを否定しているわけではない。多くの人に参列させ
華美な祭壇(来世への期待という)や高額な戒名といった贅沢な葬式を
無意味と断じつつ、故人を偲ぶ葬式は肯定しているし戒名を自分でつけ
ることすら提案している。

葬式仏教無要論であって葬式無要論ではない。
コメント 292人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2017/1/27
形式: 新書
前半は、「葬式は、(贅沢だから)要らない」ということの根拠を、たとえば葬式そのものであったり戒名であったりの成立や歴史から解き明かし、後半は、その実践編とでもいった内容で、節約の方法を具体的に指南しています。
勉強にもなりますが、読み物としても楽しめます。「お墓参り教」と「お墓祭り」は笑ってしまいました。不謹慎かもしれませんが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2010/2/25
形式: 新書
高額な葬式を否定した本ではあり、戒名は本来不要なものであるというのが本書の主張だが、どちらも完全否定しているわけではない。高額な戒名について、毎日、我が家の先祖の墓を管理し、霊を弔っている僧侶に対価を支払う機会は葬式と年忌法要しかない上、年忌法要の回数も減っている。そうした中で、寺院にとって戒名料は重要な収入源になっている。自分の先祖を弔ってもらっているという檀家の特権を享受するには、戒名料もあり得るのではないか、という。檀家も墓も江戸時代以前は特権階級にのみ許された贅沢だったという。もっと安くはなるのだが、どちらも自身の家の見栄や威信をかけているが故に金がかかるものであることを本書で知った。

葬式の常識の由来とその必要性を手堅くまとめ、楽しんで読める本だが、議論を起こした著者の創価学会論、20年史などに比べると濃度、新味はやや薄いかなという感じ。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
価値観の大転換をする中でこれからの葬儀はどうなるのだろうか、叔父叔母がそれなりの歳となり、親戚が顔を合わせるのは葬儀と法要しかなくなった昨今、つくづく思っていました。 そんなところに、この本の広告を見て、購入。 一気に読了しました。葬儀、戒名、法要の3点セットが仏教からみると少なくとも本流でないこと、しかし、死者を弔いたい、冥土に送りたいという土着の風土から出てきたものが戦後、形式化してきたことがよくわかりました。 また、戒名もその時点だけからすると法外なようでも、お寺の維持経費の一度払いと考えることもできるなど宗教学者ならではの分析にユニークさを感じました。 また、全体にながれる生と死に関する温かくも覚めた見かたも新鮮に思えました。 そして、最後に著者は言う。「最後まで生き切り、本人にも遺族にも悔いを残さない。私たちが目指すのはそういう生き方であり、死に方である。それが実現されるなら、もう葬式がどのような形でも関係がない。生き方とその延長上にある死に方が、自ずと葬式を無用なものにするのである。」そう。葬式を無用とする良い生き方をしようというメッセージをこの本は伝えている。50歳以上の同輩諸君に是非お勧めしたい本です。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルからは、「葬儀屋は儲けすぎ」、「お坊さんは戒名料で儲けすぎ」という内容を想像した。
しかし内容は違って「現代の檀家制度」を考えさせられる、なかなかの良書である。私は遠く田舎に一人年老いた母親を残し、東京に出てきている。実家は檀家に入っていて、毎年数万円はお寺に納めているはずであり、法要があるともっと納めている。
実家の母親が亡くなったら、どうやって葬式をやり、その後の法要をすべきか?墓をどうやって守っていくか?は本当に悩みの種である。まだまだ先の話として考えるのを先延ばしにしてきたが、この本を読んで考えさせられてしまった。寺の檀家になり、寺にお墓があり、戒名を貰うといのは、現代ではかなりの贅沢であり、今後急速に檀家制度が崩壊していく可能性が高い。私のような者にとって、田舎で葬式を上げること、その後法要を営むこと、母親が亡くなった後檀家を抜けるべきか継続すべきか、私自身はこのお墓に入るべきか?を考える上で非常に参考になる一冊であった。
実家の墓は、7回忌が終わったら、お寺にそれなりの額を払って永代供養にして、私は近郊に霊園を買って、そこに入り、檀家に入らず、その後の法要は一時雇いのお坊さんにお経を読んで貰うのがいいと思った。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す