中古品
¥ 758
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻) 単行本 – 2009/12/16

5つ星のうち 4.7 48件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 758
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「栄養学のアインシュタイン」と称される世界的権威が史上空前の疫学大調査をもとに著わした、衝撃の事実。
全米の医学界・栄養学界・製薬業界を震撼させた、歓迎されざるベストセラー「THE CHINA STUDY」(ザ・チャイナ・スタディ)完訳!
本書によって覆された「常識」の数々
●「ガンの進行は止められない」という常識
●「動物タンパクでなければ大きくなれない」という常識
●「カゼイン(牛乳タンパク)で健康になれる」という常識
●「コレステロール値の低い人には肉をすすめる」という常識
●「良質=体に良い」という常識、などなど。(本書より)

内容(「BOOK」データベースより)

「疫学研究のグランプリ」とニューヨーク・タイムズが絶賛した史上最大規模の「チャイナ・プロジェクト」(栄養調査研究)は、すでに生活習慣病の元凶をはっきりと暴き出していた。「栄養学のアインシュタイン」と称される世界的権威が、史上空前の疫学大調査をもとに下した衝撃の結論とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: グスコー出版; 四六版 (2009/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4901423142
  • ISBN-13: 978-4901423144
  • 発売日: 2009/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,053位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ここ30年間というもの 寝込むようなことはなかったが、1日として晴れ晴れと、どこも痛みのない軽やかな身体を意識したことがなかった。もう亡くなったが大阪の甲田光男先生の青汁で難病を治すという本を読み、それ以来 代替医療関連の本を読み漁るようになった。しかし、どの本も本当に医者個人の体験的な範囲に留まり、データーが少なすぎた。納得する部分は多かったが、中には 首をかしげるような科学的でない記述もあり、自分が腹をくくって実行しようとする気にはなれなかった。
昨年、フィット フォー ライフを読み、午前中は果物だけをとるという生活を始め、かなり体調はよくなったが、食べる順番で 胃の中で食べたものが腐るとか、加熱した食物は 植物性のものであろうが、死んだ食べ物で 全く価値がないとか、ミネラルにも全く吸収できない
非有機ミネラルがあるとか、自分の知識の範囲では、納得できないこともたくさんあり、これも半分首をかしげて読んでいた。今回 第二の、、、、を読み、豊富な 治験データーを背景にした、展開で 長年の 迷いが吹っ切れた。
完全なベジタリアンにはなれなくても、そういう意識を持って是からは 食生活を改善しようと 決心できた。
それにしても アメリカの 巨大な畜産業、政府、教育界が 結託して国民の健康と命を犠牲にした利益第一の現状は 日本も全く同じである。
...続きを読む ›
コメント 212人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 この本を読んでまず思ったことは、
「信用できる科学者とはこういう人なんだろうな。」
ということです。

著者は、動物性たんぱく質、乳製品を取りすぎることが
ガンの原因になることを示しています。

しかし、その証明される過程を読んでいくと、単なる警告本や暴露本とは異なる
ことに気がつきます。

著者が導き出した実験結果が、世間や仲間の科学者が考えていることと
全く正反対であり、その内容を公表することで社会から攻撃されてしまう可能性について
かなり苦悩している様子と、その実験結果が本当に正しいかを慎重に、かつ多面的に
検証していく内容には、著者の誠実さを感じます。
ちなみに、著者は酪農の家に生まれたそうで、実家の仕事自体を否定していることになります。

特に牛乳については、日本では学校給食で飲むことになるばかりか
健康によいというイメージが刷り込まれています。
ところがこの本の実験結果では、発がん物質を活性化する存在であることが
ほとんど疑いの余地がないくらい証明されています。
たぶん、これを覆すだけの実験結果は規模やデータのそろい方から見て
まず無理なんじゃないでしょうか。<
...続きを読む ›
コメント 170人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
世間の情報を鵜呑みにせず 色んな本を読み 常識を常識で取らず 隠された事を知る事は大事だと思います 知らずに牛乳を飲む事が

癌に繋がるとは知る人は少ない 健康の為の牛乳って TVを信用しすぎては いけません そう思いました
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1970-80年に中国人を対象に行った人類史上最大規模の疫学調査を基に、「動物性たんぱく質(肉、魚、卵、乳製品)の摂取がガン、心臓病、その他の現代病の原因になっていることは確実である」ということを、数百のデータで論証した本です。この調査を基に、適切な植物、穀物中心の食事に変えることはこれらの病気の予防になるばかりか、既に病気を発症してしまった人の治療にも効果がある、という筆者の研究結果も明らかにしています。また、この事実が権威ある栄養学者の間では既に常識であるにもかかわらず、メディアでほとんど報じられないのは業界団体の圧力によるものである、という実例も書いてあります。だいたい世の中の健康本の大半は私にはうさんくさく見えるのですが、それはその説の出所が不明(というかその本の筆者だけ)だからです。しかし本書の論拠となる研究論文の出所は全て巻末に掲載してあり、著者自身も栄養学の世界的権威です。どう批判的に読んでも異論の余地はありません。私は米国人のお客さんに薦められて、苦労して英語版の方を読みました(で、ほぼベジタリアンになりました)。今回、ようやく邦訳が出たので(もうちょっとましな邦題はなかったのかとは思いますが。。)、人に薦めやすくなりました。
コメント 238人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー