この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


落語家論 (日本語) 単行本 – 2001/7

5つ星のうち3.6 10個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥382
文庫 ¥796 ¥24
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

これでも気兼ねしながら書いたのかよ、とおっしゃるかもしれませんが、そうなんです。これでも気兼ねをしながら書いたのです。生きることも、落語も趣味という著者が、『民族芸能』『芸能東西』に連載した文を一冊の本に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柳家/小三治
本名・郡山剛蔵。噺家。1939年新宿生まれ。55年都立青山高校入学、できたての落語研究会に入部。ラジオ東京「しろうと寄席」で一五週連続勝ち抜き。学芸大学をめざすが浪人。両親の猛反対を押し切り59年五代目柳家小さんに入門。前座名小たけ。63年二つ目に昇進、さん治と改める。69年一七人抜きで真打ち昇進、十代目小三治を襲名。以来、古典落語の本格的エースとして活躍。76年「小言念仏」で放送演芸大賞、81年芸術選奨文部大臣新人賞受賞。その間「お好み寄席」「笑いが一番」「小三治のFM講座」などテレビ・ラジオにレギュラー出演。現在、落語協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 新しい芸能研究室 (2001/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490007621X
  • ISBN-13: 978-4900076211
  • 発売日: 2001/07
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 622,496位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
評価の数 10

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

10件のカスタマーレビュー

2013年1月8日
形式: 文庫Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年1月14日
形式: 文庫Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年11月22日
形式: 文庫Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年2月18日
形式: 文庫Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2012年1月22日
形式: 文庫Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年3月5日
形式: 文庫Amazonで購入
2005年3月21日
形式: 単行本Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月5日
形式: 文庫Amazonで購入