中古品
¥ 89
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品でございます為、多少の使用感、小さなシミ、ヨレ、折れ等がございます。ご了承頂いた上ご購入下さい。著者、出版日、訳等によりカバーデザインが異なる場合がございます。ご希望がございます場合はご購入前に必ずお問合せ下さい。発送は可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送致します。宛先変更は発送前のみ対応可能です。。(お問い合わせはメールのみにてお受け致しております。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書) 新書 – 2008/11/1

5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 10,424 ¥ 4
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

落語家が高座に上がるまでにやっていること、高座の上で考えていることを、自らをモデルに明かす。タイトルの「落語家はなぜ噺を忘れないのか」に始まり、「どうやって噺を面白くするのか」「どんな噺が難しいのか」等々、落語にまつわる創意工夫を公開。あまり明かされることのない、落語家の頭の中、手の内を見せる。祖父であり、人間国宝ともなった五代目柳家小さんからの教えも随所に登場。柳家一門および一門を超えて受け継がれていく落語の伝承が感じられる一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柳家/花緑
本名:小林九。1971年8月2日生まれ。東京都出身。87年3月、祖父であり、後に人間国宝となる五代目柳家小さんに入門。前座名「九太郎」。89年9月、二ツ目に昇進して「小緑」(ころく)。94年3月、戦後最年少となる22歳で真打に昇進し「花緑」。2003年に落語界の活性化を目的に結成された「六人の会」(春風亭小朝・笑福亭鶴瓶・林家正蔵・春風亭昇太・立川志の輔)のメンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 191ページ
  • 出版社: 角川SSコミュニケーションズ (2008/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4827550530
  • ISBN-13: 978-4827550535
  • 発売日: 2008/11/1
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,366位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年3月8日
形式: 新書|Amazonで購入
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2012年7月23日
形式: 新書|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年9月17日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年12月22日
形式: 新書|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年2月17日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2011年10月14日
形式: 新書|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年7月29日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年6月30日
形式: 新書

最近のカスタマーレビュー