中古品
¥ 1,079
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2003年。帯つき。おおむね良好。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

落語の愉しみ (落語の世界 1) 単行本 – 2003/6/10

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 823
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

何度も聴いた噺なのに,なぜ,また笑ってしまうのだろう-.古典芸能ならではの,奥の深い落語の魅力について,桂米朝,柳家小三治,山田洋次が語り尽くし,小谷野敦・荻田清・武田雅哉・長井好弘・中込重明・今岡謙太郎らの,落語を愛してやまない個性派論客が思いを込めて書き下ろす.装丁=南伸坊.

内容(「BOOK」データベースより)

落語は、なぜおもしろいのだろう。おなじ噺を何度聴いても、なぜおかしいのか。ひとり語りの芸に、なぜ引き込まれるのか…。本冊では、四〇〇年の歴史をもつ古典芸能ならではの、落語のふしぎな魅力を解きあかす。読めば落語がもっと楽しくなる、落語好きのためのシリーズ、第一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2003/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400026298X
  • ISBN-13: 978-4000262989
  • 発売日: 2003/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 944,556位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
~最近岩波書店がおもしろい本を出す。この本は題名を読んですぐ注文した。
冒頭の米朝との対談がおもしろい。最後の小三治のインタビューも興味深い。両者とも師匠vs弟子(米朝vs枝雀、小三治vs禽太夫)の思いが伝わってくる部分がよい。
さらに、川添氏の「らくだ」についての文章がおもしろい。
思わず、落語のDVDでも2,3本買ってみたくなった。
~~
さらに、最後の2002年のネタ帳をすべて入力してデータ化し、それをもとに論じた落語3万2千席は圧巻。長井氏の労力に感謝するとともに、ぜひこのデータをもとに「落語の今」をまとめていって欲しい。とても期待している。
~~
しかし、「本書中には、今日の人権意識に照らして、差別的とされる表現や語句が含まれているが、落語の時代背景!、特性などを考慮し、そのままとした。」という但し書きが必要であることが悲しい。テレビやラジオでは行儀のよいものしか行えない。人の憎しみや体の障害の不便さを題材にした演目は生でしか聞くことができない。その中で、落語のよさもわからな~~くなってきている。残念。~
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告