この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか 単行本 – 2006/8/14

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 74
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

米国でマンガ出版社ビズ(現在は小学館・集英社の共同出資)を立ち上げ、少年ジャンプやポケモンなどの米国版を成功させた著者が、いかに日本マンガを英訳し、販路を拡大したのかを、ドキュメンタリー形式で紹介。 ここ数年、日本のアニメやゲームなどのポップカルチャーは世界的に認知度が高まりマンガの翻訳本も人気を集める。もともと米国のマンガは、マニアックなファンたちのものだった。そこへビズはカムイ伝やナウシカなどの日本マンガを英訳して持ち込み、マニアたちの人気を集めながら徐々に成長。その後、ポケモンブームなどの波に乗り、現在の市場規模は1億ドル超で、ビズはトップ5に入る。 コンテンツ輸出は日本にとって極めて大きなビジネスチャンスだが、多くの日本企業はそのチャンスを生かしきれてはおらず、一部メディアによる日本文化ブームの報道は実態よりも少し誇張されている。 そうしたなかで、本書に描かれた事例は、単なる成功物語としてではなく、学ぶべき価値あるケーススタディとなっている。

内容(「BOOK」データベースより)

世界一の出版大国アメリカで日本マンガ出版社を創り、成功へと導いた男の奮戦記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2006/8/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822245284
  • ISBN-13: 978-4822245283
  • 発売日: 2006/8/14
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,355位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 タイトル名から、“アメリカのマンガの現在”をオタク的に分析した書物だと思ったが、予想が外れた。二十年前、彼の地に、日本のマンガをはじめて本格的に持ち込んだ当事者による回顧録である。で、予想は外れたんだけど、予想外に面白かった。ある種の成功物語なんだけど、こういう古いタイプの読み物こそ、今、新鮮なんじゃないかと。やっぱどんな文化もビジネスも、人であり、人の歴史であり、人と人の交わりであり、っていう。この本を読んで「北米へは、マンガよりもアニメのほうが二十年以上早く上陸していた」「二十年前には『マンガ』の市場規模はほぼゼロだった」「現在、アメリカで売られている雑誌のうち、87パーセントが定期購読」「国民の四人に一人は、自分の名前程度しか読み書きができない」といった様々な事実を知ったのだけど、もっとも興味深かったのは、著者や著者の仲間らが、70年代のニューエイジ・ムーブメントの影響下にあった若者たちだったということだ。ヒッピー文化、ニューエイジ文化、カウンターカルチャーの水脈が、日本を飛び出した若者たちによって、こんなところにつながっていたのかって言う驚き。そして、一旦は日本を捨てたはずの著者が、彼の地で日本由来のマンガをビジネスとすることで、「日本の魅力とは、この国のおおらかさや曖昧さから生まれる美しい柔軟性」と、みごとに本質を突いているであろう(もしくは、今の日本人が見失ってしまっ...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は著者の堀淵さんの自伝であり、小学館・集英社の米国マーケットへの果敢な挑戦伝です。
内容を正しく示すタイトルは「私および小学館はいかに米国でMANGAビジネスを立ち上げたか」だと思います。

本書では、米国のMANGAファンは販売戦略上の顧客ターゲットとして語られているのみで、
個別のファンの嗜好、心理の変遷等までは、踏み込んではいません。
従って米国人MANGAファンの貌(かお)は見えてこない部分はありました。
あくまでマクロな視点からの米国人ファン論にとどまっています。
「米国人はいかにMANGAを読むようになったか」というタイトルは、
むしろ現在発売中の「オタク インUSA」のサブタイトルにふさわしと思います。

じゃあ、本書はつまらないかと言えば、全然そんなことはありません。
時代の捉え方、ビジネス上の成功・失敗等、すごく面白いのです。
米国のコミック業界事情に始まり、黎明期のMANGAに関わった人たち、流通事情、翻訳の困難さなどを、堀淵さんが当事者として語っています。
その苦闘と最後の勝利は、まるで少年ジャンプのストーリーのような成功譚です。

本書で特に印象に残ったのは、
初期のMANGAビジネスに関心をもっ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
てっきりアメリカのオタクの話かと思いきや、

日本のマンガをアメリカで売ったビジネスマンの

サクセスストーリーなのであった。

ともすれば現地のコミケのような

「絵になる」報道しか日本ではされない中、

アメリカへの日本マンガ文化普及の一端が

(アネクドータルなものであるとしても)

その歴史とともに伺えて大変興味深かった。

著者は現在サンフランシスコで日本映画・

アニメ専門の映画館を企画中と書かれている。

私もそうであるが、外国にいればいるほど

日本人であるというアイデンティティを

強く意識する日本人は多い。

マンガをスタートとして、本書が軽く

日本論にまで踏み込んでいる流れは

読んでいてとても共感できる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の内容を一言で言うと、著者の回顧録半分、アメリカのコミック事情半分というところで、ビジネス書と思って読むとやや物足りなさを感じるかも知れない。著者もプロローグの中で、『この本はいわゆるビジネス書というより、あくまで僕自身の体験を中心に綴った手記に近いものだ。』(11ページ)、と書いているので、購入する方は注意が必用ではないだろうか。

私はそんな事情を知らず、仕事の参考になるかと思って読んでみたが、やや期待はずれであった。なぜかと言うと、新しいビジネスを立ち上げて成功を収める過程では、我々の体験し得ないような困難な場面に遭遇し、多くの難しい決断を下してきていると思うが、そのあたりが描ききれていないからである。非常に新鮮ですばらしい素材でありながら、料理の仕方が適切でなく、素材のすばらしさが十分に伝わらなかったと言うことか。

または、全体に淡々と書かれており、文章も読みやすいため、さらっと読み終わって、あまり鮮明な印象が残らないと言えば良いのかもしれない。

さらに、アメリカのコミック事情を全く知らない読者を意識したのか、背景やプレイヤーに関する説明にも多くページを割いており、やや本書の趣旨に沿わないのではないかと感じる部分もあった。

例えば、175ページにナショナルディストリビューター(雑誌の卸
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告