中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

華麗なる食卓 (3) (ヤングジャンプ・コミックス) コミック – 2002/1

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 8
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

放火により営業停止に追い込まれたマキトと結維のカレー屋さんが、店の復活をかけ「翠蓮」とカレー勝負をする事になった。和風カレー対決と銘打たれた闘いを前に、しかしマキトはある大きな問題を抱えていた…。作中のカレーのレシピもバッチリついた第3巻だ!!


登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: 集英社 (2002/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088762568
  • ISBN-13: 978-4088762562
  • 発売日: 2002/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「華麗なる食卓」は2001年から週刊ヤングジャンプで連載された、おそらく初のカレー漫画。世界中で修行を積んだ凄腕の料理人が主人公という設定、店の存亡、ライバル店に、ライバル料理人との勝負、それにヒロイン(結維)との微妙な関係等などは料理漫画の王道だが、なんといってもカレーに絞ってこれだけのコンテンツを説得力もって描けているのが凄い。知識ばかりに比重が傾き、肝心の画がいまいちな料理漫画は多いが、その点「華麗なる食卓」は画や構成、テンポも良い。レシピつきもうれしい。その本巻、放火により営業停止に追い込まれたマキトと結維のカレー屋さんが、店の復活をかけ「翠蓮」とカレー勝負をする事になり・・・。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
集英社ヤングジャンプ連載/ふなつ一輝原作
『華麗(カレー)なる食卓』第22〜31話+番外編1話を収録したコミックス第3巻です。
そう、カレーです。カレーというメニュー1本に絞り、
その奥深さと面白さを追求する料理人達の生き様を描いた作品です。
作画もレシピも非常に緻密で思わず食べに行きたくなってしまいます。
メニューがカレーだけじゃ尻つぼみするのでは?
と考えたそこのあなたにこそお薦めしたい読み応えに溢れています。
(総合4/10点)

翠蓮の謀略(放火)により、店を失ったマキト達の怒りと復讐のドラマの
始まりです。和風カレー勝負という、インド風とは手の加え方が全く異なる
カレー作りをきっかけに宇童との共同戦線の熱さに燃えます。
が、「犯罪」を用いて物語を盛り上げるのは安易で短絡的ではないでしょうか?
警察沙汰にしない(ならない)お約束展開もリアリズム溢れる作風だけに
非常に違和感を感じます。店内で客を包丁で人を切りつけるという犯罪未遂で
営業停止にならないのも惰性の極みです。もう少し思慮深さを持って描いて欲しいものです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 aas93920 投稿日 2002/1/30
形式: コミック
カレー料理を毎回披露してくれている作品です。料理マンガはどれもどんな味かを想像するものですが、カレー好きな読者にとってはうれしいものです。この巻では料理とは何の為に作るのかという料理マンガが必ずといっていい程触れる「料理人の心」に触れます。毎回お決まりのギャグやその巻で紹介した料理のレシピも掲載されているのでカレー好きな方や食いしん坊はもちろん変わったの読みたいなという方にもおススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック