通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
華麗なる一族〈中〉 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

華麗なる一族〈中〉 (新潮文庫) 文庫 – 1980/5/25

5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 320
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 華麗なる一族〈中〉 (新潮文庫)
  • +
  • 華麗なる一族〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • 華麗なる一族〈上〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,721
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

阪神特殊鋼の専務万俵鉄平は、米国企業からの増注契約をキャンセルされて危機に陥る。旧友である大同銀行の三雲頭取が多額の融資を了承してくれるが、その矢先、熱風炉が爆発するという事故が出来──。一方、万俵家の次女二子は、総理の縁戚と見合いをしながらも、鉄平の部下である一之瀬に惹かれていく。万俵家に同居する大介の愛人・高須相子が企む華麗な閨閥づくりの行方は……。

内容(「BOOK」データベースより)

阪神特殊鋼の専務万俵鉄平は、米国企業からの増注契約をキャンセルされて危機に陥る。旧友である大同銀行の三雲頭取が多額の融資を了承してくれるが、その矢先、熱風炉が爆発するという事故が出来―。一方、万俵家の次女二子は、総理の縁戚と見合いをしながらも、鉄平の部下である一之瀬に惹かれていく。万俵家に同居する大介の愛人・高須相子が企む華麗な閨閥づくりの行方は…。


登録情報

  • 文庫: 637ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1980/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101104131
  • ISBN-13: 978-4101104133
  • 発売日: 1980/5/25
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 230,193位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
お話はどんどん佳境に入って行きます!

どろどろの家族図、純粋な息子と狸親父の対比。

出生の疑惑!

人が信じれなくなる展開に、凡人の私としてはハラハラしどおうしの約630ペ−ジ!

もう頭の中は、何をしていても万俵家でいっぱい!

ニュ−スを見ても、銀行を見てもすべてが華麗なる一族にみえてしまう!

あんなプレッシャ―と人間関係の中で生きるなんて、貧乏人でよかった・・・

がんばれ鉄平!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大変面白かった。作品紹介は次のとおり。阪神特殊鋼の専務万俵鉄平は、米国企業からの増注契約をキャンセルされて危機に陥る。旧友である大同銀行の三雲頭取が多額の融資を了承してくれるが、その矢先、熱風炉が爆発するという事故が出来―。一方、万俵家の次女二子は、総理の縁戚と見合いをしながらも、鉄平の部下である一之瀬に惹かれていく。万俵家に同居する大介の愛人・高須相子が企む華麗な閨閥づくりの行方は…。
一般文学通算419作品目の読書完。2006/11/25
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
毎度の事ながら、著者のきめ細かい取材力や筆力に感服させられます。本書も、ご多分に漏れずズッシリと重量感ある大作です。
一昔前まで、銀行業界そのものや監督官庁との関係などおおよそ一般の人間には計り知れない世界であったと思います。この世界を、著者特有の精緻な取材や文章で余すことなく表現し、かつ登場する人物の内面を鋭く抉り出しながら進むストーリーは、これほどの長編でありながら読者に油断を与えない迫力です。
また、テーマとなる銀行再編や監督官庁の権益に絡む話など、今読んだとしても十分に新鮮さを味わえます。決して、古さを感じさせません。
著者の他の作品を既に触れている方には、本書も期待を裏切らないと保証できますし、初めて著者に触れる方にもお薦めの一冊です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中巻では銀行合併の抜け道(小が大を喰う)を模索する忍者部隊・

大介の戦略、鉄平と大介の確執の広がりを描いています。

上巻では一生懸命読んでいたのですが、だんだん内容的に説明が

口説く感じるようになってきました。

しかしながら、多少ページを飛ばしても読めます。

(先を知りたくなって飛ばしてしまいます。)

物語が面白いだけでなく、いろいろ勉強になることも多いです。

例えば、日本銀行が”銀行の銀行”と呼ばれるゆえんがよくわかります。

また、大蔵省から銀行に対する圧力がこんなにも大きいとは思いませんでした。

余談ですがこの物語がノンフィクションに限りなく近いと

友人に聞いて、こんなことが世の中にあるんだなぁっと世間知らず

である自分が恥ずかしい思いになりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
太陽神戸三井には、親戚が在籍していたこともあり、興味深く読み進めています。移動も多く読書に費やせる時間も物理的にあるせいか、上巻より一気に読み進んでいます。

大介と鉄平の親子の嫉妬と争い。全く血が繋がらない訳ではないからこそ、骨肉の争いになってしまう。家族とは?血縁とは、互いの絶対的な安心感を生み出すモノでもあり、またその逆で切れない縁だからこその愛憎を生んでしまう。

親は子供だからと思い、子は親だからと思うからこそ、互いの存在をどう認めていくのか、そこに運命のイタズラではないかとも言える誰かの作為があるからこそ、憎しみがまた新たな憎しみを生んでしまう。

今のところ、鉄平の祖父が何故そのような行動に走ったのか?権力の誇示なのか、自身の欲望を追求した結果なのか、その点は凄く気になります。

と同時に、金融再編、銀行と日銀の関係。確か、私が小学生の頃だったかと思いますが、神戸と太陽が合併し、その後太陽神戸三井となり、さくら・・・と、当時はトマト銀行などと...金融再編がさかんに行われていた事を思い出します。

また、富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の三行合併がみずほ銀行となった記憶も、10年前とはいえ記憶にまだ新しい。そんな事を回想しながら、読み進めていくと、当時は子供故に分か
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー