通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽度のいたみと使用感がありますが、中のページは書き込みや折れなどなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2012/11/9

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 79

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 華竜の宮(上) (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 魚舟・獣舟 (光文社文庫)
総額: ¥2,235
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

滅亡を前に、人類はどう生きるべきか? ベストSF2010第1位、日本SF大賞受賞 新世代日本SFの金字塔、ついに文庫化 地殻変動で陸地がほぼ水没しても人類は武器 を捨てなかった。さらなる絶望的な環境激変 は、この星のすべての命に対して決断を迫る

内容(「BOOK」データベースより)

ホットプルームによる海底隆起で多くの陸地が水没した25世紀。人類は未曾有の危機を辛くも乗り越えた。陸上民は僅かな土地と海上都市で高度な情報社会を維持し、海上民は“魚舟”と呼ばれる生物船を駆り生活する。青澄誠司は日本の外交官として様々な組織と共存のため交渉を重ねてきたが、この星が近い将来再度もたらす過酷な試練は、彼の理念とあらゆる生命の運命を根底から脅かす―。日本SF大賞受賞作、堂々文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 398ページ
  • 出版社: 早川書房 (2012/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150310858
  • ISBN-13: 978-4150310851
  • 発売日: 2012/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 209,130位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
久しぶりに心から「面白い!」と思える作品に出会えました。
この作者の本は初めて、どころか作者の名前すら存じ上げませんでした。
面白いSFが読みたいと思い、本屋さんで何気なく手に取り、なんとなく面白そうかなーぐらいの感じで購入しました。

ジャンルとしてはファンタジー色のあるSFという感じでしょうか。
小難しい単語がずらずらと並ぶガチガチのSFではなく、世界観はファンタジーっぽいというか、普段あまりSFを読まない人でもファンタジーが好きな人なら意外と読みやすいかと思います。
上巻の始めは専門用語が多いですが、読み進めていくと、人間味溢れる魅力的なキャラたちにあっという間に惹きこまれます。
この作品を読む醍醐味は作り込まれた世界観、そして人間という生物がいかに力強く、人間臭く足掻いて生きているか、という点です。
海洋物としてスケールが大きく、でも主人公を中心とした人物たちに焦点を当てることで、感情移入もしやすい。

文章も癖がないので読みやすいです。
コメディー要素はなく、どちらかというと全編を通してシリアスですね。真摯でひたむきなSFです。
これほど面白いのにどうしてこんなにマイナーなんでしょう。SFを読む人が少ないからでしょうかね。
好みが合う人であれば、「やった、面白い作品に出会えた!」の感覚をお約束します(笑)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
世界観には未だに馴染めないのですが、作者の語り口が非常に好きです。

確固たる世界観があるゆえに、その世界に対する好き嫌いはある程度出てくると思います。
ストーリーテラーとしての作者の技量に完敗。
面白い読み物に仕上がっています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
久々にスケールの大きなSFに出会いました。今の世界から派生した独特な世界が面白いです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
温暖化が進んだ極限の地球で暮らす、もはや人間とは言いがたいほど人為的に改造された人類の物語。 ただ、SFだと思って読むと失望するかも。 SFの舞台を借りた、ポリティカルな面を色濃く持つ人間ドラマです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告