通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/22

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 14

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
  • +
  • 深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)
  • +
  • 魚舟・獣舟 (光文社文庫)
総額: ¥4,525
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第32回(2011年) 日本SF大賞受賞

内容紹介

陸地の大半が水没した25世紀、人工都市に住む陸上民の国家連合と遺伝子改変で海に適応した海上民との確執の最中、この星は再度人類に過酷な試練を与える。黙示録的海洋SF巨篇!

ホットプルームの活性化による海底隆起で、多くの陸地が水没した25世紀。未曾有の危機と混乱を乗り越えた人類は、再び繁栄を謳歌していた。陸上民は残された土地と海上都市で高度な情報社会を維持し、海上民は海洋域で〈魚舟〉と呼ばれる生物船を駆り生活する。
陸の国家連合と海上社会との確執が次第に深まる中、日本政府の外交官・青澄誠司は、アジア海域での政府と海上民との対立を解消すべく、海上民の女性長(オサ)・ツキソメと会談する。両者はお互いの立場を理解し合うが、政府官僚同士の諍いや各国家連合の思惑が、障壁となってふたりの前に立ち塞がる。
同じ頃、IERA〈国際環境研究連合〉はこの星が再度人類に与える過酷な試練の予兆を掴み、極秘計画を発案した――。
最新の地球惑星科学をベースに、地球と人類の運命を真正面から描く、黙示録的海洋SF巨篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 592ページ
  • 出版社: 早川書房 (2010/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152091630
  • ISBN-13: 978-4152091635
  • 発売日: 2010/10/22
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 291,851位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 地球上では過去に少なくとも三度生物の大絶滅が起きていると言われるが、そのうちの一回は、巨大なホットプルームによる環境変化だったらしい。このこととは直接関係しないが、地質学の有力学説を基盤に、ホットプルームの活性化により、地球温暖化など比ではないほどの海面上昇が起きた未来を描く。
 短編「魚船・獣船」で描かれた世界を、大ボリュームで描き込んだ。海洋民の女性オサ・ツキソメと、日本外洋公館の公使・青澄およびその補助AIが主な視点人物となる。
 海洋民と地上民それぞれの生活を異世界描写として描きながら、両者の紛争が物語の主軸となる。時には海洋活劇として、時には政治ドラマとしてまた時には電脳空間の駆け引きとして…。
 また、謎に満ちた存在としてツキソメ自身の出自も重要な要素となる。たくさんのアイデアがちりばめられた贅沢な未来異世界の物語だ。いくつか謎は残っている。
 例えば加速的に変異する獣船とアカシデウニの毒との共通点は、一度ほのめかされたままその後言及がない。だが、あとがきによれば作者はまだまだ書きたいそうだ。獣船の生態研究や、獣船駆除に従事する者達の物語、ムツメクラゲ誕生の忌まわしい過去や、魚船の遺伝子デザイン秘話など、まだまだ読みたいエピソードが多い。
 でもひとまず、たっぷり読んで満足。
 最後に示された死生観・人類観は、これまで読んだことのない新しいものだった。賛否両論起きそうな新見解だ。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
第32回日本SF大賞受賞作。近未来を舞台とした海洋SFを謳っているが
ストーリーの骨子は、官僚たちのネゴシエーションという珍しい作品。

もちろんSF的設定や世界観、仮想生物たちの生き生きとした姿は
それはそれで素晴らしく、脳内にリアルに立ち上がってくる。
しかし、最初から最後まで物語を引っ張っていくのは、
組織の末端で所属組織の論理や面子に縛られながらも、
自らの倫理にも誠実であらんとする官僚たちの姿勢である。

少年少女たちは、いつでも革命家のように潔く、
キャッチーでピュアな世直しに惹かれてしまうものだ。
しかし何時の世にもきちんとした次の世を作っていくのは
一見つまらなく、歯がゆい大人たちの、膨大な事務量に裏付けされた
ネゴシエーションの積み上げなのである。

旧勢力との闘争と、早急な世直しとそのカタルシスで、
社会を語ってしまう愚に対し、本作は一見つまらない
ネゴシエーションの場面を粛々と積み上げていくことにより、
リアリティある人間社会の描写に成功している。
それが本作を重みあるものにしていると信じている。
2 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
特異な世界観だが、作者の卓越した筆遣いにすらすらと読めてしまう。
買って読んでみて損はない一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 天変地異により、陸の大部分が海に沈んだ数百年後の地球が舞台です。
人類は生き延びる為、人類の持つ科学力のほぼ全てを投入してその世界に適応してます。

 物語は陸上人(今の人類とほぼ同じ)と、海上人(海で生活する為に、より適応化された
人類)を軸に、個々人の思惑(希望や生への執着)に、国々の政策(この世界では、程度の
差はあるが連合国家を形成している)が、重層的に絡んできます。

 物語の後半ではタイトル(或る出来事の言い換えなのです)に沿った、或る災渦が再度
地球に、人類に襲いかかります。そこで人類が取った行動は…ネタバレになるのは詳細は
省きますが、ここには作者の生命観や死生観が表れているような気がします。
 
 一言で記すと人類は「神」になってしまったのです。この「神」になる行為、そして
なった後…そこにはエゴが満載です。人は生き延びる為にはどこまで冷徹・非情になれるのかと。
それを唯々諾々と受け入れるのでなく、自分の信念の元に立ち向かう主人公の姿。この対比が
本作の一番の読みどころでは?と思う次第です。

 人が神になった世界には希望があるのか、それとも絶望が待っているのか?2段組586pの
大物ですが、それに見合う満足感を得られる一冊です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー