中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。d9262a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

華族誕生―名誉と体面の明治 (中公文庫) 文庫 – 1999/11

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

華族という階級は明治二年に誕生し、現行の日本国憲法の発効と同時に消滅した。公侯伯子男の爵位をもったかれらの実体は、いまや忘れ去られているが、近代日本の歴史に何らかの足跡を残したはずだ。誰が華族になり、爵位はどのように決まったか。名誉と体面の保持を強く求められた特権階級の内幕を描く。


登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (1999/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122035422
  • ISBN-13: 978-4122035423
  • 発売日: 1999/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 584,410位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書では、明治17年7月7日公布された華族令による叙爵から、明治24年4月23日に行われた陞爵までを主に解説している。それぞれ、諸侯・公卿・勲功・神職・僧侶などの別に詳しく解説されている。例外的な適用を受けた中山家・松浦家・宗家の例が興味深い。
第5章「侯爵が欲しい!」で語られる、嵯峨実愛(嵯峨浩の曽祖父)の陞爵への凄まじいまでの執念が面白いし、努力の甲斐あって、やっと侯爵になれた息子の公勝の爵禄要求がまた皮肉で可笑しい。嵯峨家は代々大臣家であったから、平堂上家と同じ伯爵では我慢がならなかったのだ。そして、皮肉なことに、伯爵以下では貴族院議員は選挙で選出され、歳費と旅費が支給されるのに対して、公・侯爵では世襲で無給なのだ。公爵は金禄公債と合わせるとほぼ10万円になるように家門永続資金を下賜されていた。が、侯爵にはなかった。その事実が公勝を侯爵への爵禄要求へと駆り立てたのだ。とはいえ、当時、巡査の初任給が6円という時代に、嵯峨家は年3000円の固定収入があったのだから、同情の余地は無い。
欲を言えば、もう少し後の叙爵についても触れて欲しかった。例えば、稲田邦植(徳島藩家老。淡路洲本1万4500石。)の男爵叙爵や徳川慶喜の公爵叙爵、財閥当主等の叙爵など。でも、本書は読んで面白かったし、幕末・明治からの歴史小説を読むのにも参考になると思う。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前後70年という意外に短い華族の歴史であるが、その影響は陰に陽に現在の日本にも残っているといえよう。華族制度に関しては歴史雑誌で定期的に特集も組まれ、専門書もあるのだろうが、一般向けに書かれたものでは本書が基本書といっていいだろう。例えば華族に選ばれた者は公卿、大名家、神職、僧侶ならびに勲功華族であるが、勲功は別としてその基準はかなり明確であり、例外は数えるほどであったことが例を挙げて説明し尽くされている。
加えて本書はエピソードが豊富で読み物としても充分に面白い。特に爵位の上下を巡る話は体面を重視する名家にとっては必死のことであったことがよくわかる。続編ともいえる「華族たちの近代」も好著。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 公侯伯子男 日本に短期間存在した爵位・華族制度に好奇心を抱く読者には、本書は読めば十分にそれが満たされるに違いない。

 一定の基準が爵位に定められ、それが厳格に適用されたのには驚きだ。いくつかの例外もあり、その例外についても原因を詳しく説明している。

 爵位を受けた者が、政財界や軍事といった部門で活躍する人物が少数であったことも著者は指摘している。近代国家への革新の為に、旧来の勢力への慮った旧時代的なものを背負った制度であったとも。

 確かに歴史にその名を残した子孫たちが没落して行くのは見るに忍びないが、なくなって良かった制度かもしれない。 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/7/1
形式: 文庫
 1994年にリブロポートから出た単行本の文庫化。
 研究書ではなく、一般向けに書かれた概説書。しかし、分かりやすくまとまっているし、内容も面白い。華族について知りたいと思ったら、まず本書に当たるのが良いだろう。
 メインテーマとなっているのは、家族制度の創設に当たって、どのように公候伯子男の境界線を引いたか。家格、収入、明治維新での勲功などが組み合わせられ、わりと厳格に決まっていったようだ。しかし、当然のごとく「あそこは公爵なのに、うちはどうして伯爵なんだ」というような不満が出てくる。それにどうやって対応したのか。どれも面白い話であった。
 著者は編集者。そのこともあってか、いささかスキャンダラスな筆致で書かれている。最初は面白いのだが、だんだんと飽きが来る。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まず読んで欲しい。退屈しない一冊かと!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック