通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
華岡青洲の妻 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 多聞書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の使用感ございますが、問題無く読了可能です。万が一商品状態に錯誤等がございましたら、メッセージにてご連絡お願いいたします。速やかに対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

華岡青洲の妻 (新潮文庫) 文庫 – 1970/2/3

5つ星のうち 4.5 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 華岡青洲の妻 (新潮文庫)
  • +
  • 恍惚の人 (新潮文庫)
  • +
  • 紀ノ川 (新潮文庫 (あ-5-1))
総額: ¥1,858
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 226ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1970/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101132062
  • ISBN-13: 978-4101132068
  • 発売日: 1970/2/3
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,289位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
嫁、姑が互いに青洲のために自らの体を実験体にして、麻酔薬を完成させるお話。
ここまでお互いのことを意識した嫁と姑はいないと思う。
それだけにこれだけ互いから想われていた青洲は医者としては幸せだと思うが、
青洲個人としては不幸せだと感じた。
嫁と姑が命を懸けた行為に関しては感動を覚えた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 f500 投稿日 2014/2/28
形式: 文庫 Amazonで購入
どの時代も息子(夫)を巡って春秋があるんだなあ・・・
と考えさせられました。

有吉佐和子の入門書としておすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 表題の通りです。よくある話で、主人公がこの二人に挟まれて苦心する話です。
 主人公は、麻酔薬を発明した華岡青洲なのですが、小説で脚光を浴びるのは嫁、姑の確執です。
 確かに、この二人に犠牲をきそわせて麻酔薬を発明、実用化した華岡青洲こそ歴史の主人公です。
 嫁、姑の名前、覚えてますか。私は正直忘れましたよ。熱心に何度も読み返す気にはなれません。
 でも華岡青洲は漁夫の利で成果だけ独占して、結局、一番得をしてます。歴史に名前をとどめました。
 世の女性は犠牲心だけではだめです。もっと自分の考えを持って行動しなくては。
 私はそう思ったので、最初のかたの橋本治と有吉佐和子の対談集は非常に参考になりました。
 私とよく似た見解を持っておられたことが分かって、しかも一人は作者自身です。
 華岡青洲は二人の確執をいいように利用しておいしいところは独占した。
 その点、不満ですが、有吉先生の代表作です。嫁、姑の確執に敬意を表して星五つです。 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一人の男に人生を懸けた二人の女。つまりその男の妻と、その男の母親の生涯を描いた読み応え十分の1冊です。嫁と姑が競い合い、男に尽くしに尽くし一人の男が一人前になっていく。そんじょそこらの安物の「嫁姑戦争」とは桁違いの物語。まさに自分の命を削っての戦い。有吉佐和子独特の「女」の心理に対する深く冷静な探究が、ものすごい筆の力で描ききられてます。圧巻です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/2/20
形式: 文庫
美談として伝えられる華岡青洲の麻酔手術成功までのいきさつを、角度を変えて描いた作品。作者の洞察力のするどさ、ストーリー展開のうまさにうなりました。 人間を斜めに見るのでもなく、必要以上に美化するのでもない、作者の冷静な視線に畏れを感じます。 とにかく面白いので本当におすすめです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
橋本治さんが『恋愛論』の中で有吉佐和子さんと
その作品について書かれた『誰が彼女を殺したか』
という素晴らしいエッセイ(評論?)があります。
その中でこの作品についても触れていました。
これは嫁と姑の激しい確執について
書かれたものとされているが、実はそうではなく
華岡青洲は自分の研究のために母と妻の確執に
気付かぬ振りをして、それを利用していた
ということを暴いたものである。つまり、
男は女の内面に気付かぬ振りをするものである。
こう橋本氏は看破しました。
母と義姉の確執とそれを静観していた兄を
ずっと見ていた青洲の妹が死ぬ間際に
漏らした言葉が重く残ります。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最近、たまたま高野山を訪れ、
華岡青洲が和歌山県の出身であったことを初めて知り、
名前とその功績をなんとなくしか知らなかったので
本書を手に取りました。

とにかく一気に読みました。

自分も以前、全身麻酔を使った手術を経験しているだけに
麻酔のおかげで、ただ死を待つだけであった病気が
治せるようになり、また、痛みを伴わずに治療が施せるということの
大きさが、他人より少し理解できるような気がしました。

とにかく、どうなるか分からない、ましてや生命に関わることを
“試す”という事がどんな事なのか、その不安や恐怖、覚悟などは
とても想像できるものではありません。

嫁姑の確執については、脚色されたものだと言われているようですが
フィクションなのかノンフィクションなのか、分からないような
感覚で読みました。

麻酔手術が行われていなかったら失明していたかも知れない私は
実験台になることを自ら申し出て、その結果失明した青洲の妻・加恵には
なにか感じるところがありました。

本書は、世界に先駆けて麻酔手術を行った華岡青洲と
彼を支援し続けた家族について知るために、そして、
力強い文章で読者を引き込む文学作品として
是非お勧めします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー