通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
菜の花の彼─ナノカノカレ─ 12 (マーガレットコ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

菜の花の彼─ナノカノカレ─ 12 (マーガレットコミックス) コミックス – 2017/2/24

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 243
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 菜の花の彼─ナノカノカレ─ 12 (マーガレットコミックス)
  • +
  • 菜の花の彼─ナノカノカレ─ 11 (マーガレットコミックス)
総額: ¥864
ポイントの合計: 26pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

半年間の記憶を失った菜乃花。
菜乃花の中から消えてしまったのは自分だと会うことさえできないでいる隼太。一方、鷹人は、菜乃花とやり直そうと動き出します。隼太を思い出させるべきだと分かっていてもそうできない自分を下劣だと苦しみながら…



登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088457285
  • ISBN-13: 978-4088457284
  • 発売日: 2017/2/24
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
たかとくん派の方には嬉しい展開です。私はハヤタくんはですが、すれ違った際のハヤタくんの顔が切なくて、中3にしては、大人すぎる対応かと。頑張って走って追いかけてもよかったんじゃないかなと、諦めるなんてらしくないです。たかとくんにおいては、最初の真っ直ぐで不器用でクールで、でも不思議と魅力のあるキャラでしたが。病んだり時に厨二くさくて、あまり好きになれませんでした。15あたりでハヤタくんとくっついて完結してくれるとありがたいですね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
鷹人派が待ち望んでいた鷹人のターンがついに来た巻。二人のやり直しが始まったように見えるけど既に菜乃花の恋は隼太も入れて3人じゃないと成立しないから偽りのスタートって感じ。確かに今まで鷹人は菜乃花にことごとく想いをスルーされて可哀想だったけどやらかし過ぎた。心中未遂も父親の権力で揉み消されたし菜乃花の記憶喪失もあってか全く断罪されてないけどそれってどうなの?(烏丸もだけど)今まで可哀想だったから仕方ない、イケメンだから仕方ないとかで何だかんだ彼のやる事すべてが許されてる雰囲気が受け付けない。まともな隼太が一番理不尽な思いしててこの展開は辛い。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻の11巻を読んだ後は疲れというか、呆れというかとってもどんよりした覚えがあります。
記憶喪失とか、ほんとくさすぎる昼ドラや韓国ドラマみたいで、
あーもうこの巻で見るのやめよう。。
と心に決めていたけど、やっぱりこのままでおわらないよね?というか作者のかたはこれからどういう風に物語を持って行くんだろう?と逆に興味がわいて発売日に買いました。
感想は、やめなくてよかった!面白い!です。
私は完全にハヤタ派ですが、それでもめちゃ楽しめる鷹人のターン!
ハヤタとなのかがぶつかり合いながらも成長したからこそ、まだあの時のままあんまり成長してない鷹人ともうまくいくって少し皮肉だけど、でも鷹人も少しはいい思いができて良かった。。笑
もしも別れる事になっても彼もこれを機に少しは成長できると思う。

ハヤタの大人な決断にも心打たれました。
もはや出木杉くんです。
こんな中3男子には会った事ありません。。!

1番のレビューのかたも書いていた通り、記憶喪失のなのかがハヤタの顔見て思い出すわけない。
だって外見で好きになったわけじゃないんだもん!
巻末にも少しずつ垣間見えていたけど、
これから鷹人とつきあってくうちに現在忘れているハヤタとの過
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
すごくいい巻でした!
恋愛における「運命」とは、結ばれる一人に対してだけでなく結ばれない人に対しても存在するかも、とこの巻で思いました。
鷹人との付き合いがあったから隼太との恋が始まり、隼太と育んだ恋で強くなったから、いま鷹人とのやり直しがうまくいっている。
そしてこの後もきっと鷹人とのやり直しができたからこそ、何かが動くんでしょう。隼太との何かが。
菜の花の「彼」はまさに二人、最初からずっと。
人にはそれぞれ意味があり、役割があり、誰かに影響を与えあっている。
円をかくように、渦を巻くように、あの時のあれや物事や人がつながっていく。

まあともかく、一言で言うとこの巻の後半はかけあい漫才です(笑)
鷹人がほんと可愛い。菜乃花との会話も楽しい。鷹人のターンと言ってもいいほどw
菜乃花と鷹人がもしうまくいっていたら、というのをしっかり見せてくれる展開となっていて、ニヤニヤしながら読んでしまいました。
それにしても「葛藤」をここまで物語テーマの中心に据えるのはある意味で冒険じゃないでしょうか。
ライバルの諦めも早く特に問題なく軽くがほとんどの昨今の少女漫画の中で、その逆をいくような内容なのに人気を得て長く続いている。
でも個人的には思うのです。ききわけよく軽
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告