菊次郎の夏 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,041
2pt
通常配送無料 詳細
発売元: 復古堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

菊次郎の夏 [DVD]

5つ星のうち 4.2 37件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 4,021 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 83 (2%)
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ドリーム エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,671より 中古品の出品:9¥ 2,384より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 菊次郎の夏 [DVD]
  • +
  • HANA-BI [DVD]
  • +
  • ソナチネ [DVD]
総額: ¥11,800
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ビートたけし, 関口雄介, 岸本加世子, 吉行和子, 細川ふみえ
  • 監督: 北野武
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/10/26
  • 時間: 137 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 37件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UMP1HA
  • JAN: 4934569630896
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,210位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

北野 武監督がバイオレンス色を排して挑んだ、笑いと感動のロードムービー。祖母と暮らす小学3年生の正男は、夏休みを利用して親に会いに行こうとする。それを心配した近所のおばさんは、無職の旦那・菊次郎に一緒に付いて行くよう命令し…。

内容(「Oricon」データベースより)

中年男と少年のひと夏の冒険を描いた、北野武監督初の笑いあり涙ありのロードムービー。ビートたけし、関口雄介、岸本加世子、吉行和子ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

『ソナチネ』と『菊次郎の夏』の結末に触れた箇所があります。ご注意ください。

北野映画では、追いつめられた大人たちが、子供のような遊びに興じる場面がしばしば登場します。
『3−4X10月』での海辺の野球ごっこや、『HANA-BI』での、花火やトランプ。
とりわけ印象的だったのは、『ソナチネ』のヤクザたちが、浜辺で相撲やフリスビーに興じる場面でした。

『ソナチネ』は、社会にも、裏社会にも居場所をなくしてしまった男(村川)が、
死に向かうまでのぽっかりとあいた空白のような時間のなかで、仲間たちと少年のように戯れる姿を描いた傑作でした。
村川たちの遊びは、村上龍的なドラッグやSMやF1レースといった「財力のある大人の本気の遊び」とは真逆のものです。
社会から弾かれてしまった存在だからこそ、子供の遊びに熱中できる(あるいは、せざるを得ない)。

『ソナチネ』で描かれたのは、そのような、社会から弾かれ、死への一方通行の旅路の途中で戯れる男達の姿でしたが、
そこからニヒリズムや致死的な暴力を取りのぞき、
「帰っていく場所」や、少年を庇護しようとする優しい視線を付け加えたのが『菊次郎の夏』でした。

ストーリーそのものは、「少年が生き別れた母を訪
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HOLY トップ1000レビュアー 投稿日 2008/4/9
Amazonで購入
カンヌ国際映画祭で大絶賛を浴び、長時間に及ぶスタンディングオベーションを受け、パルムドールを逃した時には、カンヌの人たちが「ええ!?」と驚きの声を挙げたというこの作品ですが、私は長い間観る気になりませんでした。
「大人」と「子供」。それも、ちょっとヤクザな大人と可哀想な子供が登場するという……。
これは明らかに「臭い」だろうと判断したし、外国で大受けしたというのも、かなり割り引いて受け止めていたせいもありました。だけどようやく観る気になって、観た次第です。
要所要所に印象的なシーンが登場しはするのですが、全体的にのんびりとしたムードで淡々と進んでいき、時折笑い、時折欠伸が出る感じ。まさに夏休みの中盤頃のイメージだなぁと思いつつ、のんびりと眺めていました。悪くないけどカンヌで大絶賛というのはやはり誇張か……などと思いつつ。こののんびりムードはいったいいつまで続くんだろう?なんて思っていたら、唐突にやってきた物語の折り返し地点。
折り返し地点以降ラストまでの展開を「退屈」と見るか「しみじみ」と見るかは人それぞれかなと思いますが、私は「しみじみ」と観ました。しみじみと観ると、前半の時に感じていたのんびりムードが、実際は虚構だった事がわかってきます。大人と子供は共に信頼関係になく、ただ野放図に目的地を目指しているだけで、通りすがりに出会う大人たちも、
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この菊次郎の夏を見ながら、子供の心を 失っていない 北野武の姿がよく見えた。
みていて ほほえましくなってきた。
小学3年生の正男は 写真で見た お母さんに 実際会いに行こうとする。
それを見かねた 岸本加世子が ぶらぶらしている菊次郎(北野武)を 同行させる。
小遣いに 5万円渡すが、すぐさま 競輪にいってしまう 菊次郎。
それから ドンデモ旅道中が始まる。
物語は 母を訪ねて おじちゃんと 3000里という感じ。
この映画が優れているのは、お母ちゃんを 見たが 
子供ができて幸福そうな家庭を みることで、正男は 会うことをあきらめるのだ。
そ菊次郎は そのことがわかり、正男の母親に会うこともなく
バイクに乗った青年の持っていた 「天使の鈴」をもらって、
母親がいなくなって 贈り物やったと渡すのである。
それから すぐさま 東京に帰らず、正男を慰める ばかげたことを しまくるのである。
失意の救いを 遊びや笑いにもとめる。お笑い芸人は ここで 本領を 発揮しようとする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
僕はこの映画が好きだ。論理的に説明するのは難しいけれど、暴力や狂気に向き合ってきた北野監督だからこそ、この優しさと笑いに包まれた映画が生まれたのだと思う。何より監督が正直だから、この映画が胸に響くのだろう。

少年との旅を通じて、徐々に心を開いていく菊次郎。人を信用できず、普通にヒッチハイクできない菊次郎。母親を訪ねはすれど声をかけられないで帰る菊次郎。それを見て改めて思った。人間って、本当に不器用だなあと。愛されたいし、愛したいのにそれを素直に表現することができない。変わりたいのに、遠い昔につくられた心の傷が今の自分を維持しようとする。

少年との別れ際に、不器用に少年を抱きしめる菊次郎。あれが精一杯だったのだと思う。それでも、菊次郎は心を精一杯開こうとしたし、心が少し柔らかくなったからこそ、菊次郎は少年を軽くでも抱擁することができたのだろう。少年に名前を聞かれた時、それは、菊次郎が自分の中に置き去りにしてきた心の中の少年に向き合えた瞬間でもあった。馬鹿野郎の言葉は照れ隠し。

自己否定ではなくて、自己受容を経て、人が変わっていくのって美しいって思う。それがたとえわずかの変化だとしても、変わるってドキドキ。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す