通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
菊次郎とさき (ビートたけし傑作集 少年編) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに擦れヨレ多少の使用感あり。※あまりにもコンディションが違う場合誠実対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

菊次郎とさき (ビートたけし傑作集 少年編) 単行本 – 2010/12

5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,228
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 400 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「おまえなんか、死んじまえ! 」事あるごとに息子を厳しく叱り飛ばし、強烈な思い出を遺して逝った母。人一倍照れ屋で小心者、酒なしには話も出来なかった父――。病床の母を見舞う道すがら、幼き日からの父母との記憶を辿る「SAKI」。母の通夜後、号泣した著者が溢れんばかりの愛情で綴った「北野さきさん死去」など、懐かしく暖かい珠玉の三篇。兄・北野大があとがきを添える。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

事あるごとに息子を厳しく叱り飛ばした母、人一倍照れ屋な父。ビートたけしが両親の事を綴った三篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 149ページ
  • 出版社: 金の星社 (2010/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4323061439
  • ISBN-13: 978-4323061436
  • 発売日: 2010/12
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,398,043位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この本を読むきっかけはいとこが彼の生まれ故郷の隣町に住んでいるからなんです。でも、読んでみると私の母と同い年で祖母の名前もたけしさん同様「さき」だったので同感できる部分がある。

これを読むと彼の家族の暖かさを感じます。お酒がないとダメだったペンキ職人の父菊次郎、教育熱心で末っ子のたけしさんが大スターになってもお金をせびっていたというさきさん、長兄の重一さんや飼っていた鶏を食べられてしまった姉安子さん、テレビでもおなじみ兄大氏とユニークなおかつ個性的な人たちです。

家が貧乏だったために勉強していい大学に入学し、いい会社に入るというさきさんの考えはある意味ナンセンスかもしれませんが、あの時代はそうしなければ行けない反面、そのひずみが現在になって出た。

彼の出身地梅島付近も大きなマンションやショッピングモールが完成し、下町情緒は消えつつある。

さきさんが亡くなった時にワイドショーのインタビューで号泣した話は有名ですが、毒舌キャラクターのイメージが強い彼ならではの本当の気持ちがあれだったのでは。

あとがきでの大氏の話がいい味出しています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わだんら トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/7/23
形式: 文庫
 最愛の母、そして父についてビートたけしが描いたエッセイ集。なかでも「SAKI」は秀逸で、病床の母の見舞いと言う現在と子供の頃から近年までの母とのやりとりと言う過去を違和感なく描いていく。
 この人の文体は、こういうどちらかと言えば感情に流されがちな作品でも、非常に静かなもので、いつでも胸がすうっとする。才能だろうがたいしたものである。
 兄、北野大があとがきを添える、うれしい一冊である。 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドラマが好きだったので購入しました。
この本ではビートたけしの幼い頃の日々が綴られています。
一貫して描かれているのは
『かあちゃんはすごい』
この一言です。
飲んだくれの大工の親父の菊次郎に今でいう教育ママだったというさき。
ドラマに比べると内容は少ないですが、どんな母親だったのか書かれています。
それとドラマでも出てきましたが、たけしの姉が飼っていた鶏をさきが勝手にさばいて鍋にしてそれを姉が涙しながらも「おいしい」と言って食べた話も載っていてドラマは脚色じゃなかったんだなと納得。
また、この本には載ってませんが、家庭内でケンカをしたたけしが家出をして新聞配達をしながらアパート住まいで暮らしていた頃、家賃を払えずに何ヵ月も滞納していたそうです。そんなある日、大家がやってきて「なんでここに置いてやってると思う」「そりゃ大家さんが優しい人で、待ってくれてると、、、」「馬鹿野郎!お前の母ちゃんがな、あいつは絶対に払えなくなるからって代わりに払ってたんだよ!」
出ていった後でたけしが行きそうなアパートに片っ端から電話をかけたそうです。
もう本当に泣けました。
ドラマと、この本の影響もあったのかもしれません。
ビートたけしの原点を知りたいなら是非とも読むべきです。
どこか懐かしい、そんな本。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pocco1234 投稿日 2011/4/10
形式: 文庫
私の母の時代とタケシさんの時代が変わらないながらも、日本のおっかさん像を改めて見つめなおされました。私もさきさんのようなお母さんになりたいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sirou55 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/1/2
形式: 文庫
今や「世界のキタノ」となった著者の、父母を中心とした家族の話である。兄の大氏が「北野家の人々」と題して加筆されているが、もちろん武にのみ宿った「何か特別な力」を神様から授けられたのだといっているが、父や母の影響を見るとも書いている。著者本人も認めているが、かなりのマザコンであることも見て取れ、男は多かれ少なかれそうなのだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
生活の知恵といいものの考え方といいほんとに考えさせられます。

ほんとに勉強になりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
楽しかったです。父菊次郎の間抜けな箇所は、笑いました。
どんな生い立ちだったのか気になります・・・。
私と菊次郎、似てるところあるなあ〜って感じてしまったり、
失礼だけど、こんな人間が家族にいたら迷惑だろうなあと反省してます。
 人間ってそんな風に生きて死んでいくんでしょうね。
ただ、たけしさんは、成功した人間。そんな人の気持ちが私の様な人間には分からないと
いう事で、星マイナス一つ☆
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック