¥2,714
ポイント: 27pt  (1%)  詳細はこちら
通常配送無料 詳細
お届け日: 明日 詳細を見る
残り18点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

菅野祐悟:交響曲第2番“Alles ist Arc... がカートに入りました

この商品をお持ちですか?

菅野祐悟:交響曲第2番“Alles ist Architektur"-すべては建築である

5つ星のうち3.0 1個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, 2019/9/18 特典なし
¥2,714
¥2,714

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 菅野祐悟:交響曲第2番“Alles ist Architektur"-すべては建築である
  • +
  • 菅野祐悟 : 交響曲第1番~The Border~ [Hybrid SACD]
総額: ¥5,306
ポイントの合計: 53pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 梱包サイズ : 14.2 x 12.4 x 1 cm; 80 g
  • メーカー : 日本コロムビア
  • EAN : 4549767073781
  • 時間 : 45 分
  • レーベル : 日本コロムビア
  • ASIN : B07TPYXGFQ
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 1個の評価

商品の説明

内容紹介

劇伴音楽の旗手として、映画・ドラマの音楽を数多く手がける作曲家・菅野祐悟。
2016年には劇伴音楽の枠を超え、自身初となる交響曲に挑み、「交響曲第1番~The Border~」が初演された。
3年の月日を経て発表された今作「交響曲第2番」は、建築家ハンス・ホラインによる、建築の概念を拡張した宣言「Alles ist Architektur(すべては建築である)」をタイトルとしている。
時を超えて見るものを圧倒する建築物、そしてその建築家たちが込めた想いと、「音楽の可能性」とを重ね合わせながら追及した渾身の作品。
全4楽章を通して遺憾なく発揮される、菅野の稀有なメロディセンスと伸びやかなオーケストレーションが、聞くものの心を真っすぐに捉えて揺さぶる音楽であり、現代、そして未来に向けて奏でられた壮大な交響曲となっている。
2019年4月に藤岡幸夫指揮のもと、関西フィルハーモニー管弦楽団「第300回記念定期演奏会」にて世界初演された模様をライヴ収録。


【収録内容】
I.One of the great beauties of architecture is that each time, it is like starting all over again.
-建築の偉大な美しさの一つは、毎回人生が再び始まるような気持ちになれることだ(レンゾ・ピアノ)
II.Architecture is the arrangement of light; sculpture is the play on light.
-建築とは光を操ること。彫刻とは光と遊ぶことだ(アントニ・ガウディ)
III. Architecture is the masterly, correct and magnificent play of masses brought together in light.
-建築は光のもとで繰り広げられる、巧みで正確で壮麗なボリュームの戯れである(ル・コルビュジエ)
IV.Things beyond the possibility remain in people's hearts.
-可能性を超えたものが、人の心に残る(安藤忠雄)


メディア掲載レビューほか

劇伴音楽の若き匠・菅野祐悟による新曲交響曲、待望のCD化!2016年には、自身初の交響曲である『交響曲第1番~The Border~』が発表された。第1番の発表から3年を経て、待望の『交響曲第2番』が誕生。菅野の才能に惚れこみ、第1番初演の仕掛人でもある、マエストロ藤岡幸夫による指揮のもと、関西フィルハーモニー管弦楽団によって、2019年4月29日<第300回記念定期演奏会.>にて初演された。満員の観客を前に披露され感動を巻き起こした、臨場感あふれる演奏をライヴ収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
100%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月20日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告